カナダの留学・ワーホリ費用は一体いくら?内訳と削減3つのポイント

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

こんにちは。保険Times編集部です。

カナダと言えば手ごろな価格に世界でも治安がいい事で有名な国です。さらに英語圏の留学地ではきれいな英語の発音が学べるとして短期の語学留学だけではなく長期の留学のワーキングホリデーにも適している国です。今回は短期のプチ留学を1か月間としてそれよりも長い留学期間の6か月間とさらにワーキングホリデー留学を想定した長期の留学プランの1年間の留学費用について解説いたします。また、カナダ留学の経験者から留学の質を落とさずにいかに留学費用を節約するかもこの記事で解説させていただきます。

記事のポイントカナダ留学は、1年間カナダで学校に通学しながら過ごすとなると300万円程度の高額な費用がかかります。留学費用を少しでも抑える観点では、現地の生活費・住居費を考えながら滞在先を選定すること、就労しながら通学することが最も有効でしょう。留学保険に関しては、留学エージェントから25万円/年程度の保険を提示されたものから、保険Timesに相談したことで14万円/年程度に抑えられたという事例が多数あります。滞在費を抑える方法の一つとしてご活用ください。
<<保険Timesへのご相談はこちら>>

カナダへ出発する前に必要な経費

留学に絶対に必要な物と言えば間違いなくビザや保険などですね。また航空券も必要です。これらはどこの国に留学するかには限らず必ず必要な物の代表です。まずビザですが観光、学生、短期就労(ワーホリ)によって支払う額が異なります。(基本的には長期のものになればなるほど申請料が高くなる傾向にあります。)

次に留学中の保険です。この金額も期間に比例して費用が高くなっていきます。とある大手の保険会社では1年間で20万円以上とかなりの高額になってしまいます。ただし、それでも留学中の保険の加入は必ず行ってください。保険がない場合はカナダの医療費は莫大な額になります。

留学・ワーホリ保険を安くする秘訣とは?

さらに他にも大きな出費と言えば航空券です。この航空券ですが時期によっては17-18万と高額になる事もよくあります。航空券が安い冬の2月頃が狙いです。この期間ならカナダまで往復で10万程度で行ける事もめずらしい事ではありません。また韓国や香港を経由してカナダに来ると安くなることが多々ありますので航空券の手配をするときは忘れずに調べてください。

カナダ留学中に必要な出費

カナダ留学中の出費が大部分を占める事になります。留学生の中で留学中は毎日、ホテルに泊まるという人はいないはずです。コストパフォーマンスに適した滞在場所と言えばホームステイやシェアハウスになります。それらによってコストも異なってきます。また海外留学と言えば語学学校も外せないのではないでしょうか?フルタイムかパートタイムかによって学費は変わってきます。

留学中の大きな出費の中に交際費と言うものがあります。一見、大した出費ではないように見えますが友達が多くなればなるほどこの費用が多くなっていきます。留学したはじめの方の月は留学生の英語も初級者と言う方が多く、カナダ人の友達を作るどころか生活をするにも苦労しますが月をまたぐにつれて、英語力の上達していき、それに伴いカナダでもたくさんの友達ができるようになります。来週はジョンが帰国で再来週はトーマスが帰国だからバーでも行こう!と言うような話になり結果的に交際費は増えていきます。他にも欠かせない出費に観光費や服飾費などもあります。カナダに来ればアメリカに近いのだからニューヨークやシアトルに行ってみたいと考える人も多いです。そうなればそれなりの出費になります。

短期留学(1か月間)のケース

(1 CAD=90円 2017年10月)

必要経費 費用
住居費 $1000-$1200
語学学校 $800-$1400
交通費 $150-$250
交際費 $100-$500
その他 $1000-$2000
合計 55万円

まず短期留学の出費の解説からです。留学コストは短期留学であるために一番少ないですが、月当たりのコストパフォーマンスは一番悪いです。必要経費に観光許可証費や保険代(クレジットカードの保険で代用可能)などの費用が入ります。航空券は一番安い時期に買えたという事を想定します。一般的な考えですが、短期の留学はかなりの確率でホームステイに滞在する方が多いためにホームステイ滞在と仮定しました。モーテルやホテルでは価格が高すぎる事や短期ではシェアハウスを探すのも苦労するからです。

そして語学学校ですが留学する時期によって学費がかなり変わるのが特徴です。カナダは世界的に有名な観光立国でその上に英語を学べるという利点があります。ですので、夏の間は学費を下げなくても世界各国から短期、長期留学生が訪れるという事がほとんどです。結果的に6-8月くらいの間は学費も年で一番高いという事になります。

続いて交通費と交際費とその他についてです。カナダのどこの都市に限らず交通費はかなり安くなります。カナダの有名な留学地のバンクーバーやトロントやモントリオールなどの大きな都市では定期の購入が可能で一番高いバンクーバーの定期でも$200を超える事はないです。さらにこの定期で電車、バス、フェリーなどを無制限で乗る事が可能です。次に交際費ですが、短期留学生の場合は滞在期間が短いので交際費はほぼ無しに等しいと思います。これは短期留学の利点でもあります。最後のにその他の出費ですがカナダ滞在中にアメリカ旅行かオーロラ観光を一回したとして計算しショッピングも一回程度と計算した金額を考えました。

