カナダのワーホリ費用は一体いくら?内訳と費用削減のポイント

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

世界で最も国際派の国、カナダ。留学先として非常に人気の高いカナダですが、英語での実務経験が積めるワーホリ先の国としても、世界トップレベルの人気を誇ります。ワーホリは、一般的な語学留学と大きく異なり、ビザや就労のことなどあまり周知されていない情報が多くあります。今回は、期間別にかかるカナダでのワーホリ費用に加え、日本人に人気な職種や、ワーホリならではのトラブルや節約方法などもご紹介していきます。次へのステップとなるカナダでのワーホリ。是非、参考にしてみてください。

記事のポイントカナダでのワーホリ費用は、1年間カナダでワーホリ生活を送るとなると200万円程度の高額な費用がかかります。費用を少しでも抑える観点では、英語力をしっかりと事前に身につけて住み込みや食事が付く就労先を探しやすくする事等が最も有効でしょう。ワーホリ保険に関しては、留学エージェントから25万円/年程度の保険を提示されたものから、保険Timesに相談したことで14万円/年程度に抑えられたという事例が多数あります。滞在費を抑える方法の一つとしてご活用ください。
<<保険Timesへのご相談はこちら>>

1か月のカナダのワーホリにかかる費用

基本的に、1か月のみのワーホリ参加、というのは現実的ではありません。期間は1年ほどで、はじめの3~4か月は英語力向上やアパート探しに時間を割き、残りの9か月を仕事に費やする、といったイメージです。ワーホリに参加する際、このはじめの1か月は語学力向上や生活への慣れなど、非常に重要な時期になりますので、無駄なく時間を活用したいものです。

 

はじめの1か月にかかるワーホリ費用は、平均で38万円です。この1か月は、ホームステイをされる方が多く、宿泊費はホームステイをした場合の値段になっています。生活費は、生活必需品などをそろえる必要があるため、表示金額よりも高くなる場合もあります。

項目 費用
航空費 10~15万円
学費 10~15万円
宿泊費 6~10万円(ホームステイ)
生活費 2~5万円
留学保険費用 1~2万円
合計 29~47万円

 

航空費

日本からカナダへの航空費は、シーズンや到着する空港によって異なってきますが、平均で10~15万円です。ワーホリや留学で人気のあるカナダは、観光地としても世界的に有名ですので、多くの休日がかさなる8月は年平均と比べて20%ほど値段が上がります。その場合、最高値の15万円か、年によってはそれよりも高くなることがあります。しかし、秋(10~11月)と冬(2~3月)の期間中は、年間で最も安く、最安値の10万円ほどで購入することができます。

 

学校費用

1か月のカナダのワーホリにかかる学校費用は、10~15万円です。カナダへワーホリに行かれる方のほとんどは、はじめの3~4か月ほどを英語力アップのために、語学学校で過ごされる方が多いようです。また、ワーホリ開始前(入国前)に仕事が決まっていないことが原則ですので、このはじめの数か月の期間中にカナダ国内で仕事を探します。学校費用は、バンクーバーやトロントなどの大都市であると、学費が高くなる傾向にあり、ビクトリアやケロウナ、プリンスエドワード島などのワーホリで有名な田舎の地域の場合、都会の学校と比べ安く値段設定されていることがあります。また、この後の6か月・1年間の費用項目では、学費は3か月分のみの表示とさせていただきます。語学留学先として人気の都市、バンクーバーについては以下の記事でスピーキング力向上、英語の全能力をまんべんなく強化等、おすすめの語学学校を英語を学ぶ目的別に記載していますので、ぜひ参考にしてみてください。

 

