香港留学で留学保険は必要?【医療費編】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

こんにちは。保険Times編集部です。

 

今回は、香港の医療費事情についてまとめています。

香港は、1997年にイギリスから中国へ主権を変換されてからは、「特別行政区」として中国でありながらも独立した地域となっています。香港に留学するメリットは、

1.日本から近く、経済も発展しているエリアで中国語(広東語、北京語)、英語を勉強することができる

2.世界的にも非常に高い教育水準(香港大学、香港科技大学、香港中文大学はランキングの評価機関によっては日本の東京大学、京都大学より上位になることも)

3.日本から近いため、滞在中にできた友人に留学期間終了後も会いやすい

といったところですね。留学先として注目度が高まってきている香港の医療費事情をみていきましょう。

記事のポイント 香港における保険金支払い額はMAX約850万円となっており、事故や病気による高額支払いリスクが発生する可能性があります。一方、留学保険料金は一般的には年間25万円前後と留学費用全体から考えると大きなウェイトを占めることとなります。保険Timesでは、留学エージェントから提示された年間25万円の保険料から必要な補償を残しながら14万円/年前後まで抑えられたといった実績が多数ございます。安心して渡航するためにも、留学・ワーホリ専門エージェントへ一度ご相談することをおすすめします
<<保険Timesへのご相談はこちら>>

香港の病院の仕組み

2014 年の香港人の平均寿命は、男性 81.17 歳(世界 1 位)、女性 86.75 歳(世界 2 位) と、香港は日本と同様に世界有数の長寿の地域であり、この状況を支えているのは香港の 高度な医療制度と盤石な財政基盤です。香港の医療機関の形態は、多くの専門科をそろえる総合病院から小規模の診療所(クリ ニック)と様々で、いずれも公立と私立の施設があります。

公立の医療機関は、42 の病院、47 の専門診療所、73 の一般診療所で構成され、全て香港政府(医院管理局)によって運営・管理されています。一方、私立の医療機関としては、 現在 11 つの病院が登録されていますが、これらの私立病院には最新の医療設備が備えられ ており、病院間で最新医療機器の導入を競う傾向も見受けられます。欧米に積極的に出向 いて専門分野の技術向上に努めている医師も少なくありません。

日本から留学・ワーキングホリデーで滞在することを考えると、日本語の通訳サービスや高いホスピタリティを求めるのであれば、私立病院に通院することも視野にいれておきたいですね。

メリット デメリット
公立病院

・低額な医療コスト(外科手術、入院中の費用含む) ・迅速な救急医療(24時間体制)

・予約の難しさ

・待ち時間の長さ

・日本語不可

私立病院

・医師や治療法の選択可

・一部日本語サービスの提供あり

・医療費は全額自己負担かつ高額(保険未加入の場合)

香港の私立病院の現状

香港在住の日本人の声として以下のような話もあるようです。

「香港は、医療水準が高い」ことは、それと引き換えに医療水準の高い治療を受けるためには高い医療費を支払う必要があるということを物語っています。

私立病院の多くは医師個人や、教会・宗教団体によって運営される。ほとんどが予約制をとるため、待ち時間はない。香港で先端医療を提供する私立病院関係者に話を聞いた。

「当院は、24時間緊急サービスを提供しており、一般診療をする医師だけでなく、放射線科の専門医師も常駐しています。最先端の放射線療法であるサイバーナイフやカテーテル技術も備えているので心臓手術も可能です」

 中国語・英語だけでなく日本語などの外国語が話せるスタッフがいる病院もあり、ホスピタリティも充実している。

「手術代は医師の技術力や評価によって異なります。例えば、がん細胞を取り除く外科手術でいえば20万円ですむ医師もいれば、100万円以上請求するドクターもいます。診療費や入院費もピンキリです。当院ではスタンダード(5~6人)が1日7000円ですが、VIPルームでは4万~6万円はかかります」(同前)