中期留学(6か月間)渡航のケース

(1 CAD=90円 2017年10月)

必要経費 費用

 

住居費 $3000-$5000
語学学校 $4500-$6000
交通費 $900-$1500
交際費 $1800-$3000
その他 $2000-$3000
合計 170万

カナダでは観光目的で滞在できる期間は6か月間以内と言う事になっています。そのため、6か月間以上の語学留学を目的とした渡航の場合には必ず学生ビザを申請する必要があります。従って、学生ビザを申請するための費用が約1万程度上乗せされます。語学留学の場合はカナダ州政府が管理する保険に入れない事が多いです(州によって法律が多少異なります)。したがって留学生自身で保険を手配しなければいけません。そしてそのコストですが、日本で加入すると半年分で約8-10万円となります。

次に住居費用です。カナダに到着した月に限ってはホームステイに滞在するにしても時間が経つにつれてシェアハウスに滞在する人が多いのが特徴です。その理由ですが、ずばり値段です。ホームステイを1か月間するとどんなに安くても$1000くらいは掛かってしまいます。それにくらべてシェアハウスなら安いとこで$500くらいから手配が可能だからです。シェアハウスを安く探したいと考えるあなたにお勧めの方法と言えば冬の間に引っ越しをして住み始める事です。カナダではほとんどの地域で冬の間は極寒と言うほど寒くなります。そのために冬の間に新しい家を探して引っ越そうと考える人は少ないのです。そのために賃貸の値段が冬の間だけ下がる傾向にあるのです。また入居した次の月に家賃が上がる可能性がるのでは?と考えている人がいると思いますが、確かにありえますがカナダの法律で家賃の値上げは年に一回しか許されていません。ですので、最後に値上げをした日を確認する事で次に家賃の値上げができる月を特定できる事になります。ですので冬の間は快適な住居を格安で探すチャンスなのです。

次に語学学校ですが期間が長くなればなるほど月単位で計算した場合の学費が安くなります。割引が適用される事が多いからです。お勧めの方法として留学エージェントで語学学校を契約すると学費が安くなります。仲介業者を通して語学学校を契約すると学費が安くなるだなんて、にわかには信じられないような話ですが事実です(詳細については文字数の関係で割愛します)。

カナダに長く滞在すれば交通費や交際費は多くかかる事になります。他にもカナダの有名な観光名所などへの小旅行を計画すればまた出費は増えていきます。

長期留学・ワーキングホリデー(12か月間)のケース

1 CAD=90円 2017年10月)

必要経費 費用

 

住居費 $6,000-$8,000
語学学校 $9,000-$12,000
交通費 $1,800-$3,000
交際費 $3,000-$5,000
その他 $3,000-$4,000
合計 300万(就労の分は含まず)
就労(ワーホリ) -$16,000(平均)

次に1年間の留学・ワーホリ滞在におけるの出費について解説します。

留学のケース

留学の場合、語学学校(大学)に関しては期間が長くなれば費用が割安となっていくためもう少し価格は抑えられる可能性はあります。その他、交通費や住居費などは半年分のコストを前提に同額が1年にするとかかってくるという計算で1年間の費用を算出しています。

ワーキングホリデーのケース

カナダでは31歳未満の方に限り、1年間の短期の就労ビザの取得が可能でこれを使った留学をワーキングホリデー留学と言います。学生ビザと違う所ですが、まずワーキングホリデービザの申請料が日本円で約2万円と高くなります。ただし、ワーキングホリデーの場合は保険代がかかりません。具体的に申し上げますと、カナダでの就労期間に限り州政府の保険が適用されます。この保険があれば救急車を使っても80万も請求されることもありませんし、集中治療室に入っても1日30万も請求されることもないです。ただし、仕事が見つからないと自腹になります。他の出費は学生ビザで生活している時と変わりはありません、単純に長い期間になりますので出費も伸びます。

カナダの留学費用を抑える3つのポイント

物価水準も高い国ですので、1年間の留学を考えるとトータル300万円〜350万円程度のコストがかかります。そんな中で、準備〜滞在のトータルコストを抑える方法として、1.現地で働くことで、給与を得ることで滞在費を抑える、2.渡航先の地域を工夫することでコストを抑える、3.留学保険のコストを抑えるという3つのパターンで解説させていただきます。

攻撃は最大の防御!お金になる仕事はこれだ!

