タイ留学で留学保険は必要?【医療費編】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

こんにちは。保険Times編集部です。

今回は、タイの医療費事情についてまとめました。日本人のタイへの留学生数は、日本学生支援機構の調査によると2014年は日本人留学生数世界第9位で2,754人となっています。日本人がタイ留学をする際は、英語を安価に欧米人から学ぶことのできる英語学習留学、タイ語留学の2パターンの方が多くいらっしゃいます。

常夏のタイで留学する際、楽しい日々の反面病気や怪我のリスクに対してどう備えるかという観点で、まとめさせていただきました。

 

記事のポイント タイにおける保険金支払い額はMAX約1,200万円となっており、物価の安い国ではあるものの事故や病気による高額支払いリスクが発生する可能性があります。一方、留学保険料金は一般的には年間25万円前後と留学費用全体から考えると大きなウェイトを占めることとなります。保険Timesでは、留学エージェントから提示された年間25万円の保険料から必要な補償を残しながら14万円/年前後まで抑えられたといった実績が多数ございます。安心して渡航するためにも、留学・ワーホリ専門エージェントへ一度ご相談することをおすすめします
<<保険Timesへのご相談はこちら>>

日本と全く異なるタイの健康保険制度

まずは、タイの健康保険制度からです。タイでは、日本のように国民皆保険制度(全国民が健康保険に加入することで、病気や怪我の際に病院での治療を受けやすくする)が整っておらず、基本的には1.会社で働いている人、2.公務員 向けのものであり、自営業者や医者などの高所得者は民間の高額な保険に加入しています。こういった背景もあり、2001年から30バーツ(約90円)で一部の公立病院で治療が受けられる制度が開始されました。こちら、外国人でも加入できる制度ですが、もちろん医療設備の整った外国人や現地の富裕層の患者数の多い私立病院などは対象に入っておらず、現地の方が通う公立の病院に通院することを許容するのであれば加入を検討してもいいかもしれません。

タイの一人当たり医療費は日本の1/15?!

日本では、年間1人あたり3,966USD(2015年実績※1)に対し、タイは264USD(2015年実績※1)と日本の1/15となっています。タイの平均年収は140万円程度、日本人の平均年収は440万円程度とすると、所得は約3倍日本の方が多いものに対し、タイの医療費は日本の1/15と所得差と比較しても圧倒的に医療費が少なくなっています。これは、そもそものタイの医療費が非常に高く、30バーツ保険が活用できる病院も一部に限定されていることから、病院に行くのであれば薬を飲んで自分で治そうといった考え方が根強いことが想定されます。

※1  出典:Bloomberg’s 2015 Most Efficient Health Care ranking: Belarus 47th of 55

タイ留学保険のご相談なら

【各国比較】タイで盲腸に感染した場合の医療費

日本:400,000円(日本の基準額は、10割負担を想定)

タイ:511,000円

【各国比較】タイで救急車を呼んだ場合の費用

タイでの救急車利用:3,700~7,300円/回

(一般的に、海外だと救急車の利用は有料となっております。)

タイでの保険料請求事例

事故事例 保険金額
タイ 空港で胸の痛みを訴え受診。大動脈乖離と診断され10日間入院・手術。家族が駆けつける。医師・看護師が付き添い医療搬送。 796万円
タイ 頭痛が数ヶ月続き受診。髄膜腫と診断され10日間入院・手術。 393万円
タイ 腰痛・足の痺れを訴え受診。腰椎すべり症と診断され8日間入院・手術。家族が駆けつける。 309万円
タイ 激しい頭痛と吐き気を訴え救急車で搬送。脳内出血と診断され34日間入院。家族が駆けつける。医師・看護師が付き添い医療搬送。 1,213万円
タイ ビーチで遊泳中、急に足が動かなくなる。大脳基底核部出血と診断され24日間入院。家族が駆けつける。医師・看護師が付き添い医療搬送。 711万円
タイ 呼吸困難・動悸・倦怠感を訴え救急車で搬送。心筋症・心不全と診断され22日間入院・手術 511万円
タイ バスの中で腕の痺れと虚脱を感じ救急車で搬送。脳梗塞と診断され13日間入院。医師・看護師が付き添い医療搬送。 384万円
タイ 長期渡航中に肘の痛みが続き受診。インピンジメント症候群と診断され22日間入院・手術。 363万円 


留学保険を検討する上で、注意しておきたいポイント

タイでの留学保険の加入検討するにあたっては、非常に安価な30バーツ保険の加入で保険料を徹底的に抑えたいか、外国人向けで先進的な医療を受けられる病院に通院できる権利に留学保険をかけておくかという点となります。ただ、上記の高額医療費請求事例にもありますように、海外特有の病気に感染する可能性も否定できないことと、いざとなった際に最先端の治療が受けられない可能性を考えると、日本で留学保険に加入されて渡航することをおすすめします。

タイ留学保険のご相談なら

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

海外保険の無料相談なら保険Times 海外保険の無料相談なら保険Times

という方々へ、保険Timesなら完全無料であなたに最適な海外保険をご提案いたします。
あなたの夢を叶えるための安心サポート。まずはお気軽にご相談ください。

海外保険の無料相談はこちら

人気の記事

最新の記事が受け取れます

Facebook

Facebookページに「いいね!」すると、
最新情報が受け取れるようになります。

Twitter

Twitterで表示して「フォローする」と、
最新情報が受け取れるようになります。

海外保険料を 最大 50% 安くする方法とは?LINE で 相談! 海外保険料を