宿泊費用

カナダでのワーホリの場合、多くの方がはじめの1か月はホームステイをされます。ホームステイの利点としては、現地の文化を学べるほか、英語力の向上やその他生活に関することを、ホームステイ先の家族に聞いたり、頼ったりできることです。2か月目以降からは、自分でアパートを探し、そちらへ引っ越しされるケースが多いと思われます。アパートの相場は、1人暮らしか、シェアルームかなど宿泊形態によって異なりますが、だいたい5~8万円が相場と言えます。語学学校でできた仲の良い友人と、一緒にルームシェアをしてみてもいいかもしれません。ホームステイでは短期間とは言えなじみの無い方も多いはず。ホストファミリーとの付き合い方等、注意点については以下の記事にありますのでこちらも参考になさってください。

 

生活費

カナダでのワーホリにかかる生活費ですが、はじめの1か月はホームステイをした場合、食費は昼食代のみとなります。しかし、その後の生活を見越して、生活必需品などを少しずつ揃えていく必要がありますので、上記に設定されている5万円を超えるケースもあります。3・4か月目以降は、自炊にかかる費用や、学校や仕事を通じた友人との交際費が重なり高くなることもあります。せっかくの海外生活ですので、楽しむことも大切ですが、費用を削減できるところでは少しでも削減したいものです。

 

ワーホリ保険

この後、「ワーホリビザ取得の条件」の項目でもご紹介しますが、カナダでワーホリをするためのビザ取得条件として「ワーホリ期間を全てカバーする保険の加入」があります。保険が1日でもカバーできていない場合、違法滞在という扱いになります。入港審査の際などに、保険の証明書を提示するように言われることもあり、保険加入日数の問題が発覚すれば、入国拒否、入国後の強制送還、今後カナダへの入国が一切禁止される、などの重い処分が下されます。保険費用は、ワーホリ費用の中でも非常に多くを占める部分ではありますが、必ず加入してください。

カナダでワーホリをするにあたって必要な保険は?

6か月のカナダのワーホリにかかる費用

こちらでは、6か月のカナダでのワーホリにかかる費用をご紹介します。6か月のワーホリにかかる費用の平均は、121万円です。すでにご紹介しましたが、学校費用につきましては3か月分のみの表示となっております。また、収入は、3か月目から3か月間、働いた場合の予想金額です。

項目 費用
航空費 10~15万円
学校費 30~50万円(3か月)
宿泊費 25~50万円(アパート)
生活費 15~30万円
保険費 7~10万円
費用合計 87~155万円
収入 50~90万円

 

カナダのワーホリで就ける職業は、英語力やこれまでの経験(職歴)などによって異なります。また、かなり重労働な仕事は、大変な分、お給料がとてもよく、最高で月40万円ほどになることもあります。自分に適した仕事を探してみましょう。

 

1年間のカナダのワーホリにかかる費用

1年間のカナダのワーホリにかかる費用は、平均で約190万円です。9か月間、仕事で収入を得た場合、単純計算でかかる費用は無くなります。しかし、交際費や旅行などの出費により、やはり費用はかかってきますので、多少、お金には余裕を持ってワーホリに参加されることをお勧めします。

項目 費用
渡航費 10~15万円
学校費 30~50万円(3か月分)
宿泊費 50~100万円(アパート)
生活費 30~60万円
保険費 16~20万円
収入 150~270万円
費用総額 136~245万円

 

カナダのワーホリビザ

  • ワーホリビザ取得の流れ

カナダのワーホリビザは、申請すれば誰でも取得できるわけではなく、毎年の定員6,500名の枠が抽選で埋められていき、満員になった時点でその年の募集は終了となります。正式には、毎年1月からスタートされますが、仮登録というものがあり、それは前年からすでに開始されていますので、なるべく早くビザ取得へ向けて準備を開始してください。申請費用の合計は226カナダドル(18,984円 ※1カナダドル=84円)となっています。

 

Step 1    以下のサイトより、各質問に答えて「Personal Reference Code」を取得します。

URL: https://www.canada.ca/en/immigration-refugees-citizenship/services/come-canada-tool.html

 

Step 2    自分のアカウント(My CIC)を作り、プロフィールを作成します。この際に、「Working Holiday pool」を選びます。

 

Step 3    抽選に当たれば、「Invitation(招待状)」がMy CICに届き、この時点で正式にワーホリビザ取得の申請を始めることができます。注意したいのは、当選の確実性は保証されておらず、ここに至るまでの期間もその年によって異なるという点です。

