カナダの治安・医療事情からみる最適な留学保険は?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

日本人渡航先ランキングでは9位(JNTO HPから抜粋)という人気渡航先であるカナダ。英語も学べたり学問水準も高いことから、留学先としても大人気です。今回は、そんなカナダに胸膨らませて渡航されるにあたって、現地の治安・医療状況を踏まえて、加入した方が良い保険内容についてまとめました。また、カナダの医療費は、非常に高額だ!といったお話や、カナダは医療費無料のため健康保険制度が整っているといった定義の異なる内容が散乱してしまっていますので、そういったことも踏まえて改めてカナダの現状をまとめていますのでご確認ください。

記事のポイントこちらの記事にありますとおり、カナダでは保険金請求事例で約7000万円となっており、事故や病気による高額支払いリスクが発生する可能性があります。一方、留学保険における保険料金は一般的には年間25万円前後と留学費用全体から考えると大きなウェイトを占めることとなります。今回の記事では治安状況や医療状況をかんがみたプラン例も提示しておりますが、保険Timesでは、留学エージェントから提示された年間25万円の保険料から必要な補償を残しながら14万円/年前後まで抑えられたといった実績が多数ございます。費用面でも心理面でも安心して渡航するためにも、是非一度保険Timesまでご相談ください
<<保険Timesへのご相談はこちら>>

カナダ留学する際に保険加入は必須なの?

カナダはワーホリの際には保険加入しないと、そもそもワーキングホリデービザがおりないのですが留学にあたっては特にそのようなきまりはありません。

しかしながら後ほど述べますカナダの医療事情で述べた様に、医療については国民皆保険制度になっており、外国人が治療を受ける際には高額の医療費が必要となってきます。

また治安状況についても諸外国の中では比較的安全ですが、日本に比べるとまだまだ危険なところといえますので、医療費や物が盗まれてしまった際の補償のセーフティネットとしての保険加入の必要性についておわかりいただけると思います。ややオーバーな表現となり恐縮ですが、保険に加入しないままカナダに留学するのは半ば自殺行為と言えます。

カナダの治安状況

カナダといえば、アメリカのお隣の国というイメージが強いですが、実際にはアメリカと違い、治安は良いほうだといわれています。しかし、日本に比べると、10万人当たりの警報犯罪発生件数は日本より高い水準にあるといわれており、外務省のデータによると日本の約5倍の犯罪発生率と言われており、日本と同じような意識では危ないことが分かります。ここでは、留学生に人気の都市(バンクーバー・トロント・オタワ・モントリオール)ごとにカナダの犯罪率・交通事故などをまとめました。

バンクーバーの治安状況まとめ

バンクーバーでは、人口比率で加算すると、東京都の約5倍の比率で犯罪が発生しています。この中でも窃盗が半分を占めています。北米において比較的治安が良好であると言われておりますが、2009年以降銃器を使用した凶悪犯罪が高止まり傾向にあります。特に、最近では複数の犯罪組織による対立抗争で発砲事件が多発しており、一般人が巻き込まれる被害も出ているほか、窃盗、強盗、暴行及び性犯罪の被害も少なくはありません。

トロントの治安状況まとめ

トロント大都市圏を含むオンタリオ州で、近年、邦人がテロ等の凶悪犯罪に巻き込まれたという報告はありませんが、銃器を使用した殺人及び未遂事件は増加しており、事件の犯人が低年齢化の傾向にあります。

2014年の交通違反・事故の総犯罪件数は、前年と比べ、11.2%減の108,307%となっています。性犯罪では、12~17歳が被害者全体の21.9%、18~24歳が24.1%となっております。

トロントは、日本に比べると、市中に出回る銃器は多く、発砲事件が麻薬の流通や密売に絡む犯罪組織と密接に関わっている場合が多いと指摘しています。

モントリオールの治安状況まとめ

ケベック州のモントリオールでの犯罪発生件数は、減少傾向にあります。下図は、ケベック州モントリオール市警察管轄内犯罪発生件数を表しています。

2016年 2015年 増減率
殺人 23件 29件 ▲20.69%
殺人未遂 74件 79件 ▲6.33%
暴行 9,592件 9594件 ▲0.02%
強盗 1,991件 2,096件 ▲5.01%
性的暴行 1,869件 1,653件 +13.06%

