スウェーデンの医療事情と留学保険のススメ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

カラフルな建物に彩られる街中に、ゆったりと流れる川。夜になると、街のあちこちで暖かい光が灯り、どこか幻想的な世界へと誘ってくれる。そんな夢のような国、スウェーデンへの留学をお考えになったことはありますか?スウェーデンは、アメリカに次いで高い質の高等教育を受けられる国として知られ、国内にいる9万人の大学生・大学院生のうち1万人が留学生という、国際色豊かな大学が多くあります。今回は、世界中の留学生から人気の国、スウェーデンに留学するにあたって気になる保険の情報をご紹介していきます。

記事のポイント今回の記事にありますとおり、スウェーデンはまず90日以上の滞在には留学保険の加入が必須となっており、次に医療費については日本と同水準の医療を日本と同程度の医療費で受けることが可能ですがホームドクター制をとっており、待ち時間の長さなどが社会問題となっています。つまり海外保険に加入することで、いざというときにキャッシュレス診療や日本語サポートによるスムーズな医療機関への搬送が受けられるメリットを享受するための補償項目も検討したうえで保険加入するのがおすすめと言えるでしょう。保険Timesでは渡航目的に応じて補償内容をカスタマイズでき、50万円/年の保険を提案された方が、14~15万円/年まで保険料を下げられた実績もございます。安心して渡航でき、保険料をできるだけ抑えるご提案をさせていただきますので、ご不安な点やお困りごとがございましたらお気軽にご相談ください。<<保険Timesへのご相談はこちら>>

スウェーデンの治安状況について

スウェーデンにおいて、日本人が傷害・誘拐などの凶悪犯罪に巻き込まれたという情報は今のところありません。また、近年、ヨーロッパの諸外国で起こっているテロについても、現在のところは確認されていません。外務省の情報を見てみると、他の欧州諸国と比べてもかなり安全であることがわかりますが、旅行者を狙った盗難事件は後を絶たないようです。特に、空港、ストックホルム中央駅、地下鉄駅構内、旧市街(ガムラスタン)、美術館などの観光施設などでは注意が必要です。深夜の一人歩きや、地下鉄の利用は控えた方が良さそうですが、日中であれば盗難以外の犯罪に過敏になりすぎる必要もないと思われます。詳しい、治安状況につきましては、下記の外務省のホームページをご参照ください。

引用元:https://www.anzen.mofa.go.jp/info/pcsafetymeasure_160.html

 

スウェーデンの医療事情について

海外で長期間滞在するにあたって気になるのが、現地の医療についてです。日本では、世界と比べても低下価格で、高い質の医療を受けることができますが、スウェーデンの医療事情はどうでしょうか?こちらでは、スウェーデンの医療についての情報をご紹介します。

医療技術

スウェーデンの医療技術は、世界的にも高いと言われており、海外生活で心配なその国の医療レベルに対する不安はないでしょう。スウェーデンには、医学部を持つ大学機関が6つあり、それぞれが異なる分野で世界トップクラスの研究レベルを誇ります。また、重度の病気に対する新薬候補を多数持っており、ヨーロッパの中でもその医薬品開発のパイプラインは強力と言われているところをみると、その医療レベルの高さが伺えます。

引用元:https://www.business-sweden.se/ja/Invest/Japan/Industries/Life-Science/

 

医療システム

スウェーデンでは、他の欧州諸国同様に「ホームドクター制」をとっています。現地で住民登録をすると自動的にかかりつけ医が選ばれ、後日、詳しい内容が書かれた書類が郵送されます。体調不良で病院に行きたい場合は、まず、かかりつけ医に予約をして受診します。その後、より精密な検査や治療などが必要となった場合は、かかりつけ医からの紹介状を持って後日、専門医に受診しに行くかたちとなります。近年、スウェーデン国内で問題となっているのが、診察の待ち時間が非常に長いということです。特に、手術などの大掛かりな治療の場合はかなり待たされるようで、緊急性が高いと判断されなければ救急外来を受診しようとしても、自宅待機と指示されることがあります。

