フィリピン留学で留学保険は必要?【医療費編】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

こんにちは、保険Times編集部です。

 

近年、格安で英語を学べるということで留学先として人気が高まっているフィリピン。実は、私自身もフィリピンへ2度英語留学経験があります。今回は、そんなフィリピンの医療費事情についてまとめました。フィリピンといえば、発展途上国のため怪我をした場合の医療費は当然安いのではないかと思われている方も多いと思います。実は、保険会社への保険料請求事例では500万円を超えるような高額請求も発生していますので、決して医療費が安いと一概にはいえません。それでは、フィリピンの医療費事情をまとめましてので、みていきましょう。

記事のポイント フィリピンにおける保険金支払い額はMAX約500万円となっており、物価の安い国ではあるものの事故や病気による高額支払いリスクが発生する可能性があります。一方、留学保険料金は一般的には年間25万円前後と留学費用全体から考えると大きなウェイトを占めることとなります。保険Timesでは、留学エージェントから提示された年間25万円の保険料から必要な補償を残しながら14万円/年前後まで抑えられたといった実績が多数ございます。安心して渡航するためにも、留学・ワーホリ専門エージェントへ一度ご相談することをおすすめします
<<保険Timesへのご相談はこちら>>

フィリピンの医療費って高いの?

フィリピンでは、国民所得は低いのですが物価が高額な国です。特に、食品と薬品は物価の変動が大きいにもかかわらず、公的医療保険制度が不十分なため診療費や薬代は全額自己負担のため、通院・入院の治療費や処方薬代はもちろん、市販の薬を買うことさえ、現地の人には難しくなっています。ですので、あえて病院には行かず自分自身で解決しようとするものの、病気が重症化したりするケースがあとをたちません。

フィリピンの病院は、オープンシステムという仕組みを採用しており、日本とは仕組みが異なります。医師は病院に所属する勤務医師ではなく、街中にある診療所と同じような形式で独立した医師が病院内にオフィスを構え、診察にあたっています。フィリピンの病院で受ける検査は、基本的に先に支払いを行う必要があり、入院する場合も先に入院費を支払わないと入院できない仕組みになっています。こちらは、留学保険のキャッシュレス診断があれば、診察を受ける際に手持ちのお金がなかったとしても解消できる問題ですね。高額で医療設備の整った病院、現地の一般的なフィリピン人が通う病院や検査所などどこへ通院するかは個人で選択できますが、医療設備の充実した病院は基本的に私立病院となり医療費は高額になっています。

 

日本人がフィリピンで治療を受ける場合

日本人がフィリピンで治療を受ける場合、日本人医師が常駐している日本人向け病院や、外国人向けの病院も存在するため、安心して治療を受けることが可能です。ただ、渡航先の語学学校や大学の近くに日本人病院があるかは事前に確認が必要です。外国人の対応に慣れている病院だと、保険の手続きなどもスムーズに行うことができますので渡航前に近くの病院の場所などは確認しておきたいですね。

保険Times海外保険相談

保険Timesでは、海外留学・ワーホリ・旅行保険の⑴保険料を安くしたい ⑵自分の渡航先に合った保険を選択したいといったご相談を受付けしております。国内主要保険会社プランを網羅し、保険Times独自のカスタマイズプランを用意。留学費用は総額で考えると非常に高額になるかと思いますので、少しでも留学費用全体の圧縮のお手伝いができればと思っております。LINEでのご相談メールでのご相談お電話でのご相談が可能です。LINEでは、渡航後の延長手続き保険の使い方についてのご相談も受け付けておりますので簡単・便利でおすすめです。

【各国比較】フィリピンで盲腸に感染した場合の医療費

日本と比較すると、医療費はほぼ同等程度となります。

日本の医療費算出根拠は、10割負担の場合で比較していますので、基本的に高いと言えます。

医療費
フィリピン 40万円
日本 40万円

(出典:Trip Advisor HP)

 

【各国比較】フィリピンで救急車を呼んだ場合の費用

費用
フィリピン 無料
日本 無料

(出典:Trip Advisor HP)

 

フィリピンの保険料請求事例

以下のように、高額の保険料請求事例が発生しておりますので、医療費は非常に高額であると言えます。

事故事例 保険料
フィリピン 頭痛を訴え意識を失う。くも膜下出血と診断され34日間入院・手術。 531万円
フィリピン 大雨のため語学学校の敷地内で滑り転倒。恥骨下枝・寛骨臼骨折と診断され74日間入院。家族が駆けつける。 303万円
フィリピン 胸の痛みを訴え受診。心筋梗塞と診断され22日間入院・手術。家族が駆けつける。 406万円
フィリピン 風邪の症状を訴え受診。敗血症・心筋症と診断され14日間入院。家族が駆けつける。 345万円

 

フィリピン留学する上で、注意しておきたいポイント

フィリピンでは、食生活の違いなどによる食あたりでの治療が非常に多くなっています。自分は大丈夫だと過信していると、渡航後に病気にかかってしまい医療費の安い現地の人向けの病院や診療所に通って、治療内容は大丈夫かな・・とヒヤヒヤしなければならない事態に直面します。現地で安心して治療を受けられるよう、事前に留学保険への加入をおすすめします。

保険Times海外保険相談

保険Timesでは、海外留学・ワーホリ・旅行保険の⑴保険料を安くしたい ⑵自分の渡航先に合った保険を選択したいといったご相談を受付けしております。国内主要保険会社プランを網羅し、保険Times独自のカスタマイズプランを用意。留学費用は総額で考えると非常に高額になるかと思いますので、少しでも留学費用全体の圧縮のお手伝いができればと思っております。LINEでのご相談メールでのご相談お電話でのご相談が可能です。LINEでは、渡航後の延長手続き保険の使い方についてのご相談も受け付けておりますので簡単・便利でおすすめです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

海外保険の無料相談なら保険Times 海外保険の無料相談なら保険Times

という方々へ、保険Timesなら完全無料であなたに最適な海外保険をご提案いたします。
あなたの夢を叶えるための安心サポート。まずはお気軽にご相談ください。

海外保険の無料相談はこちら

人気の記事

最新の記事が受け取れます

Facebook

Facebookページに「いいね!」すると、
最新情報が受け取れるようになります。

Twitter

Twitterで表示して「フォローする」と、
最新情報が受け取れるようになります。

海外保険料を 最大 50% 安くする方法とは?LINE で 相談! 海外保険料を