出所:モントリオール市警察資料

また、モントリオール市は特に危険な地域がありませんが夜間の一人歩きなどは極力避けるなど十分に注意しましょう。2016年1月末に市内のイスラム教施設で起こった銃乱射事件を受けて、治安維持のための対策が強化されていますが、日本人や日本の権益を狙った脅威の存在は確認されていないそうです。

オタワの治安状況まとめ

オタワ市の犯罪発生率は人口10万人当たりにつき3,235.6件であり、日本(935.8件)と比較すると、約3.5倍と高い水準にあります。2016年中に年間の殺人事件の発生件数が過去最高の24件を記録したほか、ギャング絡みの発砲・暴力事件や一般市民の財産を狙った犯罪(侵入窃盗、車上狙い、自動車盗難、置引き等)の増加傾向が危惧される状況にある等、オタワ市の治安は決して安全と言い切れません。下図は、過去のオタワ市における犯罪認知件数です。

2015年 2014年 増減率
強盗 517件 445件 ▲1.1%
暴行・傷害 2,800件 2,774件 +0.9%
侵入盗難 2,237件 2,038件 +9.8%
自動車盗難 819件 818件 +0.1%

出所:オタワ市警察統計

カナダの医療事情

カナダの医療費って無料なの?それとも高額?

インターネット上で、カナダの医療費について検索すると非常に高額であるという記載と無料であるという記載が混在しておりかなりわかりにくい状態となっているなと感じております。まずは、カナダの医療費で何が高額でどうなったら無料になっているのかをご説明させていただきます。

カナダの医療保険制度は、メディケアという国民皆保険制度を導入しており、原則として患者の医療費負担はなくカナダ国民は無料で治療を受けられることとなっています。一部、歯科治療、処方箋(入院中は無料)、リハビリ治療は個人負担となっています。ただ、留学生やワーホリで来る場合に関しては、治療費などすべて有料となっておりますので非常に高額な医療費を支払う必要があります。

カナダで治療を受けるためには、まずGPと呼ばれる地域のかかりつけ医で診察を受け、高度な診査・診察が必要な場合は専門医を紹介してもらうという流れになっています。以下は、GPから専門医を紹介してもらえるまでの時間の州別データとなります。以下によるとGPの診察を受けてから専門医の治療を受けるまでは平均的に20weeks=5ヶ月程度かかってしまいます。ですので、カナダの人口が3,500万人のうち、3.5万人(国民全体の0.01%)の人が国外で治療を受けています。医療費が無料であることの反面、国内で治療が受けられないというのは本末転倒ですね。

 

病院の種類

カナダの病院・クリニックのほとんどが政府系の公立病院です。
私立の病院・クリニックは非常に少ないです。
病院の種類は、入院施設のある総合病院、専門病院、クリニックとウォークインクリニックで成り立っています。

街のいたるところに、クリニックを見かけると思うのですが、これらは地元の人のための予約制のクリニックなので、海外旅行者は断られることが多いので注意です。

海外渡航者が行ける病院は限られている

では、滞在期間中に具合が悪くなったらどうしたら良いでしょうか?
海外渡航者は、「ウォークインクリニック」および「総合病院のER」に行きます。
しかし、地元の人も、急ぎの場合はウォークインクリニックを利用しているので、いつも混み合っています。たいてい1−2時間待つことになりますが、たまに予約も受け付けてくれることがあるので、保険会社を通して問い合わせてみると良いでしょう。

ウォークインクリニック?それとも総合病院?

保険会社に問い合わせれば、行くべき病院を指定してもらえるとは思いますが、
一般論としては風邪、腹痛、捻挫などの緊急性の低い症状はウォークインクリニックの管轄です。
出血量が多い、症状が強いなどの場合は総合病院のER(緊急外来)になります。

ちなみに、ERは混み合っていることが多く、事故や意識がないなど一刻を争う事態以外は、数時間待たされることが多いです。またカナダの病院は国や州が運営しているため、あまり融通が利きません。
バンクーバーなどの大都市では、海外保険対応にも慣れていて、日本語可能、キャッスレス可能というクリニックはあります。

しかし、大都市以外で、緊急時に総合病院にかかる場合は、治療費建て替えが一般的と思ったほうが良いでしょう。キャッスレス不可な場合でも、保険会社が病院と話して解決してくれる場合があるので、病院にかかる前に加入してる保険会社に問い合わせてみましょう。

