【期間別】オーストラリアの留学保険を安くする方法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

こんにちは。保険Times 編集部です。

今回は、オーストラリアの留学保険を安くする方法についてです。

日本人の留学先ランキング5位のオーストラリアです。英語圏の中では、アメリカ、イギリスに次ぐ3位の人気渡航先です。(2013年時点)オーストラリアは、イギリスの医療制度を踏襲しているため、非常に健康保険制度が整っている国です。その中で、オーストラリアで入院・通院治療を受けた際の医療費事情とオーストラリアの留学保険を安くする方法についてまとめております。渡航前に是非ご確認ください。

記事のポイント オーストラリアにおける保険金支払い額はMAX約700万円となっており、事故や病気による高額支払いリスクが発生する可能性があります。一方、留学保険料金は一般的には年間25万円前後と留学費用全体から考えると大きなウェイトを占めることとなります。保険Timesでは、留学エージェントから提示された年間25万円の保険料から必要な補償を残しながら14万円/年前後まで抑えられたといった実績が多数ございます。安心して渡航するためにも、留学・ワーホリ専門エージェントへ一度ご相談することをおすすめします
<<保険Timesへのご相談はこちら>>

オーストラリアの健康保険制度メディアケアって?

オーストラリアでは、イギリスの制度を踏襲した健康保険制度であるメディアが存在しています。日本であれば内科、外科、眼科など病状に応じて診療所や病院が分かれていますが、オーストラリアでは、一般開業医であるGP(General Practitioner-GP)にどんな症状であっても最初は相談することとなっています。そこで、専門医の詳細な治療が必要だと判断された場合、専門医を紹介してもらい詳細な治療を受けるという流れになります。通常の場合、専門医の治療の予約は、少なくとも1週間以上先となりますので、緊急の場合は、GPにその旨を伝えておくと良いでしょう。

留学生の健康保険加入について

外国人が、オーストラリアに学生ビザで留学する場合は、OSHC(Overseas Student Health Cover)と呼ばれる海外留学生保険に加入することが義務付けられています。こちら、あくまで学生ビザで留学する場合のみですので、ワーキングホリデーの場合は加入することができません。

ほとんどの学校には提携している保険会社があり、OSHCの申し込み手続きは学校が代行します(学校によって取り扱っている保険会社が異なります)。入学手続き時に学校が授業料と併せて保険料を請求し、生徒の代りに保険会社に支払いをします。オーストラリア到着後、学校を通して保険証カードが各学生に配布されます。メディバンクの場合は、カードの発行はご自身でオンラインで手続きして頂きます。 また、学校によっては個人で申込み手続きをしなければならない場合もあります。

OSHCの保険適用範囲

項目 OSHC 保険の適用範囲
医師による治療費 病院以外の場所での場合、医療費の85%がカバーされます。病院にての治療の場合には、医療費の100%がカバーされます。 但し、いずれの場合も、MBSと呼ばれる医療費の基準額を超えている場合は、差額は本人負担となります。
血液検査などの病理検査
レントゲン検査
公立病院での治療費、入院費 基準額を超える場合の差額を除いて、全てOSHCによりカバーされます。
私立病院での治療費、入院費 ほぼ全ての私立病院での医療費がカバーされますが、基準額を超える場合の差額は自己負担となります。
救急車費用 緊急時の救急車使用の費用は、OSHCでカバーされます。
処方箋薬 避妊ピルなどの特定の薬を除き、ほとんどの処方箋薬がOSHCの対象です。また、50ドルを超える薬に対しては、自己負担です。1年間で150ドルを超える場合は、差額の補償はありません(ファミリー・プランの場合は、300ドルまで)。
歯科治療 × OSHCでは一切カバーされません。留学前に歯はしっかり治療しましょう。オーストラリアは歯の治療費が非常に高いからです。

オーストラリア留学・ワーホリ保険のご相談なら

オーストラリアの医療費水準の参考値(盲腸に感染した場合)

国名 医療費
オーストラリア 10,200,000円
日本 400,000円

日本と比較すると、オーストラリアの医療費水準は2.5倍となります。参考までに挙げている日本の医療費は実質負担での費用を入れておりますので、健康保険に加入されている方は40万円の3割負担となりますので、オーストラリアは医療費自体が相当高い国と言えます。

