【メキシコ留学保険】メキシコの医療制度・医療費水準を解説

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

こんにちは。保険Times編集部です。

文部科学省が発表している母国語として使っている語学人口ランキングでは、1位中国語 2位英語に続く3位にスペイン語がランクインされています。メキシコといえば、スペイン語圏の中でも最も人口の多い国であり、世界のセレブが訪れるカンクンで有名なビーチリゾートなど非常に過ごしやすい環境で滞在することも可能です。

今回は、スペイン語留学で人気のあるメキシコ留学をする際の現地の医療制度についてまとめました。

記事のポイント メキシコにおける保険金支払い額はMAX約1,199万円となっており、事故や病気による高額支払いリスクが発生する可能性があります。一方、留学保険料金は一般的には年間25万円前後と留学費用全体から考えると大きなウェイトを占めることとなります。保険Timesでは、留学エージェントから提示された年間25万円の保険料から必要な補償を残しながら14万円/年前後まで抑えられたといった実績が多数ございます。安心して渡航するためにも、留学・ワーホリ専門エージェントへ一度ご相談することをおすすめします
<<保険Timesへのご相談はこちら>>

メキシコの医療制度

メキシコは貧富の差が激しく、医療施設も公立・私立病院で費用や医療水準が大きく変わってきます。日本にいると、健康保険証を持っていればどの病院でもある一定レベルの医療を受けられるのと比較すると雲泥の差ですね。

教師、政府関係の仕事、公的機関で働くような公務員はISSSTEという保険に加入でき、保険適用病院での医療費は無料となります。会社員は、IMSSという保険に加入することがで同じく保険適用病院での医療費は無料。何とも国民思いな国だと思いますが、他の国も同様医療費無料の国は、待ち時間が長い、医療費無料の病院の医療水準が低いなどの問題を抱えておりメキシコも同様の状況にあります。

現地の富裕層は、IMMSやISSSTEの保険を持っていても保険適用病院には行きません。費用は高いですが、私立の高級ホテルのようなきれいな病院へ行き、医療費は民間の保険などでまかなっています。現地の市立病院には、日本人医師も多数在籍している設備が充実した病院もありますので、留学の際も私立病院で受診ができるように留学保険の準備はしておいたほうがいいでしょう。

メキシコの医療水準

アメリカの隣国であり、医療レベルも一定の水準にあります。都市部の私立病院の中には、アメリカと比較しても遜色ない設備の整った病院もあります。ただし、公立病院では予算不足によって機材や設備の老朽化、医薬品の不足などが問題となっており、満足な治療が受けられない場合があります。医師以外は、英語の通じない病院スタッフがほとんどです。

【現地情報】

  • 医療機関には大学病院、公立病院、私立病院がありますが、私立病院には日本人医師が多数在籍しており施設が充実していることより、多くの日本人の方が利用しています。
  • 医療機関にて診察を受ける際は予約が必要となり、多くの医療機関では日本語のアシスタントがない為、スペイン語にて予約を取る必要があります。
  • 主治医が決まった後、担当医師より検査や入院の指示が出され、通常は医師が所属する医療機関によって行われます。但し、診察費用は医師から、および検査・入院費用は医療機関から別途請求されることになります。
  • 日系医師はキャッシュレスに協力的ですが、医療機関は海外旅行保険への認識が低い為キャッシュレスが不可となる場合があります。
  • 緊急の場合は救急車を呼ぶことも可能ですが、身動きが取れる場合はタクシーや自家用車で緊急病院に運ぶのが一番早い手段であると医療機関より勧められています。

メキシコ留学保険のご相談なら

【各国比較】メキシコで盲腸に感染した場合の医療費

日本:400,000円(日本の基準額は、10割負担を想定)

メキシコ:900,000円

メキシコは、日本の医療費水準に比べて2倍の医療費がかかります。

【各国比較】メキシコで救急車を呼んだ場合の費用

メキシコでの救急車利用:無料

(一般的に、海外だと救急車の利用は有料となっております。)

メキシコでの保険料請求事例

国名 事故事例 保険金支払い額
メキシコ オートバイで走行中、路面が荒れていたため転倒。大腿骨骨折と診断され現地病院からチャーター機でアメリカまで医療搬送し11日間入院・手術。家族が駆けつける。医師が付き添い医療搬送。 1,199万円

 

留学保険を検討する上で、注意しておきたいポイント

メキシコ留学において、大半の日本人留学生は民間の留学保険に加入して渡航しています。日本人医師の治療が受けられる、きれいな病院で高い医療水準の治療が受けられるため、保険Timesとしても加入して渡航することをおすすめします。携行品に関しては意見がわかれるところではありますが、「携行品の補償は削ります」というご判断をされた方に限って、現地でパソコンなどの電子機器の故障やカメラの盗難に逢ってしまい補償をつけておけばよかった・・という気持ちにもなりかねませんので、こちらも十分に検討する必要があるでしょう。

保険Timesでは、留学・ワーホリ渡航される方向けに、保険選びのサポートを実施させていただいております。「保険の選び方がわからない」、「保険料を下げるにはどうすればいい?」など、保険に関するお悩みがございましたら、お気軽にお問い合わせください。

メキシコ留学保険のご相談なら

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

海外保険の無料相談なら保険Times 海外保険の無料相談なら保険Times

という方々へ、保険Timesなら完全無料であなたに最適な海外保険をご提案いたします。
あなたの夢を叶えるための安心サポート。まずはお気軽にご相談ください。

海外保険の無料相談はこちら

人気の記事

最新の記事が受け取れます

Facebook

Facebookページに「いいね!」すると、
最新情報が受け取れるようになります。

Twitter

Twitterで表示して「フォローする」と、
最新情報が受け取れるようになります。

海外保険料を 最大 50% 安くする方法とは?LINE で 相談! 海外保険料を