海外での事故でも安心、海外留学保険の日本語医療通訳サービス

これは知る人ぞ知る裏技です。
日本からの旅行者の多い都市では、日本語の医療通訳サービスがあります。
医療通訳サービスを使うと、通訳のみならず、病院の手配、送り迎え、キャッスレス対応まで、治療に関わる全てをサポートしてもらえます。

日本の海外留学保険に加入していれば、自己負担は0円でこのサービスを受けられます。
筆者も、膝の手術の際に、通訳サービスを使いました。
何から何までお世話になり、治療費の額も知らないまま、安心して治療に専念できました。

以下、メジャーな都市での医療通訳サービス一覧です。

バンクーバー

Trans Med
メインランドクリニック 604-339-6777
コーストメディカルクリニック604-720-0777
時間外救急専門 604-720-7894

https://www.sp.transmedcanada.com/iryotsuyaku

ウィスラー
ジャパナダエンタープライズ
*ウィスラーに行く予定の方は、出発前・ウィスラー到着後に安心カードに登録しましょう。
604 – 932 – 2685
http://www.japanada.com/service/staying/hospital.html

バンフ
キュアヘルプライン
403-762-7771
http://www3.telus.net/banfftimes/CubeHelp/cubehelp.html

トロントエリア
エムシーアイクリニック
416-820-5448
https://www.sp.transmedcanada.com/iryotsuyaku

WELLNESS KIZUNA
647-628-0023
http://wellness-kizuna.com

上記以外の都市は、保険会社に連絡の上、指定された病院で治療を受けることになります。
病院でのやり取りは全て英語ですが、カナダは移民の国なので、アクセントのある英語も割と理解してくれます。物怖じせずに、ドクターに症状を話してみてください。

カナダ留学保険のご相談なら

カナダでの医療費はどの位?事例とともにまとめてみました

では不運にもカナダで病気や怪我に見舞われた際に、いったいどのくらいの医療費がかかるのでしょうか。

まずはこちらで参考までに代表的な病気やトラブルにおいて、各項目ごとに日本とカナダとで比較してみます。。(※日本の場合は10割負担で算出してあります)

代表的な医療項目あたりの費用一覧

No 項目 費用 日本(参考)
1 救急車の料金 ①公営:42,300円
②民営:通常利用しない
①無料
②通常利用しない
2 初診料 11,200円~12,000円 2,820円
3 病院部屋代
(1日当たり)
①個室:297,300円
②ICU:788,900円
①個室:30,000円~100,000円
②ICU:80,000円~100,000円
4 虫垂炎手術の治療費 ①総費用:812,500円
②平均入院日数:2日
①600,000円
②4日間
5 骨折時の治療費
(橈骨末端閉鎖性骨折)
79,400円 20,000円
虫歯治療 35000円 5000円

ここで注意したいのが、虫歯治療です。カナダに限らず外国は歯科治療費が概して高額です。これは日本と違い歯科治療行為は、外国では美容整形等と同じく、医療行為とみなされない傾向からそうなっています。