オーストラリアで救急車を呼んだ場合の費用

国名 救急車費用
オーストラリア 90,700円
日本 無料

日本は救急車を呼ぶ際は無料ですが、海外で救急車を呼ぶ際は費用が発生する国が多いです。オーストラリアは90,700円と救急車を呼ぶだけでも費用負担は非常に大きくなることが特徴です。

オーストラリアの保険料請求事例

国名 症例 保険料
オーストラリア 転倒し頭を打った4日後に意識障害となり救急車で搬送。硬膜下血腫と診断され34日間入院・手術。家族が駆けつける。 712万円
オーストラリア クルーズ寄港中のレストランで転倒し腰を強打。大腿骨頸部骨折と診断され12日間入院・手術。家族が駆けつける。看護師が付き添い医療搬送。 388万円

オーストラリアでの高額保険料請求事例では、医療搬送や家族がオーストラリアに一緒に渡航するようなケースの場合非常に高額な医療費支払いとなる場合があります。そもそもの医療費が高いことと、治療関係費用以外のコストがかかることで支払いが莫大な金額になる場合があります。また、ここまで大きな病気でなくても、実際に保険Timesに寄せられたオーストラリアでの保険加入で事なきを得た体験談としては以下の様なものもありましたので、参考にしてみてください。

オーストラリアの留学保険を安くする方法とは

オーストラリア渡航の保険を考える上でまず重要なことは、留学生は加入義務のあるOSHCに加入しつつ海外旅行保険に加入すべきかどうかという点でしょう。OSHCは、①治療費が満額出るわけではない点、②治療費系の補償のみで物の保険は付帯されていない点、③キャッシュレス・医療通訳など日本の海外旅行保険に加入した場合に付帯されるサービスが受けられない点などがポイントです。現地での治療費などの実負担金額を下げておきたい場合、不足する補償内容を手厚くしておきたい場合、付帯サービスを受けたい場合などは日本の海外旅行保険にも加入される方が多いです。現地で補償される補償は、日本で加入する海外旅行保険では外すもしくは補償内容を下げて、現地で補償されない部分手厚くするようなプラン設計をする方も多いです。

保険選びの考え方としては、補償充実プラン、補償通常プラン、補償少ないプランの3つに切り分けてどこまでの補償を入れ込むか・削減するかを考えることが重要です。ご自身の健康状態やOSHCの補償内容などを加味しながら、最終的にどのプランにすることがいいか決定していくプロセスがいいでしょう。

オーストラリア留学1ヶ月渡航の場合の留学保険カスタマイズのポイント

補償面 Aプラン Bプラン Cプラン Dプラン
傷害死亡 1,000万円 1,000万円 1,000万円 1,000万円
傷害後遺障害 1,000万円 1,000万円 1,000万円 1,000万円
治療・救援費用 1,000万円 3,000万円 1,000万円 2,000万円
緊急歯科治療費用 補償あり 10万円
疾病死亡 1,000万円 1,000万円 1,000万円 500万円
賠償責任 1億円 1億円 1億円 1億円
携行品損害 30万円 10万円 30万円 20万円
航空機寄託手荷物遅延等費用 10万円 10万円
航空機遅延費用 2万円
弁護士費用等 100万円 100万円
テロ等対応費用 10万円 1万円
偶然事故対応費用 5万円 5万円
 保険料 14,350円 14,950円 13,610円 22,800円

オーストラリア渡航1ヶ月のケースでは、歯科治療を入れるかどうかで金額が変わってきますが、基本的に日本出国前に歯科治療を済ませておいて、歯科治療を除くと最もコストパフォーマンスが高いC社がおすすめでしょう。サービス面としては、キャッシュレス対応、医療通訳など各社差異がほとんどないため、基本的にはCプランがおすすめです。

オーストラリア留学3ヶ月渡航の場合の留学保険カスタマイズのポイント

補償面 Aプラン Bプラン Cプラン Dプラン
傷害死亡 1,000万円 1,000万円 1,000万円 1,000万円
傷害後遺障害 1,000万円 1,000万円 1,000万円 1,000万円
治療・救援費用 無制限 3,000万円 3,000万円 無制限
緊急歯科治療費用 10万円
疾病死亡 1,000万円 1,000万円 1,000万円
賠償責任 5,000万円 1億円 1億円 1億円
携行品損害 30万円 10万円 30万円
生活用動産 100万円
航空機寄託手荷物遅延等費用 10万円 10万円 10万円
航空機遅延 2万円  2万円 2万円
テロ等対応費用 1万円
弁護士費用 100万
保険料 49,310円 43,090円 50,040円 58,160円