 

Step 4    「Invitation」到着後から10日以内に申請を開始し、20日以内に申請を終える必要があります。その後、必要書類等の提出を行い、ビザの取得が完了します。

 

  • ワーホリビザ取得の条件

ワーホリ先の国として、カナダは非常に人気が高く、ビザ取得の条件や取得そのものも他の国と比べて厳しいものとなっています。以下に、カナダのワーホリビザ取得条件をご紹介します。1つでも項目に当てはまらない場合、取得ができないか、取得できたとしても入国拒否や強制送還という最悪の事態に繋がりますので、しっかりと準備をしてください。

 

条件1    申請者は日本の国籍を有している

条件2    パスポートの有効期限がワーキングホリデーの滞在期間をカバーしている

条件3    申請時に日本国内の本籍住所を提供できる

条件4    申請に関する基本事項の登録時点で18歳以上30歳以下である

条件5    最低2,500カナダドルの資金を有している

条件6    カナダ滞在期間をカバーする医療保険に加入できる

条件7    カナダに入国できる権利・資格を有している

条件8    復路の航空券を事前に購入するか、それを購入できるだけの資金を有している

条件9    扶養家族が同行しないこと

条件10 プログラム参加費の支払いができること

 

日本国籍をお持ちの方の多くは、上記の条件はクリアしていると思われます。しかし、忘れられがちなのが、「日本国内の本籍住所の提供」と「保険の加入期間」です。例えば、現在、日本国外で留学をされている場合、留学先の現住所を記入するとビザを取得することができません。必ず、日本の本籍住所を提供してください。また、保険は、1日でもカナダ滞在期間をカバーできていない場合、入国拒否や強制送還という最悪のケースに至ることになりますので、少し日にちに余裕を持って加入しておく方が良いかもしれません。日本出国後の加入はできませんので、出国前に必ず確認しておきましょう。

 

カナダのワーホリで人気な職種TOP5

ここからは、カナダのワーホリで日本人に人気・就きやすい職種のTOP5をご紹介します。必要なスキルの1つである英語力は、職種によって異なってくるため、以下の目安を参考に初めの数か月間の英語学習に取り組んでみてください。ちなみにカナダは州ごとに最低時給が定められており、カルガリーのあるアルバータ州は13.6ドル(2018年10月より15ドルへ引き上げ)、バンクーバーのあるブリティッシュ・コロンビア州は11.35ドル、トロントやオタワのあるオンタリオ州は14ドル(2019年1月より15ドルへ引き上げ)、モントリオールのあるケベック州は12ドルとなっています。

 

職種 英語力 必要スキル 給与/月
日本食レストラン 中級以上 飲食店での仕事経験があれば優遇 16~25万円
日系のお土産屋 中級以下でも可 接客経験があれば優遇 13~15万円
地元の飲食店 上級 高い英語力に加え飲食店での経験 20~25万円
ホテル 上級 ホテル業界での実務経験や専門学校等での就学 18~20万円
旅行代理店 上級(日系であれば中級以上) 旅行関連の会社での実務経験があれば優遇 16~20万円

 

上記の英語力や給与は、あくまでも目安です。就職先の会社によって、要件が高かったり、低かったりするので、応募前に必ず確認をしておきましょう。また、日系や地元の職場に限らず、英語は業務上、必須のコミュニケーション手段となりますので、できるだけ高い英語力を身につけておきましょう。

 

ワーホリで気を付けておきたいトラブル

一般的な海外留学とは異なるワーホリですが、トラブルも普通の留学よりも異なります。その中から、ワーホリや生活に最も関わると予想される3つをご紹介していきます。

  • 就職先の労働条件

ワーホリならではのトラブルとして、この労働条件が挙げられます。求人広告では働きやすそうな環境に思えたのに、実際に働きだしてみるとかなり過酷な業務内容だったり、長時間労働だったり、ということがあり得ます。そこで、離職を希望すると、契約期間が終わっていないなどの理由で、ひどい嫌がらせを受けたという方までおられるようです。就職先を決められる際は、慎重に下調べをしてください。

