ロシア留学で留学保険は必要?【医療費編】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

こんにちは。保険Times編集部です。

ロシア留学をご検討のみなさまは、大学で語学を専攻している、会社での研修、何かきっかけがあってロシアに興味を持たれた方などかと思います。年間の日本人留学生数は少ないですが、ロシア語が話せる人という時点で非常に稀少な人材になれることは間違いないでしょう。

今回は、そんなロシア留学を検討する上で事前に調べておきたいロシアの医療費事情について留学保険のプロがまとめました。ぜひ内容ご覧になっていただければと思います。

 

記事のポイント ロシアにおける保険金支払い額はMAX約1,800万円となっており、事故や病気による高額支払いリスクが発生する可能性があります。一方、留学保険料金は一般的には年間25万円前後と留学費用全体から考えると大きなウェイトを占めることとなります。保険Timesでは、留学エージェントから提示された年間25万円の保険料から必要な補償を残しながら14万円/年前後まで抑えられたといった実績が多数ございます。安心して渡航するためにも、留学・ワーホリ専門エージェントへ一度ご相談することをおすすめします
<<保険Timesへのご相談はこちら>>

ロシアの医療制度

ロシアでは全国民がOMS(強制加入医療保険, ОМС)を持っており、国立の区に設置されている医療機関(クリニックや総合病院)において、無料で医療サービスを受けることができます。また、自宅に医師を呼ぶこともでき、自ら病院に通院することが困難な場合は自宅まで医師を呼ぶこともできます。ただ、医療費が無料の国に多いケースが治療を受けるまでの待ち時間が非常に長い点です。

外国人が医療を受ける場合は有料となっており、医療システムは各地区にある外来診療所を受診した後より専門的な医療を受ける必要があれば診療所から総合病院を紹介されるという流れになっています。基本、ロシア語でのサービスとなりますので、もし外国語での医療サービスを要望する場合は、加入している保険会社に電話をかけて母国語対応もしくは英語対応可能な病院を探すこととなります。

 

ロシアの医療水準

ロシアで日本と同じレベルの医療を受けることはできません。重病や大怪我の場合には実際に日本まで緊急移送となる症例が多く,ロシア在住のロシア人の中にも費用が許せば日本で治療を受けたいと思っている人が多くみられます。移送の際には,チャーター機を利用せざるをえない場合もあり,当地での医療費,移送費ともに高額の費用になることもありますので,海外旅行傷害保険に加入することを強くお勧めします。

ロシア留学保険のご相談なら

【各国比較】ロシアで盲腸に感染した場合の医療費

日本:400,000円(日本の基準額は、10割負担を想定)

ロシア:600,000円

【各国比較】ロシアで救急車を呼んだ場合の費用

ロシアでの救急車利用:無料

(一般的に、海外だと救急車の利用は有料となっております。)

ロシアでの保険料請求事例

国名 事故事例 保険金支払い額
ロシア 腹部の痛みと嘔吐し受診。腸閉塞と診断され22日間入院・手術。家族が駆けつける。医師・看護師が付き添い医療搬送。 750万円
ロシア 起床後に眩暈と手足の痺れで動けなくなる。前庭神経炎と診断され16日間入院。看護師が付き添い医療搬送。 467万円
ロシア 目眩・頭痛を訴え受診。内頚動脈血栓・脳虚血発作と診断され16日間入院・手術。家族が駆けつける。医師が付き添い医療搬送。 641万円
ロシア 胸の痛みを訴え受診。肺炎と診断され12日間入院。家族が駆けつける。医師が付き添い医療搬送。 475万円
ロシア 妊娠中、子供がお腹に飛び乗り腹痛。胎盤剥離による流産と診断され6日間入院・手術。家族が駆けつける。医師・看護師が付き添いチャーター機で医療搬送。(保険金額不足/別途自己負担あり) 1,800万円
ロシア 呼吸困難を訴え受診。心筋梗塞と診断され13日間入院・手術。家族が駆けつける。医師が付き添い医療搬送。 606万円

 

留学保険を検討する上で、注意しておきたいポイント

ロシアでの注意ポイントは、医療水準が低いことで緊急搬送などの対応となった場合の医療費が高額になることが最大のリスクとなります。自身が渡航する近くに日本語の使える病院があることは保証できないと思いますので、最大のリスクに対しての回避策として留学保険の加入は必須といえるでしょう。携行品に関してもは意見がわかれるところではありますが、「携行品の補償は削ります」というご判断をされた方に限って、現地でパソコンなどの電子機器の故障やカメラの盗難に逢ってしまい補償をつけておけばよかった・・という気持ちにもなりかねませんので、こちらも十分に検討する必要があるでしょう。

保険Timesでは、留学・ワーホリ渡航される方向けに、保険選びのサポートを実施させていただいております。「保険の選び方がわからない」、「保険料を下げるにはどうすればいい?」など、保険に関するお悩みがございましたら、お気軽にお問い合わせください。

ロシア留学保険のご相談なら

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

海外保険の無料相談なら保険Times 海外保険の無料相談なら保険Times

という方々へ、保険Timesなら完全無料であなたに最適な海外保険をご提案いたします。
あなたの夢を叶えるための安心サポート。まずはお気軽にご相談ください。

海外保険の無料相談はこちら

人気の記事

最新の記事が受け取れます

Facebook

Facebookページに「いいね!」すると、
最新情報が受け取れるようになります。

Twitter

Twitterで表示して「フォローする」と、
最新情報が受け取れるようになります。

海外保険料を 最大 50% 安くする方法とは?LINE で 相談! 海外保険料を