短期留学の際の留学保険の選び方

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

大学生や社会人の方は、長期留学ではなく短期留学を選択する方は多いと思います。このような短期での留学の場合は、留学保険の選び方としてはどのようにすれば良いのでしょうか。また、海外旅行保険との違いはどこにあるのでしょうか。この記事では、留学保険を選ぶ時のポイントを説明させていただきます。是非最後までお読みください。

 

記事のポイント短期留学の際の留学保険の選び方のポイントは、渡航先・渡航期間・自身の年齢・滞在方法によって各保険会社の価格が変化する点です。長期には強い会社でも、短期保険は弱いといったケースがしばしばあります。最適な保険プランを自身でネットで探し出すことも可能かとは思いますが、留学・ワーホリのプロエージェントに任せる方が結果的に最適プランにたどり着くのが早かったりもします。自身で情報収拾しながら、プロにも話を聞いてみることをおすすめします。
<<保険Timesへのご相談はこちら>>

留学先での住まいをどうするか

住まいによって補償内容や保険料が変わってくると言うことを覚えておきましょう。通常、量や・ホストファミリーにお世話になる場合では、ホテルと同じように宿泊とみなされます。室内の物の破損あるいは盗難は海外旅行保険でも補償されます。しかし、これがアパートや貸家では居住施設と扱われるので、盗難や家のトラブルの賠償責任は補償されません。ですので、もし、パートや貸家に滞在中居住するのであれば、加入する予定の保険に生活用動産関連の補償や個人賠償責任の補償があるかどうかを確認しましょう。

留学期間はどれくらいか

短期留学の場合、留学期間によっても補償内容が変化する可能性があります。例えば、AIG(旧AIU)保険会社の留学保険の場合、緊急歯科治療費用や疾病応急治療・救援費用などは、保険期間が31日と限られている場合もあれば、損保ジャパン日本興亜の海外留学保険では、3カ月以内の留学は海外留学保険ではなく、海外旅行保険での加入となります。このように、自分がどのくらいの期間留学するかで補償内容が変わる可能性があるということを覚えておくべきでしょう。

保険Times海外保険相談

保険Timesでは、海外留学・ワーホリ・旅行保険の⑴保険料を安くしたい ⑵自分の渡航先に合った保険を選択したいといったご相談を受付けしております。国内主要保険会社プランを網羅し、保険Times独自のカスタマイズプランを用意。留学費用は総額で考えると非常に高額になるかと思いますので、少しでも留学費用全体の圧縮のお手伝いができればと思っております。LINEでのご相談メールでのご相談お電話でのご相談が可能です。LINEでは、渡航後の延長手続き保険の使い方についてのご相談も受け付けておりますので簡単・便利でおすすめです。

歯の治療は事前に済ましておく

海外旅行保険では、歯科治療費用を補償できる保険も販売されています。しかし、歯科治療費用を補償する保険は補償が付いていない保険より保険料がかなり高くなる傾向があります。留学の際は少しでも費用を削減したいと思います。保険料を抑えたい方は、日本で歯の治療を事前に済ましておきましょう。現在自分自身に虫歯が無かったとしても必ず歯の定期健診に行き、もし治療をする必要があるのなら治療を済ましておきましょう

日本語でのカスタマーサポート対応があるか

短期間の留学だとしても、様々なトラブルに巻き込まれる可能性があります。その時の状況を的確に伝えるために日本語対応センターが設置されている保険会社を選びましょう。状況を確実に伝えられなかったことで補償される保険金も補償されなくなる可能性もあります。できれば時差も考慮して、24時間対応の日本語コールセンターが設置されている保険会社を選ぶべきでしょう。

留学保険の加入証明書を発行できるか

留学先の学校から保険加入が義務付けられたり、保険の加入(付保)証明書の提示を求められることがあります。保険会社によっては、付保証明書を発行するのに無料の場合もあれば有料の場合もあります。付保証明書の言語も指定することもできますので留学先の言語の証明書を発行できるかを確認しましょう。これらに注意して保険を選択すれば、大きな心配をすることは無いかと思われます。

ベースとなる保障内容からオプションを活用してどこまで保障の幅を広げるか

その他にも留学保険にはオプションを選択することができます。ここでは留学保険のオプションの主な内容を挙げておきましたので、参考程度にご覧になってはいかがでしょうか。

緊急一時帰国費用

留学中にご家族が死亡または危篤状態になることで一時帰国をした場合、その往復の航空運賃等交通費、宿泊施設の客室料や身の回りの費用を補償する保険です。

※但し、保険会社によって補償が適用される期間が異なるため、事前に必ず確認するようにしましょう。

 

レンタカー賠償責任

海外でレンタカーを借りたときに交通事故にあった時、車に大きな傷をつけたときの損害賠償を補償する保険です。このようなオプションも存在しているので是非ご利用してみてはいかがでしょうか。

まとめ

いかがでしょうか、短期留学は期間が短いとはいえ、現地に滞在する期間は旅行よりも圧倒的に長いです。その事故や盗難にあうリスクも多くなるので、忘れず保険に加入しておきましょう。今回のポイントが皆さんのお役に立てば幸いです。

保険Times海外保険相談

保険Timesでは、海外留学・ワーホリ・旅行保険の⑴保険料を安くしたい ⑵自分の渡航先に合った保険を選択したいといったご相談を受付けしております。国内主要保険会社プランを網羅し、保険Times独自のカスタマイズプランを用意。留学費用は総額で考えると非常に高額になるかと思いますので、少しでも留学費用全体の圧縮のお手伝いができればと思っております。LINEでのご相談メールでのご相談お電話でのご相談が可能です。LINEでは、渡航後の延長手続き保険の使い方についてのご相談も受け付けておりますので簡単・便利でおすすめです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

海外保険の無料相談なら保険Times 海外保険の無料相談なら保険Times

という方々へ、保険Timesなら完全無料であなたに最適な海外保険をご提案いたします。
あなたの夢を叶えるための安心サポート。まずはお気軽にご相談ください。

海外保険の無料相談はこちら

人気の記事

最新の記事が受け取れます

Facebook

Facebookページに「いいね!」すると、
最新情報が受け取れるようになります。

Twitter

Twitterで表示して「フォローする」と、
最新情報が受け取れるようになります。

海外保険料を