【中国留学保険】安くする方法、中国の医療水準などを解説

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

こんにちは。保険 Times編集部です。

経済成長著しい中国。日本人留学生の人気ランキング2位に輝いているのは中国です。今後、さらに需要の高まる中国語ですが、一方で治安や暮らしやすさに不安が残るのも事実。今回は、医療費に着目して中国の事情をみていきましょう。

 

中国で病院へ行く際気をつけたいこと

 中国に滞在中にケガ・病気にかかってしまい病院に行かなければならない・・となったときに、一番に思うことは、「中国の病院って医療水準大丈夫なのかな?」といったところかと思います。まずは、中国の病院について紹介していきます。

中国の病院の等級制度について

中国の病院は、管轄によって病院のランクが決まっており、高いランクの病院ほど最新のMRIやCTといった医療機器が完備されており、日本の一流病院と変わらない程のレベル感です。

中国の病院ランク

(各級、甲乙丙の3つに更に細分化され、三級野中には特等というランクがあり全10ランクあります。)

最上位:三級病院 国・市の衛生局が管轄する病院(日本で言う厚生労働省管轄)

二級病院:区が管轄する病院(区は、省の下にある単位です)

一級病院:町や特定地域

二級は区が、一級は町や居住地で管轄を行っている病院です。二級以上の施設では、緊急性を要する診察科目に当直の医師が待機しており、原則として24時間体制で診察を行っています。医師のレベルに関しても、経験年数と試験によって日本の研修医に該当する住院医師から主治医師、副主任、主任医師に分けられます。

【中国滞在中に通院】中国の現地の方向け病院と、外国人向け病院の違いって?

 中国で診療を受ける場合には、外国人専用外来を持つ中国系総合病院や、英語や日本語で先進国と同様の医療が受けられる外資系クリニックがあります。その医療レベルも経済成長と共に進歩しています。大病院では「特需問診」という外国人専用窓口があるため、病院を利用する場合は、「特需問診」がある大病院を利用することをお勧めします。

そして、もしも中国で病院に行く際は、VIP診療での受診をされるのが良いでしょう。同じ病院のなかで、一般の診療室とは別にVIP棟があり、待ち時間が少なかったり、待合室もゆったりしていたり、言葉通り優遇されています。一般の診療と比べて、ということになりますが。中国の一般的な診療は、料金前払い制となり、受付で支払いをして、医師を選んで、外国人がよく利用する外資系クリニックは、日本人医師が常駐していたり、日本語通訳サービス等のサービスが充実しています。病院によって、18歳未満は受診不可という年齢制限を設けている場合もあります。とくに日本人の多い北京や上海では、日本人医師や日本語を話せる中国人医師が診療をおこなっている日系クリニックがあります。ただし地方都市では、外資系医療機関は少なく、十分な医療サービスが受けられるとは言えません。特に農村部では、衛生状態も悪く、医療費がそこまで高くない代わりに、満足した医療サービスは期待できません。

現地で適切な医療サービスを受けることが出来るためには、医療機関が充実した地域を選ぶことも重要となります。

中国で盲腸に感染した場合の医療費

地域 医療費
上海 112,500円
北京 45,000~90,000円
日本 400,000円

基準となる日本と比較すると、中国の医療費は比較的割安であるともとれます。ただ、こちらは中国のローカル病院での価格。日系クリニックへ通院するとなると価格は日本と同等レベルまで高騰するケースもありますので注意が必要です。

中国で救急車を呼んだ場合の費用

(東京の救急車の平均移動距離4.53kmを基準に算出)

地域 価格
上海 4,500円
北京 6,453円
日本 無料

日本では、救急車を呼ぶ際の費用は無料ですが、海外では救急車を呼ぶ費用は無料であることの方が少なく、中国も同様に有料となっています。ただ、欧米諸国と比較すると安価な価格となります。

中国での保険金請求事例

中国での保険料請求事例は以下となります。医療費は日本より安価とはいえ、外資系病院では日本と変わらない価格帯となるため、高額の保険料請求も多く発生しています。

国名 事故事例 保険金請求金額
中国 昼食中に右半身に力が入らなくなり救急車で搬送。脳梗塞・肺炎と診断され26日間入院。家族が駆けつける。医師・看護師が付き添い医療搬送。 819万円
中国 発熱・咳・頭痛を訴え受診。ウィルス性脳炎と診断され18日間入院。家族が駆けつける。 645万円
中国 首・肩の痛みが続き息苦しく寝付けなくなり受診。心筋梗塞と診断され6日間入院。家族が駆けつける。 607万円
中国 カート場で運転中に壁に衝突、腰を強打し受診。腰椎圧迫骨折・尺橈骨骨折と診断され17日間入院・手術。 414万円
中国 腹痛と背中の痛みを訴え受診。胆嚢炎と診断され4日間入院・手術。 387万円

中国の留学保険を安くする方法とは

中国の渡航を考える際、現地の医療事情やこれまでの事故事例から必要な補償内容を考えるという考え方をしています。中国では、上海・北京・香港など、物価が高騰してきている都市では医療費も高騰傾向です。上記、高額保険金請求事例を見ると最大819万円となっていますが、それ以上の費用負担が発生する可能性はあるでしょう。また、物の盗難なども中国の治安状況を鑑みると補償をつけておきたいポイントです。これらを押さえた上で、医療搬送が発生するような大きな事故まで補償とするのか、通院や軽いケガレベルまでの補償に抑えるかで保険料が変わってきます。物の補償も、そこまで高価なものを持っていかない場合は補償を外すとさらに保険料を下げることが可能です。