どうせワーキングホリデーで働くなら給料がいい仕事がいいですよね?たくさん稼げれば、その分だけ出費が少なくなります。では、カナダではどのような仕事がいいのでしょうか?正解はレストランのウェイターです。日本ではウェイターと言えばお世辞にも時給がいいとはいいがたいですがカナダの場合は事情が異なります。なぜならカナダにはチップ制度が存在するからです。このチップ制度うまく使い時給を上げる事ができます。さらに今回はそのコツを伝授します。稼ぐための3か条(カナダ編)

(1)働くレストランは高級店にする事

カナダ全土の一般常識として、チップの額はレストランで使った額の15%と決まっています。したがって単価が高いほどもらえるチップの額が増えるのです

(2)働くレストランはビジネス街のお店にするべし

日本の会社と同じようにカナダのビジネスの世界にも接待はあるものです。その場合にはビジネス街の高級レストランが使われることが多いのです。お酒類は単価が高く全体の使用金額を押し上げます。

(3)アジア系のカナダ人はチップを低く払う事が多い

なにもアジア系カナダ人の人達を差別をしているわけではないのですが、文化的な背景からチップを出し渋ります。ですので、理想は白人系のカナダ人が多いお店がお勧めです。

カナダのどこの都市がお得?都市(州)ごとに出費が異なるカナダ

ポイントは大きく分けて3つ、その都市の純粋な物価の高さと消費税率と所得税の率(ワーホリ用)です。日本国内では8%の消費税ですがカナダでは州によって消費税率や所得税率(ワーホリ、就労期間を8か月間として、月に$2000の収入があると仮定)が異なりますので参考にしていただければ思います。

物価 消費税 所得税 総合評価
バンクーバー

British Columbia 州

とても高い 12% 5.06% 高い
トロント

Ontario 州

高い 13% 5.05% やや高い
モントリオール

Quebec州

やや安い 15% 15% 標準
エドモントン

Alberta 州

標準 5% 10% お得

(1).バンクーバーの物価水準

まずカナダで最も物価が高いと言われているバンクーバーです。他の州と比べるとすべてが高めで特に住居費が高く他の州に比べると2-3割程度は高くなっています。消費税は12%とカナダ国内では標準程度で所得税が低いため、ワーキングホリデー留学には向いています。

(2).トロントの物価水準

カナダで最大の都市で近年、留学地として人気が上がってきている都市です。物価、消費税ともにカナダ国内の州では高い方で単純に語学留学だとバンクーバーとさほど変わらない出費になってしまいますが、所得税はカナダで一番低いです。

(3).モントリオールの物価水準

英語とフランス語がどちらも話されているバイリンガル都市です。全体の物価は安めです。しかし、消費税が15%と全国的にも高い事や所得税も15%とカナダ全土で最も高い州です。結果的に物価レベルは標準程度になります。

(4).エドモントンの物価水準

カナダ北西部に位置する石油の産地で有名な留学地です。他の有名な留学地と比べると物価はそれほど変わらないものの、消費税が5%と日本より安いという事や所得税も10%と全体的に考えて最もコスパが良い留学生活を送れます。

留学保険のプラン選びでコスト削減する方法

留学保険に関しては、どこまでの補償を入れるかによって費用が変わってきます。事故や病院への通院を考慮した治療救援費用と、自分自身の持っていたものが盗まれた・壊れた時のための携行品損害の大きく2つにポイントが大別されます。これらのリスクをどこまで自分でとって、どこからは保険にまかせるのかがポイントとなります。

保険Timesでは、カナダ留学される方を多く保険の選び方から渡航後サポートまで実施させていただいてきました。保険の費用削減・選び方でご不明点などございましたら、お気軽にお問い合わせください。LINE、メール、電話でのお問い合わせを受け付けております。

留学・ワーホリ保険を安くする秘訣とは?

まとめ

カナダ留学の費用を比べてみるという事で書いてきましたがどうでしたでしょうか?短期、中期、長期の留学でコストもだいぶ変わってきますが留学期間によって住居費で節約できたり、学費を節約できたり様々です。さらにワーキングホリデー留学の場合は収入を増やすことによって全体の出費は抑えれる事になります。

留学費用が最もかかるのはバンクーバーとトロントですが就労条件も重なると所得税が低いために総合的な出費は低くなるかもしれません。モントリオールは消費税や所得税が高いために出費はかさみやすいです。総合的な判断で一番お得だったのがエドモントンです。それでは充実した留学を送ってください。

保険Timesでは、留学・ワーホリ保険の選び方やコスト削減についてのご相談を受け付けております。保険商品自体非常に複雑ですので、お気軽にお問い合わせください。一般的な保険会社からの加入ですと、海外から保険サポートデスクへ連絡するための電話代だけでも費用がかさんでしまいますが、保険Times留学・ワーホリサポートでは、日本で初のLINEでのサポートを実施させていただいておりますので、渡航後サポートも無料となっております。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

海外保険の無料相談なら保険Times 海外保険の無料相談なら保険Times

という方々へ、保険Timesなら完全無料であなたに最適な海外保険をご提案いたします。
あなたの夢を叶えるための安心サポート。まずはお気軽にご相談ください。

海外保険の無料相談はこちら

人気の記事

最新の記事が受け取れます

Facebook

Facebookページに「いいね!」すると、
最新情報が受け取れるようになります。

Twitter

Twitterで表示して「フォローする」と、
最新情報が受け取れるようになります。

海外保険料を 最大 50% 安くする方法とは?LINE で 相談! 海外保険料を