引用元:https://drpion.se/alltidleende/%E3%82%B9%E3%82%A6%E3%82%A7%E3%83%BC%E3%83%87%E3%83%B3%E3%81%AE%E6%95%91%E6%80%A5%E5%A4%96%E6%9D%A5%EF%BC%9A%E5%8C%BB%E5%B8%AB%E3%81%A8%E3%81%97%E3%81%A6%E3%80%81%E6%82%A3%E8%80%85%E3%81%A8%E3%81%97/

 

医療費

スウェーデンの医療費は、日本と比べても安いか、ほぼ同じくらいだと言えます。ストックホルムであれば、受診料は2400円~4800円程度。入院が必要になった場合は、1日あたり約1000円。また、スウェーデンでは、年間の医療費の自己負担額の上限が定められており、上限の900クローネ(約1万円)を超えると、それ以上の医療費は各県が負担する事になっています。医薬品にも上限が決められており、2000クローネ(約2万4千円)を超えると、それ以上は無料となります。

引用元:https://blog.goo.ne.jp/humon007/e/0f79666ef6897c2a43ecc736b745d5b6

 

医療保険

スウェーデンは、日本の国民健康保険のような制度はなく、医療費は税金から集めています。消費税は25%と非常に高く設定されていますが、その高い税率のおかげで、格安の治療を受けることができます。

 

スウェーデン留学の長期滞在で向いている保険と向いていない保険

他の国のように、国指定の医療保険がないスウェーデンに長期滞在するには、どのような保険が向いていて、どのような保険が向いていないのでしょうか。スウェーデン滞在に必要な「居住許可ビザ」の申請を踏まえてご紹介します。

留学保険

スウェーデンに91日以上留学をする場合は、「居住許可」を受ける必要があります(全てオンラインで可能です)。そして、この居住許可の申請書類には「海外保険への加入証明」を提出する必要があります。それを踏まえて、この留学保険(海外保険)は最もスウェーデンでの長期滞在に適した保険と言えそうです。海外保険へ加入しておけば、保険の補償内容等が原因で申請が通らない、ということはほぼないでしょう。この後にご紹介する「役立つ補償内容」も考慮に入れると、以下の2つの保険よりも確実にお勧めの保険です。

 

国民健康保険

日本を出られる際に、国民健康保険に加入したまま渡航すれば、帰国後、現地で払った医療費のいくらかが返還されます。ただし、居住許可を申請するには「海外保険への加入証明」を一緒に提出する必要がありますので、この国民健康保険で代用してビザが通るという保証はありません。また、国民健康保険でカバーされるのは、現地の医療費を日本で受けた場合の値段に換算し、そこから7割が返還されるというシステムですので、予想よりも低い返還金額になる恐れもあります。ビザ申請や返還金額のことを考えると、スウェーデンの長期滞在に向いている保険とは言えないでしょう。

 

クレジットカード付帯保険

旅行者の多くが利用するクレジットカード付帯保険ですが、補償期間がたった3か月しかないため、ビザ申請や、到着後の生活を考えても、スウェーデンの長期滞在に向いているとは言えないでしょう。ビザや海外での長期滞在を考えると、やはり留学保険(海外保険)が最適です。

保険Timesスウェーデン留学保険相談

保険Timesでは、海外留学・ワーホリ・旅行保険の⑴保険料を安くしたい ⑵自分の渡航先に合った保険を選択したいといったご相談を受付けしております。国内主要保険会社プランを網羅し、保険Times独自のカスタマイズプランを用意。留学費用は総額で考えると非常に高額になるかと思いますので、少しでも留学費用全体の圧縮のお手伝いができればと思っております。LINEでのご相談メールでのご相談お電話でのご相談が可能です。LINEでは、渡航後の延長手続き保険の使い方についてのご相談も受け付けておりますので簡単・便利でおすすめです。

