留学保険のフリープランで保険料を節約できる?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

留学生が留学する際にお守り代わりとなるのが保険です。留学保険を契約することにより、海外での医療費、盗難、借家などの賠償請求など、補償される内容が非常に多岐に渡ります。そこで今回の記事では留学保険のフリープランについて説明したいと思います。

それぞれの保険会社には補償内容をセットで販売しているプランの他にフリープランというものが存在しています。それらは何であるのか、フリープランの活用法を説明していますので、ぜひ最後までお読みください。

保険Times海外保険相談

保険Timesでは、海外留学・ワーホリ・旅行保険の⑴保険料を安くしたい ⑵自分の渡航先に合った保険を選択したいといったご相談を受付けしております。国内主要保険会社プランを網羅し、保険Times独自のカスタマイズプランを用意。留学費用は総額で考えると非常に高額になるかと思いますので、少しでも留学費用全体の圧縮のお手伝いができればと思っております。LINEでのご相談メールでのご相談お電話でのご相談が可能です。LINEでは、渡航後の延長手続き保険の使い方についてのご相談も受け付けておりますので簡単・便利でおすすめです。

留学保険のフリープランって何?

留学保険に関わらず、様々な保険にフリープランが存在しています。フリープランというのはつまり保険の内容を自由に設計することができるシステムです。なんとかして保険料を抑えたい、この補償を厚くしたい、この補償をなくしたいなどの設計を自分でできるので、非常に便利なプランとなります。次の項目には、フリープランの保険を契約する時に気を付けるポイントをまとめましたのでお読みください。

留学期間が短いとフリープランは活用できない?

そもそも海外旅行保険でフリープランを選択できる日本の保険会社が2017年現在で4社しかありません。その保険会社は、

AIG保険会社

損保ジャパン日本興亜

ジェイアイ傷害火災

富士火災保険

の4社です。

更に、この4社はフリープラン契約をする際は保険期間が3カ月以内しか効かない保険もあれば、1年以内まで効く保険もございますので、まずは皆さんの留学期間と照らし合わせ、適切な保険会社を選びましょう。

保険Times海外保険相談

保険Timesでは、海外留学・ワーホリ・旅行保険の⑴保険料を安くしたい ⑵自分の渡航先に合った保険を選択したいといったご相談を受付けしております。国内主要保険会社プランを網羅し、保険Times独自のカスタマイズプランを用意。留学費用は総額で考えると非常に高額になるかと思いますので、少しでも留学費用全体の圧縮のお手伝いができればと思っております。LINEでのご相談メールでのご相談お電話でのご相談が可能です。LINEでは、渡航後の延長手続き保険の使い方についてのご相談も受け付けておりますので簡単・便利でおすすめです。

クレジットカード補償を利用する

フリープランで保険を契約する場合、少しでも保険料を安くしたい方や、補償を手厚くしたい方は、クレジットカードの補償内容をチェックしましょう。実はクレジットカードにも海外での補償が基本的に付いています。※1 

 

クレジットカード付帯の保険だけではダメ?

では、そもそもクレジットカードの保険のみの補償でよいのではないのかと考える方がいると思います。ただ一般的には、クレジットカードゴールドカードでも補償内容としては、傷害死亡・後遺障害が500万円前後、傷害治療費用が200万円前後、賠償責任が1000万円前後、救援者費用が100万円前後などといった補償内容となっており、旅行に関しては最低限の補償内容で十分でも留学やワーキングホリデーで海外渡航する場合は補償が不足するケースが多々みられます。

クレジットカードの補償に足りない補償を付け加える

 クレジットカードの補償内容を確認し、その補償を基準にしてフリープランの補償内容を決めるようにしましょう。そうすることで、クレジットカードの補償には何が補償されていて、何が補償されていないのか、フリープランでは何の補償を付けるべきかを確認することができますし、自分に必要な補償だけを付ければよいので、保険料を抑えることもできます。また、クレジットカードを複数持っていても、死亡補償以外の補償額は合算されますので持っているクレジットカードはすべて補償内容を確認しておきましょう。

1  但しカードによりますが、航空料などを対象のクレジットカードで支払わなければ補償が効かないものもありますので、一度カード会社に問い合わせるかカード申込時についていた保険のサービスガイドなどを参考にしましょう。

※但し、クレジットカードの保険期間は基本的に3カ月以内ですので注意してください。

留学保険フリープランで補償内容をカスタマイズするポイントとは?

留学保険は、1.治療系の補償(病院に通院した際、死亡してしまった際に使える補償)・2.物系の補償(物を壊してしまった場合などに補償されるもの)・3.その他(航空機遅延、弁護士費用など)の3つに分類されます。

補償を下げる場合は、発生確率が少ない補償から減らしていくことがポイントとなります。死亡補償は、若い方が海外留学やワーキングホリデー渡航する場合の発生確率はそこまで高くないでしょう。また、渡航先の寮やホテルで寮やホテルの所有物を壊してしまうようなケースもなかなか想像し難いですので、保険料を下げるという観点では優先度を下げてもいいかもしれません。航空機の遅延による補償なども、費用負担も少ないことが想定されますので、優先順位を下げても良いポイントかと思います。

一方、治療費・物(スマホのガラスが割れてしまったといったケース)は、渡航先に医療費水準や盗難発生率などに応じて補償を厚くしないといけなかったり、逆に補償を下げて良いケースもあるかと思います。一般的には、北米エリアは治療費系補償は3,000万円オセアニア・ヨーロッパ圏は2,000万円その他地域は1,000万円の補償は最低限つけておくということを目安に考えていただくのが良いでしょう。

補償内容をカスタマイズするというのは、補償を上げないとリスクが上がる場合と、発生確率が低いものを補償を下げるといった判断軸で実施いただくと良いかと思います。

まとめ

いかがでしょうか、留学する際にセットのプランで契約するよりクレジットカードとフリープランを組み合わせて、自分に合った補償内容をつけてみるのはどうでしょうか。保険料をできる限り安くしたい方、ある特定の補償を厚くしたい方は是非試してみてはいかがでしょうか。

保険Times海外保険相談

保険Timesでは、海外留学・ワーホリ・旅行保険の⑴保険料を安くしたい ⑵自分の渡航先に合った保険を選択したいといったご相談を受付けしております。国内主要保険会社プランを網羅し、保険Times独自のカスタマイズプランを用意。留学費用は総額で考えると非常に高額になるかと思いますので、少しでも留学費用全体の圧縮のお手伝いができればと思っております。LINEでのご相談メールでのご相談お電話でのご相談が可能です。LINEでは、渡航後の延長手続き保険の使い方についてのご相談も受け付けておりますので簡単・便利でおすすめです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

海外保険の無料相談なら保険Times 海外保険の無料相談なら保険Times

という方々へ、保険Timesなら完全無料であなたに最適な海外保険をご提案いたします。
あなたの夢を叶えるための安心サポート。まずはお気軽にご相談ください。

海外保険の無料相談はこちら

人気の記事

最新の記事が受け取れます

Facebook

Facebookページに「いいね!」すると、
最新情報が受け取れるようになります。

Twitter

Twitterで表示して「フォローする」と、
最新情報が受け取れるようになります。

海外保険料を