ニュージーランドへの留学に必須の留学保険の選び方

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

ニュージーランドは他の英語圏よりも生活費もかからず、また少人数制の英語学校なども充実しており、語学留学をはじめとした日本人の留学先として人気の高い国です。またロードオブ・ザ・リングのロケ地になるほど自然も充実しておりプライベートも満喫できること間違いなし!ではそんなニュージーランドに留学するにあたり医療事情や留学するにあたって保険加入等はどのようにすればよいのでしょうか。ここではこれらの疑問について一つずつ解説していきます。さあこれを読んでニュージーランド留学への第一歩を踏み出しましょう!

記事のポイント今回の記事でも述べておりますとおりニュージーランドは留学先の学校に入学するにあたり保険加入が必須となっています。保険Timesではこういった事例を加味して複雑な海外事情に合わせて最適な保険プランをご提案させていただきました事例が多数ございます。滞在費を抑えたり、渡航時の不安を少しでもなくすための方法の一つとしてご活用頂けますと幸いです。
<<保険Timesへのご相談はこちら>>

ニュージーランドの治安に関して

有名旅行ガイドブックや各種インターネットの情報では、ニュージーランドは比較的安全な国だという認識で共通しています。ですがやはりここは異国の地、最低限のマナーや習慣だけは気を付けていて損はありません。よくある現地でのトラブル事例としては、観光客が多く集まる繁華街での窃盗、そして現地でのアクティビティを楽しんでいる際のケガに関して。例えば必要以上に肌を露出した格好でスポーツを楽しむのは控える、あるいは夜遅くに一人では出歩かないなど、必要最低限の注意だけは常に払っておいて方が良いでしょう。

ニュージーランドの医療事情に関して

日本の日常とは大きくかけ離れたペースで生活をしていると、どうしても体に無理をきたしてしまい、ある時その無理がたたって医療機関のお世話になる場合が少なくありません。日本と同様、水道水は特に安全性に問題はないと言われていますが、念のため、疲れているときなどはミネラルウォーターの利用をお勧めします。また、現地でよく見聞きする例としては、魚介類の摂取により体調を崩す事例が頻発しています。特に刺身や生牡蠣などは寄生虫の危険性もあるため、生で食するのは控えたほうが無難です。

ニュージーランドの病院は基本、私立と公立に別れており、多くの外国人は質の良い私立の病院を受診しています。一方で救急車に関しては私立のそれは有料で高額になるため、その費用を補填してくれる留学保険に加入しているのが実情です。

ニュージーランド留学に当たっての留学保険のポイント

ニュージーランドへの留学を検討されている方の中でも、「留学保険に加入しなければ学校へ入学できない」という点はご存知ではない方も多いと思われます。まさしくその通りで、ニュージーランドでは大学へ通う全ての学生(留学生も含む)に対して、指定の医療保険の加入を義務付けている、世界でも稀にみる施策が行われているのです。

■必要な保険を加入しなければ留学できない

ニュージーランドの医療機関を利用した場合の治療費や手術代は、実際に非常に高額になることで知られています。学生の本分は勉強です。いざというときに医療費負担が大きくなり学費が払えなくなるという事態を回避するため、国全体として学生の勉強に集中していけるような環境作りが出来上がっているのは嬉しい限りです。

■日本国内の留学保険

どこの学校でも授業の早い段階でオリエンテーションがあり、保険証書のチェックがありますので、それ以前に入学の申込の段階で規定の保険に加入しているかどうかの審査がある場合も少なくありません。気軽なクレジットカード付帯保険だけでこの国に留学することは、実質的に不可能ということを覚えておきましょう。

■主な現地保険の種類

それでは実際に、この国に留学しようとする人はどのような保険に加入しているのでしょうか。メジャーなのは「現地保険」と呼ばれる、その文字の通り(海外からニュージーランドへ留学しにくる学生)に特化した現地の留学保険がを選ぶ方もいらっしゃいます。代表的なところでは、Orbit社、SCTI社、Uni-care社などが挙げられます。

保険Times海外保険相談

保険Timesでは、海外留学・ワーホリ・旅行保険の⑴保険料を安くしたい ⑵自分の渡航先に合った保険を選択したいといったご相談を受付けしております。国内主要保険会社プランを網羅し、保険Times独自のカスタマイズプランを用意。留学費用は総額で考えると非常に高額になるかと思いますので、少しでも留学費用全体の圧縮のお手伝いができればと思っております。LINEでのご相談メールでのご相談お電話でのご相談が可能です。LINEでは、渡航後の延長手続き保険の使い方についてのご相談も受け付けておりますので簡単・便利でおすすめです。