 

スウェーデン留学の長期滞在で役立つ補償内容

ここまで、スウェーデンの医療や保険、留学保険についてご紹介してきましたが、ここからは、スウェーデン留学の長期滞在で役立つ補償内容についてご紹介します。特に、長期滞在をする方に役立つ内容ですので、参考にしてみてください。

携行品損害

「携行品損害」に関する補償は、外出中に私物が壊れたり、盗難の被害にあったりした時のためのものです。私物が壊れたり、盗まれたりした場合、そのモノを買った当時の金額がそのまま返ってくるわけではありませんが、時価に見合った補償金を受け取ることができます。また、よくあるのが飛行機に乗る際に預けたスーツケースやその中身が破損する、というケースです。この補償は、そういった移動中の損害にも対応しているので、万が一の時に非常に役立つ補償内容です。

 

生活用動産補償

上記の携行品損害の補償の幅をさらに広くしのが、この「生活用動産補償」です。携行品損害の補償がカバーしているのは、「外出中に起きた事故・事件」のみですので、例えば家の中の物が何らかの原因で被害に遭った場合は、保障金を受け取ることができません。一方、「生活用動産補償」を補償項目の中に入れていれば、こういった「家の中の被害」もカバーされます。長期間の生活では、その分家の中のモノが被害に遭う確率も上がります。いざという時、買い替えなどで自己負担費用が膨大に膨れ上がらないようにするためにも、この補償項目は必要と言えるでしょう。ただし、携行品損害の補償と生活用動産補償は、補償金額に上限がありますので注意が必要です。

 

歯科治療に関する補償

スウェーデンは、国や各県が医療費の多くをカバーしているため、実際に払う医療費はそこまで高額にはなりません。しかし、歯科治療に関しては、そこまでしっかりとカバーされておらず、実際に、現地の方の多くは歯科治療にかかる費用に悩まされていると言われています。例えば、日本で「親知らず」を抜いた時、抜歯は高くて4000円前後で、その後何回かの通院費がかかるぐらいです。しかし、スウェーデンで同じ治療を受けたとすると、抜歯だけで約2~5万円(病院によって異なります)。出発前になって歯の調子が悪くなったり、もともと口腔内トラブルを抱えていたりする方は、是非、留学保険のオプションとして歯科治療に関する補償をご利用ください。

 

スウェーデンの長期滞在で留学保険に入っておくメリット

スウェーデンの長期滞在ビザを申請する際に、「留学保険(海外保険)」へ加入することが必須条件ですが、ここで今一度、留学保険に入っておくメリットを何点がご紹介していきます。

渡航中のトラブルにも対応している

留学保険の一番の特徴は、医療費に関わる補償ばかりではないという点です。「携行品損害」に関する補償や「生活用動産補償」など、医療以外にも様々なトラブルに対応しています。多くあるトラブルとして、渡航中にフライトキャンセルや、遅延などにより急遽ホテルやその日の生活用品の代金が必要になる、というケースが挙げられます。特に、フライト予定の変更に伴って、余分な出費が重なることはよくあることですので、そういった時はまず保険会社に問い合わせてみてください。

 

キャッシュレスで受診ができる

医療費が安いことで知られるスウェーデンですが、先ほどご紹介した歯科治療など、いくつかの医療項目の医療費は高額になりがちです。すぐに病院で治療を受けたいけれど、手持ちのお金が十分にない、という時に留学保険は役に立ちます。全ての病院が該当するわけではありませんが、保険会社が提携している病院ではキャッシュレスで受診ができます。緊急時にも金の心配をせず、受診できるところがメリットです。

 