上記を考慮しながら、補償充実プラン、補償通常プラン、補償少ないプランの3つに切り分けてどこまでの補償を入れ込むか・削減するかを考えることが重要です。ご自身の健康状態などを吟味しながら、最終的にどのプランにすることがいいか決定してくプロセスがいいでしょう。以下のプラン例は、あくまで一般的な補償内容を入れたものではありますが、同じような補償内容でも保険会社ごとに保険料が異なる点を確認いただければと思います。さらなるカスタマイズを実施する場合は、保険Timesまでお問い合わせいただければと思います。

中国留学保険のご相談はこちら

3ヶ月渡航の場合の補償カスタマイズのポイント

補償面 Aプラン Bプラン Cプラン Dプラン
傷害死亡 1,000万円 1,000万円 1,000万円 1,000万円
傷害後遺障害 1,000万円 1,000万円 1,000万円 1,000万円
治療・救援費用 無制限 3,000万円 3,000万円 無制限
緊急歯科治療費用 10万円
疾病死亡 1,000万円 1,000万円 1,000万円
賠償責任 5,000万円 1億円 1億円 1億円
携行品損害 30万円 10万円 50万円
生活用動産 100万円
航空機寄託手荷物遅延等費用 10万円 10万円 10万円
航空機遅延 2万円  2万円 2万円
テロ等対応費用 1万円
弁護士費用 100万
保険料 49,310円 43,090円 50,040円 60,590円

上記は、保険プランの一例となります。3ヶ月の保険プランを選ぶ際補償内容の充実度合いによって約3万円〜約6万円程度の範囲の保険料となります。

6ヶ月渡航の場合の補償カスタマイズのポイント

補償面 Aプラン Bプラン Cプラン Dプラン
傷害死亡 1,000万円 1,000万円 1,000万円 1,000万円
傷害後遺障害 1,000万円 1,000万円 1,000万円 1,000万円
治療・救援費用 無制限 3,000万円 3,000万円 無制限
緊急歯科治療費用
疾病死亡 1,000万円 1,000万円 1,000万円
賠償責任 5,000万円 1億円 1億円 1億円
携行品損害 30万円 10万円 50万円
生活用動産 100万円
航空機寄託手荷物遅延等費用 10万円 10万円 10万円
航空機遅延 2万円  2万円 2万円
テロ等対応費用 1万円
弁護士費用 100万
保険料 101,430円 91,780円 113,870円 131,210円

上記は、渡航期間6ヶ月の保険プランの一例となります。半年間の留学保険の保険料は補償内容の充実度合いによって約6万円〜約12万円程度の範囲の保険料となります。

1年渡航の場合の補償カスタマイズのポイント

補償面 Aプラン Bプラン Cプラン Dプラン
傷害死亡 1,000万円 1,000万円 1,000万円 1,000万円
傷害後遺障害 1,000万円 1,000万円 1,000万円 1,000万円
治療・救援費用 無制限 3,000万円 3,000万円 無制限
緊急歯科治療費用
疾病死亡 1,000万円 1,000万円 1,000万円
賠償責任 5,000万円 1億円 1億円 1億円
携行品損害 30万円 10万円 50万円
生活用動産 100万円
航空機寄託手荷物遅延等費用 10万円 10万円 10万円
航空機遅延 2万円  2万円 2万円
テロ等対応費用 1万円
弁護士費用 100万
保険料 209,680円 196,500円 199,680円 253,020円

上記は、渡航期間1年の保険プランの一例となります。1年間の留学保険の保険料は補償内容の充実度合いによって約14万円〜約27万円程度の範囲の保険料となります。

留学する上で、注意しておきたいポイント

中国でも、高額の医療費請求事例もいくつかありますので海外旅行保険勧誘は必須だと思います。注意しておきたいポイントは、上述させていただきましたが、キャッシュレス病院が渡航先エリアの近くにあるのかどうか、日本語が通じるクリニックや病院が渡航先エリア近くにあるかどうかを事前に確認しておきたいですね。英語圏と違い、中国語圏は中国語がほぼ話せないし理解もできないというレベルの方の渡航が非常に多くなります。英語圏は、ゆっくり話してもらえば理解できる、文章化はできないけど、単語なら理解できるという人が大半でしょう。想定外の出費や心配を防ぐためにも、海外旅行保険の加入を検討されてはいかがでしょうか。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

海外保険の無料相談なら保険Times 海外保険の無料相談なら保険Times

という方々へ、保険Timesなら完全無料であなたに最適な海外保険をご提案いたします。
あなたの夢を叶えるための安心サポート。まずはお気軽にご相談ください。

海外保険の無料相談はこちら

人気の記事

最新の記事が受け取れます

Facebook

Facebookページに「いいね!」すると、
最新情報が受け取れるようになります。

Twitter

Twitterで表示して「フォローする」と、
最新情報が受け取れるようになります。