実際に起きたケースから見るカナダの保険料請求事例

では次に実際に発生したケースをいくつか抜粋したものが以下です。これを見ると、カナダは非常に高額保険金請求事例が多い国であることがわかります。

事故状況 保険金支払額
強い腹痛を訴え救急車で搬送。
憩室炎と診断され5日間入院。家族が駆けつける。
3,300,000円
40度の熱が10日間続き受診。
肺炎と診断され10日間入院。
3,160,000円
激しい腹痛・嘔吐のため受診。腹膜炎・穿孔性憩室炎と
診断され、11日間入院・手術。家族が駆けつける。
看護師が付き添い医療搬送。
13,596,808円
車の助手席に同乗中にトラックと衝突事故。
腰部骨折で18日間入院後、救援者1名が付き添い帰国。
9,704,390円
観光中に水溜りで足が滑り転倒。大腿骨骨折と診断され
11日間入院・手術。家族が駆けつける。看護師が付き添い
医療搬送。
6,421,469円
ゴンドラ乗り場の階段で転倒し腰と太ももを強打。
大腿骨骨折と診断され7日間入院・手術。家族が駆けつける。
4,580,802円
バンクーバー発の列車内で息苦しくなり、途中下車し
救急車で搬送。急性冠症候群と診断され現地病院から
チャーター機でシアトルまで医療搬送し43日間入院・手術。
家族が駆けつける。看護師が付き添い医療搬送。
37,000,545円
背中と胸の苦しみを訴え受診。気胸と診断され10日間入院・
手術。家族が駆けつける。
3,650,415円
意識が朦朧として立つことができず救急車で搬送。脳幹梗塞
診断され42日間入院。家族が駆けつける。医師・看護師が
付き添いチャーター機で医療搬送。
70,810,000円
発熱・呼吸困難を訴え受診。肺炎と診断され21日間入院・
手術。家族が駆けつける。
12,810,000円
ソファーに座って団らん中、急に胸が痛み救急車で搬送。
狭心症と診断され11日間入院・手術。家族が駆けつける。
6,680,000円
道を歩いている際に意識を失い転倒、膝を強打し救急車で
搬送。膝蓋骨骨折と診断され6日間入院・手術。
5,840,000円
腹痛・高熱で震えが止まらず救急車で搬送。胆嚢炎と診断
され6日間入院・手術。家族が駆けつける。
4,470,000円
自転車で走行中に転倒し救急車で搬送。硬膜下血腫・
肩甲
骨骨折と診断され27日間入院・手術。
3,980,000円
バス降車時に貧血で意識を失い転倒、顔を強打し救急車で
搬送。頭蓋骨・下顎骨折と診断され3日間入院・手術。
3,830,000円

ではカナダではどんな保険に入ればいいの?

 ここまでの記事を見てわかる事は、犯罪発生率が日本に比べて高い事と、医療費がとんでもない額になってしまうという事です。となると
・窃盗等の被害にあった際に一部をカバーしてくれる「携行品損害」
・治療や救援費についての補償が厚い
・留学等長期にわたって滞在する場合は、住んでいるアパート等でものが盗まれたりする場合に備えて「生活用動産補償」
といった項目がチェックすべきポイントといえます。
治療・救援費に関して細かく言うと、前述の保険料請求事例にある超高額請求事例は、重篤な症状を発症し、「チャーター機で搬送」されるという共通点があります。つまり一刻を争うような重篤な病気にかかるリスクがあり、その際に確実に日本や他医療施設の整った大都市に迅速に医療搬送される事を希望される場合は、救援費・治療費は高額な補償がついてくるものが良いといえます。
海外留学保険を検討される上で、治療・救援費をいくらまでつけるべきか?というご質問も多くいただきますが、医療費の高いカナダの場合は3,000万円が一つの基準となります。本人の健康状態や、保険料との兼ね合いで、もちろん1,000万円や2,000万円の治療救援費で渡航される方もいらっしゃいますので、ご相談いただければと思います。
 では、3か月・6か月・1年で代表的な保険プランについてみていきましょう。

具体的な保険プラン例

3ヶ月渡航の場合の補償カスタマイズのポイント

補償面 Aプラン Bプラン Cプラン Dプラン
傷害死亡 1000万円 1000万円
傷害後遺障害 1000万円 1000万円 1000万円 1000万円
治療・救援費 無制限 無制限 3000万円  
疾病死亡 1000万円 1000万円
傷害治療費用(治療費)       3000万円
疾病治療費用(治療費)       3000万円
救援者費用(救援費)       1000万円
個人賠償責任 1億円 1億円 1億 3000万円
携行品損害 40万円 30万円 10万円  
飛行機手荷物遅延     10万円  
飛行機遅延費用     2万円  
生活用動産 40万円 30万円   30万円
保険料 57,420円 48,180円 43,090円 40,120円

カナダ渡航3ヶ月のケースでは、Dプランが最も良いでしょう。Dプランは携行品損害補償が無い様に見えますが「生活用動産」はそれをカバーしてくれます。歯科治療をあらかじめ日本で済ませておいて、Dプランを選ぶのが第一の選択肢になります。治療・救援費を1,000万円、2,000万円だと下げていくとさらに保険料を引き下げることは可能です。

