【必見】ベトナム旅行に向けて加入しておくべき海外保険の魅力

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

近年、生春巻きやフォーなど、ヘルシーフードが日本人にも人気であるベトナム。日本の主要空港から約6時間でアクセスすることができ、その近さと旅行代金の安さから人気上昇中の旅行地です。ハノイを中心街とし、現在でも古き良きベトナム文化が色濃く残っています。

そんなベトナムに対して皆さんはどのようなイメージをお持ちでしょうか?様々なイメージがあるかと思いますが外国ですから皆さまの知らない面もたくさんあるかと思います。知らない面がたくさんあるからこそ、危険やリスクもたくさん潜んでいるのです。そのシチュエーションで海外保険に加入せずに渡航しようとお考えになられていませんか?そのような考えで渡航してしまうと、事件や事故に遭った際に自分自身では抱えきれないリスクを背負ってしまう可能性があります。それをカバーしてくれるのが保険です。今回はそんなベトナム旅行での海外旅行保険の重要性について考えていきましょう。

記事のポイント今回の記事にありますとおり、ベトナムは犯罪発生率が日本に比べ高いのと、日本人は金品等を奪われてしまう犯罪にまきこまれやすく、また重篤な症状に発展する可能性のある感染症のリスクがあるといえます。詳細は以後に述べてあります記事を参考にされたうえで、しっかりとセーフティネットとしての保険の加入をお勧めします。保険Timesではこれら海外での保険料に関して、渡航される皆様の状況に応じたきめ細かなサービスを提供してまいりました実績がございます。不安を取り除いたり、滞在費を抑える方法の一つとしてご活用ください。<<保険Timesへのご相談はこちら>>

気になるベトナムの治安について

旅行を考えるにあたって、皆さんが気にされるのがこの治安についてです。そこでベトナムでの治安等について調べてみました。2016年にベトナム国内で発生した全体の犯罪件数は5万4,511件、犯罪検挙件数が4万2,558件、被逮捕者数が8万210人です。また、現在外務省の海外安全ホームページで渡航に際して危険スポット等の警告は出されていません。発生している犯罪の中でも旅行者が注意すべき犯罪とはどのようなものがあるのでしょうか?旅行中でも皆さんがしっかりと警戒して渡航できるようにここでご紹介していきます。

ひったくり、スリ

バイク大国とも言われているほどのベトナム。その中でバイクを使ったひったくり事件も発生しています。二人乗りのバイクが後方から近づき、追い越しざまにバックなどをひったくり、逃走していく事件が繁華街を中心に発生しています。そこで気をつけたいのがバッグごと、特に斜めかけバッグなど、被害者がバッグと共に引きずられてしまったり、転倒して怪我を負ってしまうパターンです。最近ではタクシーの乗降り時を狙ったひったくりも急増しています。また、混雑している市場やショッピングモール、列車内などでスマートフォンや財布などが盗まれるという事件も多数発生。旅行中は派手なバッグやハンドバッグなどは避け、お金持ちだと勘違いされにくい格好をしたり、バッグはジッパー付きのものを選ぶなどの対策も必要です。

タクシーを使った詐欺

ベトナムには前輪2輪、後輪1輪の自転車型のタクシー、「シクロ」が街中を走っています。これを使った詐欺も多数発生しているようです。それが乗車前に運賃交渉をしたにも関わらず、降車時に交渉金額以上を請求されてしまうという詐欺。その他にも運転手オススメの飲食店に連れて行かれ、高額な飲食代を請求されるというものです。それを断ると貴金属や時計など、暴力を使って無理やり奪われてしまうのだとか。そういったことを避けるためにもホテルでタクシーを手配してもらったり、運賃の相場を事前に確認しておくなどするようにしましょう。

いかさま賭博詐欺

観光地を散策していると現地人が英語やカタコトの日本語で話し掛けてき、そこから仲良くなり、家に招待されます。そこで談話が始まり、外国でカジノディーラーをしているという親戚が現れ、カードゲーム(ブラックジャックや賭博など)のやり方を教えられ、参加を勧められます。その後、お金持ちの友人と称する者が現れ、実際にゲームが始まっていくのです。はじめは勝ち続けるのですが掛け金が多くなるに連れて負けも多くなり、最終的に被害者の手持ち現金がなくなってしまうとクレジットカードで貴金属を買わされたり、ホテルまでわざわざ現金を取りに帰らせたりするのだとか。そういった詐欺に引っかからないためにも知らない人にはついていかない、簡単に信用しないようにしましょう。

 

ベトナムで実際に起こった医療搬送費の実例

ベトナムで実際に起こった医療搬送費の実例をここでご紹介したいと思います。

①保険金支払額:968万円

心筋梗塞が起こり、チャーター機でバンコクまで医療搬送。その後、12日間の入院を余儀なくされる。

②保険金支払額:459万円

足がもつれてしまい、その衝動で転倒。病院にて心不全・心筋梗塞・心房細動と診断され、現地病院から設備が整った病院へ搬送後9日間入院を余儀なくされる。医師と看護師の付き添いの元で日本へ医療搬送。

③保険金支払額:448万円

手足のしびれと感覚麻痺を訴え受診したところ、硬膜下血腫と診断される。手術と15日間入院を余儀なくされる。医師と看護師の付き添いの元で日本へ医療搬送。

ベトナムの海外旅行保険を安くする方法とは?