 治療・入院費こそ高額だが、私立病院に在籍している医師の多くは、欧米で先端医療を学んだ経験を持っている。

 香港在住の日本人が話す。

「私立医療にかかる場合、香港市民は“いい病院”ではなく“いい医者”を選びます。私立病院で働くほとんどの医者はフリーランスなので、一つの病院で働く勤務医はあまりいない。腕が良ければ有名病院から声がかかるので、収入もアップします。反対に評判が悪ければ契約を打ち切られることになる。こうした実力主義が、結果的に医療水準の向上に繋がっていると思います」

出典:週刊ポスト2012年8月17・24日号

保険Times海外保険相談

保険Timesでは、海外留学・ワーホリ・旅行保険の⑴保険料を安くしたい ⑵自分の渡航先に合った保険を選択したいといったご相談を受付けしております。国内主要保険会社プランを網羅し、保険Times独自のカスタマイズプランを用意。留学費用は総額で考えると非常に高額になるかと思いますので、少しでも留学費用全体の圧縮のお手伝いができればと思っております。LINEでのご相談メールでのご相談お電話でのご相談が可能です。LINEでは、渡航後の延長手続き保険の使い方についてのご相談も受け付けておりますので簡単・便利でおすすめです。

【各国比較】香港で盲腸に感染した場合の医療費

日本:400,000円(日本の基準額は、10割負担を想定)

香港:800,000円

 

【各国比較】香港で救急車を呼んだ場合の費用

香港での救急車利用:無料(公的病院の場合)

(一般的に、海外だと救急車の利用は有料となっております。)

 

香港での保険料請求事例

国名 事故状況 保険金支払い額(円)
香港 首の痛み・発熱・脱力を訴え受診。化膿性脊椎炎・硬膜外腫瘍・肺炎と診断され19日間入院・手術。 3,403,748
香港 往路便内で気分の悪さと発熱を訴え、到着後受診。肺炎と診断され3日間入院。家族が駆けつける。症状から現地での治療が難しいと判断され、医師が付き添いチャーター機で医療搬送。 5,422,741
香港 けいれんし、意識を失い倒れる。肺炎・敗血症と診断され16日間入院。家族が駆けつける。医師が付き添い医療搬送。 8,504,721

 

 香港留学保険を検討する上で、注意しておきたいポイント

香港留学の医療費という観点では、医療関連の専門用語の理解や、素早い対応を求めるのであれば留学保険に加入しておき私立病院に通える状態にしておくことが重要でしょう。公立病院は医療費も低額のため留学保険に加入せずに渡航することも可能かとは思いますが、いざという時に周囲の留学生や学校に迷惑をかけないという観点で事前に留学保険に加入されることをおすすめします。

保険Times海外保険相談

保険Timesでは、海外留学・ワーホリ・旅行保険の⑴保険料を安くしたい ⑵自分の渡航先に合った保険を選択したいといったご相談を受付けしております。国内主要保険会社プランを網羅し、保険Times独自のカスタマイズプランを用意。留学費用は総額で考えると非常に高額になるかと思いますので、少しでも留学費用全体の圧縮のお手伝いができればと思っております。LINEでのご相談メールでのご相談お電話でのご相談が可能です。LINEでは、渡航後の延長手続き保険の使い方についてのご相談も受け付けておりますので簡単・便利でおすすめです。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

海外保険の無料相談なら保険Times 海外保険の無料相談なら保険Times

という方々へ、保険Timesなら完全無料であなたに最適な海外保険をご提案いたします。
あなたの夢を叶えるための安心サポート。まずはお気軽にご相談ください。

海外保険の無料相談はこちら

人気の記事

最新の記事が受け取れます

Facebook

Facebookページに「いいね!」すると、
最新情報が受け取れるようになります。

Twitter

Twitterで表示して「フォローする」と、
最新情報が受け取れるようになります。

海外保険料を 最大 50% 安くする方法とは?LINE で 相談! 海外保険料を