治療・救援費が「無制限」となっているAプランやBブランで大きな安心を買う、ご家族を残したうえで留学などされる方は、万が一のことも考えて傷害死亡もついたAプランやCプランという選択肢もおすすめです。Aプランは保険料は高いですが、とにかくすべての補償が手厚いので、留学に向けての手続き等の準備で忙しい中あれこれ悩んだりする必要が無い、というのがポイントです。

6ヶ月渡航の場合の補償カスタマイズのポイント

補償面 Aプラン Bプラン Cプラン Dプラン
傷害死亡 1000万円 1000万円
傷害後遺障害 1000万円 1000万円 1000万円 1000万円
治療・救援費 無制限 無制限 3000万円  
疾病死亡 1000万円 1000万円
傷害治療費用(治療費)       3000万円
疾病治療費用(治療費)       3000万円
救援者費用(救援費)       1000万円
個人賠償責任 1億円 1億円 1億 3000万円
携行品損害 40万円 30万円 10万円  
飛行機手荷物遅延     10万円  
飛行機遅延費用     2万円  
生活用動産 40万円 30万円   30万円
保険料 117,660円 98,930円 91,780円 85,120円

カナダ渡航6ヶ月のケースでも、Dプランがコストパフォーマンス的に優れています。

1年渡航の場合の補償カスタマイズのポイント

補償面 Aプラン Bプラン  Cプラン Dプラン
傷害死亡 1000万円 1000万円
傷害後遺障害 1000万円 1000万円 1000万円 1000万円
治療・救援費 無制限 無制限 3000万円  
疾病死亡 1000万円 1000万円
傷害治療費用(治療費)       3000万円
疾病治療費用(治療費)       3000万円
救援者費用(救援費)       1000万円
個人賠償責任 1億円 1億円 1億 3000万円
携行品損害 40万円 30万円 10万円  
飛行機手荷物遅延     10万円  
飛行機遅延費用     2万円  
生活用動産 40万円 30万円   30万円
保険料 241,930円 204,450円 196,500円 175,600円

1年渡航ともなると、Dプランのコストパフォーマンスが圧倒しています。Cプランになると「生活用動産」が無いので1年もの滞在期間中に生活しているアパートで盗難にあった際に、補償がされない事になるため、ここもコストを気にしつつカスタマイズしていくならDプラン・細かい事を考えずにとりあえず安心を買うならAプランといった感じでしょうか。

クレジットカード付帯の保険でも大丈夫?

クレジットカードをお持ちの方は、そちらに自動的に付帯されている海外保険の内容でも大丈夫なのでは?と思われる方もいるかもしれません。

しかしながら、こういったクレジットカードに付帯される保険の補償内容には、長期滞在にあたり必要性の増してくる携行品損害(生活用動産)補償がなかったり、治療・救援費が100万円程度しかつかない、救援費が保障項目としてつかない場合がある、そして何よりも適用期間が90日しかつかない場合がほとんどです。これでは海外旅行ならともかく、留学等で長期滞在する場合はなんとも心もとないです。

カナダに限らずいえることですが、渡航目的や渡航先の状況に応じて必要であればきちんと海外保険に加入しておく方がベターでしょう。意外にこの部分はご存じない方も多いですので、下記記事で詳細を解説しています。ぜひご参照下さい。

カナダ現地での医療保険の活用

カナダは、外国からの留学生も多い事からそういった方向けに、現地の留学保険もあります。これらについて代表的なものを見ていきましょう

カナダ留学生医療保険

これはその名のとおり、カナダに留学目的で渡航した外国人で、政府の指定する学校に入学する場合に加入できる保険です。医療保険ですので、緊急時の診察・手術や搬送・入院といった医療行為全般に対して補償してもらえます。最高補償限度額は200万ドル、保険料は1日あたり(海外の保険は通例日割り計算です)1.6ドル、最高加入期間は1年間となっています。これらは提携している病院に限りキャッシュレス診療も可能で、日本語対応も現地オフィス経由で可能です。

カナダビジター医療保険

これはカナダに留学以外の目的で渡航した外国人でも加入できるものです。これも医療行為全般に対しての補償がしてもらえます。また特徴として補償限度額を自身で選択する事も可能です。現状では補償額を10,000, 25,000, 50,000, 100,000, 150,000ドルの中から選択可能です。保険料は1日あたり5万ドルを補償額とした20代の場合約3ドル、最高加入期間は1年間となっています。カナダ留学生医療保険に同じく、提携している病院に限りキャッシュレス診療も可能で、日本語対応も現地オフィス経由で可能です。