 

ベトナムで日本語が通じる便利な病院

万が一の時、日本語の通じない病院で治療を受けるのはやはり不安ですよね。安心して治療を受けるためにも日本語の通じる病院がベストです。そこでベトナムで日本語の通じる病院をご紹介していきましょう。

ロータスクリニック

こちらはベトナム初の日系の病院です。受付や医師ともに日本語対応可能。健康に関する相談から手術まで日本人が対応してくれるようなので安心して受診が可能です。

病院名:ロータスクリニック

診療時間:(月~金) 9:00~12:30、14:00~18:00 (土) 9:00~13:00

電話番号:(08)38270000

 

ファミリーメディカルプラクティス

ベトナムの便利な所に位置している病院です。日本人医師が常駐しており、日本語での相談や処置も受けることができるので、こちらでも受信が可能です。

病院名:ファミリーメディカルプラクティス

診察時間:(月~金)8:30~17:30 (土)8:30~12:30

電話番号:(08)38221919(日本語対応) 、(08)38227848(24時間受付)

 

インターナショナルSOS

世界中に医療機関を展開しているインターナショナルSOSがホーチミンにもあります。そこ以外にもハノイ、ブンタウにも展開されています。日本人医師が常駐しており、日本語での相談や処置も受けることができるので、こちらでも受信が可能です。

病院名:インターナショナルSOS

診察時間:(月~土)8:00~18:00

電話番号:(08)38298424 (24時間受付)

 

ベトナムで気をつけるべき健康面について

皆さんに知っておいていただきたいのがベトナムでの健康面についてです。外務省の海外安全ホームページにもいくつか健康面についての注意事項がいくつか書かれています。

 

①デング熱

メコンデルツを中心に、ベトナム南部では雨季になるとデング熱が流行するようです。このデング熱はデングウイルスによる感染でネッタイシマカやヒトスジシマカによって感染します。また、デング熱と同様にジカウイルス感染症が流行しており、2016年9月時点で日本の厚生省によりベトナムをジカ熱の流行地に指定されました。そして、デング熱は特効薬やワクチンがないため長袖、長ズボンを着用するなどし、蚊に刺されないようにしましょう。

②マラリア、ペスト、コレラ

世界保健機構(WHO)はベトナム全土をマラリアの流行地域,ペストあるいはコレラを一部の地域で流行地域としています。また、都市部でのマラリア感染の可能性は低いとされていますが、中部山岳地域を旅行する際には感染の可能性があることから抗マラリア薬の予防内服等を考慮するように勧められています。その他にB型肝炎ウイルス陽性率も高く、性感染症をはじめとし、HIV感染者が増加傾向にあるようです。

③結核

ベトナムでは結核罹患率が日本の10倍と非常に高い数値が報告されています。世界保健機構(WHO)では世界の結核まん延国22カ国中でもワースト12位にランクされているほどです。感染経路としては咳やくしゃみからの空気感染が多く、身体の免疫が弱っていると感染しやすくなるようです。うがい、手洗いなど旅行中は特に心がけるようにしましょう。

 

上記で書いたように様々なリスクが海外渡航には付き物です。それらの病気などもカバー、サポートしてくれるのが海外保険の役割の一つであります。海外保険に加入すべき理由というのは上記で挙げた以上にたくさんあるのです。それをより感じてもらうために海外保険加入についてのメリットをご紹介していきましょう。

 

海外保険加入についてのメリット

①トラブルに遭った際のサポート体制が充実している

②万が一に補償を受けることができる(事故などの治療系補償+物の盗難・破損などの補償etc..)

③保険加入していることが安心材料となる

これまで説明してきた中で海外保険に加入するメリットを感じられたでしょうか?海外保険に加入する一つのメリットを上記3つ挙げました。海外での事件や事故というのは身近に感じられないかもしれません。しかし、上記で述べてきたことは実際に日本人旅行者の身にも起きているのです。そのようなことから、いつ何が自分の身に起きても安心できるように海外保険という一つの保証が必要になってきます。また、日本で待つ家族にとっても一つの安心材料となるのがこの海外旅行保険のメリットの一つです。

そして、保険に加入しているだけで様々なサポートを受けることが出来ます。お金の補償はもちろんですが、保険会社によっては24時間対応でトラブル応対してくれる保険会社もあるほどです。ただ、起こるか分からない事件や事故に対して保険料を払うのがもったいないという概念を持つのではなく、これは一つの安心材料、投資になると考え、保険には加入するようにしましょう。

 

まとめ

皆さん、いかがでしたでしょうか?海外渡航の際に海外旅行保険の役割が重要となってくるのが少しはお分かりになられたのではないでしょうか?実際、海外旅行の際に加入すべきか迷うのがこの海外旅行保険。高価なものではないものの、目に見える買い物ではないので案外渋ってしまいますよね。しかし、何か起こってから「あの時加入しておけばよかった…」と思うのでは手遅れです。そうならないためにも未来の自分の為投資、旅行に際しての安心材料だと思い、渋らずに海外旅行保険には加入するようにしましょう。

皆さんにはぜひ、ベトナムで食と古き良きベトナムの文化や風景を堪能していただければと思います。安全に思いっきりベトナム旅行を楽しんでくださいね。

ベトナムの海外旅行保険を安くする方法とは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

海外保険の無料相談なら保険Times 海外保険の無料相談なら保険Times

という方々へ、保険Timesなら完全無料であなたに最適な海外保険をご提案いたします。
あなたの夢を叶えるための安心サポート。まずはお気軽にご相談ください。

海外保険の無料相談はこちら

人気の記事

最新の記事が受け取れます

Facebook

Facebookページに「いいね!」すると、
最新情報が受け取れるようになります。

Twitter

Twitterで表示して「フォローする」と、
最新情報が受け取れるようになります。

海外保険料を 最大 50% 安くする方法とは?LINE で 相談! 海外保険料を