日本語対応を受けられる

海外留学をされる方の多くは、現地の言葉を学ぶためや、現地の大学などで勉強するため、など語学力を鍛えるために行かれることが多いですが、体調不良の時や、保険に関する専門的なことを知りたい時、やはり日本語が通じれば安心できます。留学保険に加入をしておけば、いざという時、電話を通した通訳サービスを受けることができ、より正確な状況把握をすることができます。語学力を高めるための留学ですが、万が一の時は、一旦語学学習からは離れて、正確な判断・状況把握をしましょう。

 

自分なりの保険にカスタマイズできる

最後のメリットは、自分なりの保険にカスタマイズできるという点です。留学保険は、基本的にパッケージ販売されていますが、自分に必要だと思う補償内容を加えたり、逆に必要ない補償内容を項目から外したりすることができます。最終的な保険費も左右されるところですので、しっかりと補償内容に目を通して、自分にとってベストな保険にカスタマイズしましょう。

 

留学保険に入ったほうがいい方

ビザ取得のためには保険への加入が必須ですが、特に留学保険へ入ったほうがいい方はどのような方なのか、をご紹介します。

渡航中や生活面が心配な方

すでに渡航中のトラブルや、生活面でのトラブルをご紹介しましたが、これらのトラブルは予想以上に多く発生します。特に、海外への渡航が初めてという方は慣れていないため、フライトスケジュールによるトラブルや空港内での盗難など、あらゆるトラブルのリスクが高いと言えます。いざトラブルに巻き込まれると、パニックになってしまい冷静な判断ができなくなりますが、留学保険へ入っていれば、どんな時でも適切な対応を受けることができ安心です。医療面が心配だけれど、その他の移動や生活面も心配という方は是非、留学保険へ加入してください。

 

現地の言葉が心配な方

留学保険は、言語サポートが必要になった場合にも役に立ちます。スウェーデンでは、スウェーデン語の他に英語もほとんどの人が離すことができ、外国人への対応もしっかりとしてくれます。しかし、英語であったとしても、医療や保険に関する英語は少しハードルが高いという方には、通訳サービスを受けられる留学保険への加入をお勧めしています。

 

まとめ

北欧の国スウェーデンでの留学に必要な、医療・保険に関する情報はいかがでしょうか。スウェーデンは、税金が非常に高い分、医療費を国や県がカバーしてくれている、社会福祉国家です。医療技術や保険のシステムはしっかりとしている反面、待ち時間が非常に長いことが問題となっていますが、その点を除けば比較的、安心した生活を送ることができる国です。しかし、長期間の滞在では、医療面以外にも不安要素が多くあり、それらを取り除いてくれるのが留学保険です。加入前には必ず補償内容に目を通し、ご自分にあったベストな保険をお選びください。

保険Timesスウェーデン留学保険相談

保険Timesでは、海外留学・ワーホリ・旅行保険の⑴保険料を安くしたい ⑵自分の渡航先に合った保険を選択したいといったご相談を受付けしております。国内主要保険会社プランを網羅し、保険Times独自のカスタマイズプランを用意。ワーホリ費用は総額で考えると非常に高額になるかと思いますので、少しでもワーホリ費用全体の圧縮のお手伝いができればと思っております。LINEでのご相談メールでのご相談お電話でのご相談が可能です。LINEでは、渡航後の延長手続き保険の使い方についてのご相談も受け付けておりますので簡単・便利でおすすめです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

海外保険の無料相談なら保険Times 海外保険の無料相談なら保険Times

という方々へ、保険Timesなら完全無料であなたに最適な海外保険をご提案いたします。
あなたの夢を叶えるための安心サポート。まずはお気軽にご相談ください。

海外保険の無料相談はこちら

人気の記事

最新の記事が受け取れます

Facebook

Facebookページに「いいね!」すると、
最新情報が受け取れるようになります。

Twitter

Twitterで表示して「フォローする」と、
最新情報が受け取れるようになります。

海外保険料を 最大 50% 安くする方法とは?LINE で 相談! 海外保険料を