日本の保険のメリットとデメリット

対して日本で唯一認められている民間の留学保険の中身はどうなっているのでしょうか。上に挙げたインバウンド保険と対比して、そのメリットとデメリットをご紹介します。

【日本の留学保険のメリット】

  • 何より日本語で対応してもらえる

…いざ非常事態に遭遇した時に、まず不安になるのは言葉の壁ですよね。24時間365日、日本語でのカスタマーサービスが利用できるのは何よりの強みです。

  • キャッシュレスでの対応が可能

…ニュージーランドでのインバウンド保険と比較して、日本の留学保険はキャッシュレス対応が可能な点も大きなメリットです。いざというときに気兼ねなく、医療機関に診てもらえるのは嬉しい限りですよね。

【日本の留学保険のデメリット】

  • 保険代金が高額

…唯一無二のデメリットとして挙げたいのは、高額な保険代金に関して。ニュージーランドの現地保険と比較して、およそ2倍~3倍の保険料が必要になってきます。特に長期になればなるほどその金額は高くなってきますので、余裕を持った資金計画が必要になってくるでしょう。

ニュージーランド現地保険のメリットとデメリット

必ず加入しなければならないという点で言えば、留学生にとっては勉学に専念できるので安心という声も聞かれますし、逆に、選択肢がなくて使い勝手が悪いという声も耳にします。ここからは少し踏み込んで、具体的にこの現地保険のメリットとデメリットを挙げてみたいと思います。

【現地保険のメリット】

  • 保険代金が安い

…学生皆年金制度を実施しているだけあって、ニュージーランドの現地保険の代金は非常に安いです。年間500ドル~600ドル程度の掛け金で加入することができます。

  • 治療費の補償が無制限の点

…無保険で治療を受けるとかなりの高額請求をされる可能性があるニュージーランドの医療事情。その点で言うと、治療費の補償が無制限に受けられるのは安心ですね。

  • 学校卒業後でも引き続き加入できる

…学校卒業後にワーキングホリデー等で引き続きニュージーランドに滞在したいという方でも、それまで加入している現地保険の変更という形で継続して加入することができます。

【現地保険のデメリット】

  • キャッシュレス対応での機会が少ない

…キャッシュレスでの受診もできることはできるのですが、入院や手術など高額なもの限定の場合が一般的です。診察や薬の処方など比較的低額の治療費に関しては、いったんご自身で持ち出しした上で改めて払い戻しを受けるという形になります。

  • 払い戻しには銀行口座が必要

…外国で銀行口座を作るというのは、だれでも気軽にできるものではありません。特に短期での留学をお考えの方は、おそらく訪問者ビザで滞在することになると思われます。その場合はニュージーランドで銀行口座を作ることができないのです。実際には小切手で一旦受け取り帰国後日本の銀行で現金化するという、煩雑な手続きが必要になってきます。

  • 日本語の医療通訳などのサポートがない

現地の病院に行く際に、医療英語が理解できないと体調の不安と語学の不安で通院が苦痛になってしまいます。日本の留学保険では、医療通訳サポートなどが完備されており電話などを通じて通訳をしてくれるサポートがありますが、現地保険ではもちろんこのようなサービスはついておりませんので、自身で解決する必要があります。

まとめ

ニュージーランドの学校によっては、既に指定でその留学保険でなければならないという場合も少なくありません。万が一違う保険に加入した後で、入学が取り消されてしまったなんて事態だけは何が何でも避けたいですよね。より専門的な知識を必要とするニュージーランドの留学保険事情。留学まで時間に猶予がある方は、できるだけ専門の保険相談窓口に足を運ぶことをお勧めします。

保険Times海外保険相談

保険Timesでは、海外留学・ワーホリ・旅行保険の⑴保険料を安くしたい ⑵自分の渡航先に合った保険を選択したいといったご相談を受付けしております。国内主要保険会社プランを網羅し、保険Times独自のカスタマイズプランを用意。留学費用は総額で考えると非常に高額になるかと思いますので、少しでも留学費用全体の圧縮のお手伝いができればと思っております。LINEでのご相談メールでのご相談お電話でのご相談が可能です。LINEでは、渡航後の延長手続き保険の使い方についてのご相談も受け付けておりますので簡単・便利でおすすめです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

海外保険の無料相談なら保険Times 海外保険の無料相談なら保険Times

という方々へ、保険Timesなら完全無料であなたに最適な海外保険をご提案いたします。
あなたの夢を叶えるための安心サポート。まずはお気軽にご相談ください。

海外保険の無料相談はこちら

人気の記事

最新の記事が受け取れます

Facebook

Facebookページに「いいね!」すると、
最新情報が受け取れるようになります。

Twitter

Twitterで表示して「フォローする」と、
最新情報が受け取れるようになります。

海外保険料を 最大 50% 安くする方法とは?LINE で 相談! 海外保険料を