 

  • アパート選びで失敗

始めの1~3か月ほどの期間が過ぎると、多くの方がアパートで一人暮らしを始めます。この滞在先のアパートを選ぶ際にも、多くの方がトラブルに遭われています。例えば、内見に行かずして契約をしてしまい、実際に引っ越しをしてみると、建物がかなり古かったり、危険地域に建っていたりすることも。また、ルームシェアをしていた相手が、急に家賃を支払えなくなり肩代わりした、といった方までおられます。生活の基盤となるアパート選びは、しっかりと時間をかけて行いましょう。

 

  • 英語力の問題

ワーホリが留学と異なる点は、英語を使えないと次のステップに進めないところです。その点、ワーホリを予定される方は、より追い込んだ英語学習が必要とされます。「現地に行けば英語できる」ということはありません。渡航前からしっかりと言語面の準備をしておきましょう。高い英語力は、就職先の幅をより広げてくれます。

 

ワーホリ生活の費用を削減するコツ

さて、ここからは、ワーホリ費用を削減するコツをご紹介していきます。仕事をして、お金を稼ぐことができるワーホリですが、節約できるところがあれば節約したいものです。以下の節約は、ワーホリならではの節約方法です。一般的なカナダでの生活費の節約に関しては、カナダ国内の留学記事をご参照ください。

 

  • まかないで食費を節約

ワーホリでの人気職種の1つである飲食店は、お客さんとのコミュニケーションの楽しさや、カナダの飲食業界を学べる他に、まかないが食べられるというメリットがあります。外食費用のかかるカナダではこれは大きなメリットです。ただし、全店舗で食べられるわけではないので注意。しかし、まかないを食べられるということであれば、年間でかなりの食費を抑えることができます。労働条件だけでなく、そういった細かな面も調べておくとお得です。

 

  • 住み込みの仕事で家賃を節約

もう一つ人気の職種と言えば、宿泊施設です。宿泊施設での仕事は、高い英語力が必要とされるだけでなく、仕事内容自体も大変なことが多いと思われます。しかし、仕事先によっては住み込みで働かせてもらえるところもあり、そうなれば生活費のほとんどを占める家賃を抑えることができます。職場で寝泊まりするとなれば、少しオンとオフの切り替えが難しいように思いますが、慣れれば問題ない、という方は是非こういった職場を探してみてください。

 

  • ワーホリ保険の見直し

保険加入が必須のカナダのワーホリですが、実は費用の多くを占めているのが事実です。高ければ年間で20万円を超えることも。しかし、補償項目にもう一度目を通してみると、意外と必要のないものも含まれており、それらを除外していくと当初の金額よりも安くなることもあります。少し面倒な保険ですが、加入前に今一度、補償内容を確認してみてください。

カナダでワーホリをするにあたって必要な保険は?

まとめ

ワーホリ激戦国であるカナダでのワーホリ、いかがでしょうか。治安、英語の綺麗さ、働きやすさ、などカナダでのワーホリはどこの国よりもメリットが多いのが事実です。その反面、ビザ取得の競争率が激しく、申請者全員が参加できないという厳しい面も。しっかりと準備をし、是非、このカナダで次へのステップとなるワーホリを実現してください。

 

海外保険の無料相談なら保険Times 海外保険の無料相談なら保険Times

という方々へ、保険Timesなら完全無料であなたに最適な海外保険をご提案いたします。
あなたの夢を叶えるための安心サポート。まずはお気軽にご相談ください。

海外保険の無料相談はこちら

人気の記事

最新の記事が受け取れます

Facebook

Facebookページに「いいね!」すると、
最新情報が受け取れるようになります。

Twitter

Twitterで表示して「フォローする」と、
最新情報が受け取れるようになります。

海外保険料を 最大 50% 安くする方法とは?LINE で 相談! 海外保険料を