格安(割安)留学保険の保険料が安い理由を解説

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

こんにちは。保険Times編集部です。

 

今回の記事では格安や割安の留学保険に注目をしてみました。格安や割安といわれている留学保険はなぜそうであるのか?店頭で販売されている保険とは何が違うのか?を説明したいと思います。是非最後までお読みください。

記事のポイント格安保険は、1.ネット販売による費用削減、2.補償内容が少ない、3.事故発生確率の低い地域・年齢は保険料が安い一方、事故発生率の高い地域や年齢層の方は高いといった傾向があります。自身の渡航条件に合っていれば活用することで保険料を抑えることが可能です。
<<保険Timesへのご相談はこちら>>

目的地による保険料の割安

同じ保険会社の留学保険に加入したとしても、目的地により保険料も変わってきます。例えば、アジア・オセアニアなど比較的物価が安い地域では保険料も割安となっています。そして、北米・ハワイ、ヨーロッパ・南米・アメリカと進むにつれて保険料が高くなる傾向があります。これは、医療費の金額がアジア・オセアニアは割安であり、ヨーロッパやアメリカは割高であるので、保険料もそれに合わせて変化するのです。ですので、これから留学を考えている方は目的地の医療費をあらかじめ調べておきましょう。

年齢による保険料の違い

加入する年齢によっても保険料は変化してきます。当然年齢が若いほうが事故や病気にかかりリスクは低いですし、逆に年を取っているとリスクは高くなります。これに応じて、同じ内容の保険に加入していたとしても年齢が若いほうが保険料は安くなりますし、高齢になれば保険料は高くなり、一定の年齢になれば保険の加入ができない場合があります。自分自身の年齢での保険をしっかり確認するようにしましょう。

留学保険のご相談なら

ネット予約による割引

保険会社によっては、店頭に置いてある保険商品よりネットで予約することにより保険料が割引されるサービスがあります。人件費の削減につながっているからこそ、この割引が成り立っています。しかし、実際にHPで記載されている○○%OFFという数字はある特定の状況にだけ成り立つ数字であることを覚えておいてください。補償内容・オプション・保険期間によればそこまで割引はされないということもよくある話です。また、ネットでの契約はクレジットカード払いであることに注意しましょう。

※但し、病気を持っている方や長期間保険契約をしたい方は、加入を受け入れてもらえないケースもあるそうです。こちらもご注意を!

補償内容による違い

格安の保険とそうでない保険の大きな違いはやはり補償内容による違いです。大きな違いとしては、補償される金額の違い、保険対応のサービスの違いがあります。例えば、保険料が格安の保険にありがちなことは、傷害治療や後遺障害、治療費用、疾病死亡などにより支払われる保険金額が比較的安くなっていることです。当然選ぶプランにより保険料も変わってきますが、大きく変化するのはこのあたりの金額でしょう。障害治療や後遺障害は約1000万~3000万円、治療費用は約500万円~無制限、疾病死亡は約500万円~3000万円と非常に補償される金額の差が大きいことが分かります。

また、テロ等対策費用、緊急歯科治療、弁護士費用が保険についているかの違いもあります。当然保険料が安くなれば安くなるほどその他の補償も充実していません。

格安な保険料には格安なりの理由が必ず存在しているのです。

まとめ

いかがでしたか。保険料が格安の保険に入ることは確かにあまりお金を使いたくない人にとってはありがたいことであるかもしれません。しかし、何も知らずただ格安の保険に加入することは非常に危険です。格安の保険に加入する場合でも格安なりの理由があることを十分承知の上で加入しましょう。

留学保険のご相談なら

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

海外保険の無料相談なら保険Times 海外保険の無料相談なら保険Times

という方々へ、保険Timesなら完全無料であなたに最適な海外保険をご提案いたします。
あなたの夢を叶えるための安心サポート。まずはお気軽にご相談ください。

海外保険の無料相談はこちら

人気の記事

最新の記事が受け取れます

Facebook

Facebookページに「いいね!」すると、
最新情報が受け取れるようになります。

Twitter

Twitterで表示して「フォローする」と、
最新情報が受け取れるようになります。

海外保険料を 最大 50% 安くする方法とは?LINE で 相談! 海外保険料を