これらを先述の国内保険会社の保険プランの1年間のものと比べると、一見割安に見えますが日本の海外保険と異なり携行品損害(生活用動産)や個人賠償責任に対しての補償がありません。つまりホームステイ先で何か物を破損してしまったり、アパートで盗難にあった際の補償が無いという事です。「医療保険」なので当然なのですが、これらがつかないので、はじめの一年間は国内保険会社の海外保険に加入し、慣れてきた2年目以降はこれらの活用も検討する、といった使い分けがベターと言えます。

実は国民健康保険も活用できる?

実は海外滞在中にかかった医療費は、国民健康保険に加入している場合は、帰国後に請求できます。日本国内での治療費と同じく、支払限度額は日本の治療費に換算した額の7割です。語学留学等、比較的短期間の留学の場合などは住民票をそのままにして渡航される方も多いと思いますので、必要に応じて請求が出来るという点は見逃せないポイントです。

ただし注意しなければならないポイントとして、「日本の治療費に換算した額の7割」となっている事があげられます。カナダの医療費が非常に高額なことは前述したとおりですが、日本の相場に換算するとほんのわずかだった・・というケースも考えられます。また、当然後から請求するので最初に診察等を受ける場合の医療費は、全額自己負担となってしまいます。また、帰国後の請求の為に現地の診察書や診断書を日本語に訳したり等といった作業が必要だったり申請がやや煩雑だったりします。ですのでこれらは留学保険の補足的なものとして考えておいた方がよいでしょう。とりあえず国保に入っているので、ちゃんと請求できるものは請求しておこうかな、位に考えておくといいかもしれません。

詳細な手続きその他については国民健康保険ガイドにある海外で治療を受けたとき(海外療養費)をご覧下さい。

ベストな保険プランを納得ゆくまで考えたい方へ

ここまで紹介したうえで、ご自身でどの保険に加入するのがベストな選択肢なのか判断が難しい・選んだプランが最適なのか不安、もっと自分好みに補償項目をカスタマイズしたい、といった方もいらっしゃると思います。そんな方のために保険Timesでは海外に渡航される方の目的や渡航期間・個人的に気になられている事等に応じて、最適な保険プランをご提案させていただいた実績がございます。実際にカナダに留学で1年間滞在された方は保険Timesに以下のようなご相談をいただきました。

カナダに留学で1年間渡航されたお客様のご相談事例

渡航国 カナダ
渡航目的 留学
渡航期間 1年
保険選びで
困っていたこと
自分に合った保険がわからなかったのですが、それでも出来るだけ安く抑えたかったので、カスタマイズすると言う手段もありましたが、なにを削るべきか知識がないため決断できませんでした。
保険Timesに
相談してみて
親身になって相談にのっていただき、複数の提案の中で比較して決めることができたため安心して契約できました。

保険Timesではカナダにおいては留学以外でもご相談いただいた事例もございます。またカナダのみならず、様々な国・渡航目的・渡航期間に対して最適な保険プランをご提案させていただきました実績がございます。line・電話・メールでお気軽に問い合わせ可能ですので、ぜひご検討下さい。

まとめ

カナダへ留学で渡航する場合は、高額な医療費がかかってしまうということは事実です。ですので、渡航するエリア・渡航期間、滞在先(ホームステイなのか、寮なのか賃貸なのか)ということを含めながら最適な保険を選択していきましょう。インターネット上では情報が非常に多く、何が本当なのかわからないことも多々あると思いますので、保険Times編集部でも、ご相談を受付しておりますのでご連絡ください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

海外保険の無料相談なら保険Times 海外保険の無料相談なら保険Times

という方々へ、保険Timesなら完全無料であなたに最適な海外保険をご提案いたします。
あなたの夢を叶えるための安心サポート。まずはお気軽にご相談ください。

海外保険の無料相談はこちら

人気の記事

最新の記事が受け取れます

Facebook

Facebookページに「いいね!」すると、
最新情報が受け取れるようになります。

Twitter

Twitterで表示して「フォローする」と、
最新情報が受け取れるようになります。

海外保険料を 最大 50% 安くする方法とは?LINE で 相談! 海外保険料を