オーストラリア渡航3ヶ月のケースでも、歯科治療を入れるかどうかで金額が変わってきますが、基本的に日本出国前に歯科治療を済ませておいて、歯科治療を除くと最もコストパフォーマンスが高いのはBプランとなります。サービス面としては、医療通訳がついていないプランにはなりますが、現地の日本語対応可能病院を事前に確認しておくと安心です。

オーストラリア留学6ヶ月渡航の場合の留学保険カスタマイズのポイント

補償面 Aプラン Bプラン Cプラン Dプラン
傷害死亡 3,000万円 1,000万円 1,000万円 1,000万円
傷害後遺障害 3,000万円 1,000万円 1,000万円 1,000万円
治療・救援費用 無制限 3,000万円 3,000万円 無制限
緊急歯科治療費用
疾病死亡 1,000万円 1,000万円 1,000万円 1,000万円
賠償責任 1億円 1億円 1億円 1億円
携行品損害 20万円 10万円 50万円
生活用動産 100万円
航空機寄託手荷物遅延等費用 10万円 10万円 10万円 10万円
航空機遅延 2万円 2万円  2万円 2万円
テロ等対応費用 1万円
弁護士費用 100万
保険料 112,190円 91,780円 113,870円 131,210円

オーストラリア渡航6ヶ月のケースでは、引き続き基本的にはBプランが圧倒しています。他のプランも特徴がないため基本はBプランがおすすめです。これよりさらに下げていくとなると、治療救援費用の引き下げ、傷害死亡・傷害後遺傷害の引き下げなどで金額をさらに下げていくことが可能です。

オーストラリア留学1年渡航の場合の留学保険カスタマイズのポイント

補償面 Aプラン Bプラン Cプラン Dプラン
傷害死亡 1,000万円 1,000万円 1,000万円 1,000万円
傷害後遺障害 1,000万円 1,000万円 1,000万円 1,000万円
治療・救援費用 無制限 3,000万円 無制限 無制限
緊急歯科治療費用
疾病死亡 1,000万円 1,000万円 1,000万円
賠償責任 5,000万円 1億円 1億円 1億円
携行品損害 30万円 10万円 50万円
生活用動産 100万円
航空機寄託手荷物遅延等費用 10万円 10万円 10万円
航空機遅延 2万円  2万円 2万円
テロ等対応費用 1万円
弁護士費用 100万
保険料 209,680円 196,500円 199,680円 253,020円

1年も引き続き、Bプランがおすすめです。これよりさらに下げていくとなると、治療救援費用の引き下げ、傷害死亡・傷害後遺傷害の引き下げなどで金額をさらに下げていくことが可能です。

オーストラリア留学における留学保険選びのポイント

オーストラリア留学を考える際は、通常の医療費に関してはほとんどがOSHCでカバーされるため、考慮すべきは高額医療費、病院入院時の家族の渡航費、盗難・器物破損、歯科治療費などをカバーするかどうかというところでしょう。治療費が高額となると、OSHCではカバー仕切れなくなるため、大半の留学生はOSHCと日本からの海外留学保険をセット加入しています。とはいえ、留学保険も加入期間が長くなればなるほど高額となります。加入の是非は個々の考え方次第ですので、ぜひ一度ご相談いただければと思います。

オーストラリア留学・ワーホリ保険のご相談はこちら

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

海外保険の無料相談なら保険Times 海外保険の無料相談なら保険Times

という方々へ、保険Timesなら完全無料であなたに最適な海外保険をご提案いたします。
あなたの夢を叶えるための安心サポート。まずはお気軽にご相談ください。

海外保険の無料相談はこちら

人気の記事

最新の記事が受け取れます

Facebook

Facebookページに「いいね!」すると、
最新情報が受け取れるようになります。

Twitter

Twitterで表示して「フォローする」と、
最新情報が受け取れるようになります。

海外保険料を 最大 50% 安くする方法とは?LINE で 相談! 海外保険料を