【アメリカ旅行】アメリカの医療費で見る海外保険の重要性

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

自由の国アメリカでの海外保険の必要性

誰もが一度は行ってみたいと憧れるアメリカ。海外旅行をお考え中の方の中にも、ニューヨーク、ロサンゼルス、ラスベガスなどアメリカの観光地を視野に入れている方も多いのではないでしょうか?ニューヨークまでは13時間の直行便で行くことができ、日本との時差は14時間あります。観光、食、エンターテイメント、ショッピングなど世界中の人々を魅了するものがたくさん詰まっている国です。

そんなアメリカ旅行で海外保険の加入は必要となってくるのでしょうか?実は知らないアメリカの医療費の実態や治安の問題など、海外保険に入るべき理由はたくさんあるのです。今回はそのアメリカ旅行での海外保険加入についての必要性をご紹介していきましょう。

記事のポイントアメリカをはじめとした海外でのトラブルに対してかかる医療費は日本のそれと比べて非常に高額です。今回の記事を参考にされたうえで、しっかりとセーフティネットとしての保険の加入をお勧めします。保険Timesではこれら海外での保険料に関して、渡航される皆様の状況に応じたきめ細かなサービスを提供してまいりました実績がございます。不安を取り除いたり、滞在費を抑える方法の一つとしてご活用ください。<<保険Timesへのご相談はこちら>>

アメリカの治安

皆さまはアメリカの治安について、どのようなイメージを思い浮かべられるでしょうか?海外ドラマや映画で見るようなバイオレンスなイメージを思い浮かべる方もいらっしゃるのではないかと思います。実際のアメリカの治安について少し掘り下げていきましょう。

「アメリカにおける2013年の主要犯罪(殺人,強姦,強盗,傷害,住居侵入,侵入盗及び非侵入盗。以下同じ。)の認知総件数は,FBI(米連邦捜査局)の統計によると約979万件(放火を除く)であり,そのうち殺人,強姦,強盗,暴行及び傷害等の凶悪・暴力犯罪は,前年より4.4%減少し,約116万件となっています。」外務省 海外安全ホームページ 安全対策基礎データ<http://www.anzen.mofa.go.jp/info/pcsafetymeasure_221.html>という情報が出ております。これは日本で2013年に起こった犯罪の約7倍にもあたるのです。確かにアメリカは国土自体も大きく、それに伴い人口も日本の約3倍という数になっています。

そのようなことから犯罪や事故の発生率も高く、アメリカ旅行中に窃盗や事故などのトラブルに巻き込まれてもおかしくはないということです。そのため、自分自身の身を自分で守る術が必要であり、その一つにサポートや補償がついてくる海外保険の加入が必要となってきます。

アメリカ旅行中に注意したい5つのポイント

アメリカ旅行中に注意すべきポイントとはどのようなことにあるでしょうか?避けられるトラブルはしっかりと避けてより良い旅行にするために、ポイントに分けて見ていきましょう。

治安が悪そうな場所、路地などには入らないようにする

一見、治安が悪そうであったり、人気がない路地などには入らないようにしましょう。そのような人気のない所を狙って、窃盗や強姦などの事件が起きたりしています。また、夜間に一人で外出することもできるだけ避けた方がいいです。夜間は特に人目につきにくいので、犯罪者からすると夜間に一人歩きしている女性などは良い獲物だとも言えるでしょう。外出する際には昼夜問わず、比較的一通りがある所を選び、できるだけ友達、家族などと行動を取るようにしましょう。

服装に気をつける

アメリカではTPOで服装に気をつけることは一つのマナーです。しかし、露出度が高い服は避けて方が良いとされています。露出度が高いというだけで女性などは狙われやすく、危険とされています。せっかくのアメリカ旅行なのでドレスアップなどしてお洒落していきたいという女性もいるとは思いますが過度な露出は控えるのがいいです。また、夜間のハイヒールなどは痴漢などに遭った際に逃げ遅れてしまう可能性もあるので要注意しておきましょう。

人混みなどでのスリに気をつける

観光客や大きなイベントなど、たくさんの人が集まる会場でスリや置き引きなどの被害に遭いやすいとされています。また、ショッピング中、観光中、ファーストフード店など様々な場所で発生しています。その被害者の多くはスリに遭ったことに気付かないというパターンが多いようです。そのため、バッグなどは肌身離さず持っておくのが良いでしょう。万が一、そのような窃盗などに遭った際に無理に抵抗すると犯人が銃を持っている可能性もあるので、十分な注意が必要だと言えます。

言葉使いも慎重に

アメリカで日本語が堪能な人がたくさんいるのかというとそうではありません。日本で音楽などを頻繁に聞いたりする方などは英語でのスラング(略語)を耳にしたり、友達同士で使ったりするのではないかと思います。しかし、それを間違った使い方をしてしまうとアメリカ人とのトラブル発生の起因になる可能性も大いにあり得るのです。そういった事態に発展してしまうと警察沙汰となってしまい、大きな問題になりかねません。見知らぬ土地だからと言っての油断は禁物です。

バッグだけを置いて席を立たないように

日本だと席確保のためにバッグだけを机に置いてオーダーしに行ったり、バイキングに行ってしまうことは日常茶飯事とも言えることではないかと思います。しかし、その行為はアメリカでは窃盗することをお勧めしているようなことです。いつ誰が狙っているか分からない状況でのそのような行為は禁物であります。そのような場合には上着のみを残しておいたり、一人ずつオーダーを取りに行くなどの工夫を心掛けるようにしましょう。

恐るべしアメリカの高額医療費の実態

さて、そんなアメリカでの医療費というのはどのくらい掛かるものなのでしょうか?アメリカは先進国というイメージから、医療も最先端で医療保険などに対しても国民に優しいイメージがもしかしたらあるかもしれません。では、実際に起こっているアメリカの保険金支払い例を見ていきましょう。

 

ハワイでの海水浴中に起きた事故

海水浴中に溺れて意識を失ってしまい、そのままICUで1ヶ月もの治療を受ける。看護士付き添いでプライベートジェット機にて日本に帰国。その際に受けた医療サービスは現地入院費用と搬送費用の2つ。その総額の医療費は約3,000万円掛かったという。しかし、保険では全てカバーしきれず、一部被保険者負担となった。

急性盲腸炎

腰痛を感じたため現地で治療を受けたが一向に容態は良くならず、発熱のみが続く状態に。そのため、総合病院で診察を受けたところ、盲腸破裂が発見されたため緊急手術を受け、3日間の入院を余儀なくされた。その際に受けた医療サービスは病院の紹介、予約サービス、キャッシュレス治療サービス、治療費の4つ。その総額の医療費は241万円だったという。

交通事故での頭部強打

車で信号待ちをしている時に大型トレーラーがぶつかり、頭部を強打する事故に遭う。その際23日間の入院を余儀なくされ、医師と看護士の付き添いのもと、ストレッチャー搬送により日本に帰国。その際に受けた医療サービスは現地治療費用と日本への搬送費用の2つ。その総額の医療費は2,178万円以上の治療費用が発生したが、保険適用は748万円のみ。

番外編:ひったくり事件

ニューヨークの地下鉄に乗車する際、すれ違いざまにバッグごとひったくりされる。被害品はバッグと中身の全てのものである。その際の保険適用金額は15万円であった。

海外保険加入についてのメリット

①トラブルに遭った際のサポート体制が充実している

②万が一に補償を受けることができる

③保険加入していることが安心材料となる

海外保険加入のメリットについて、上記3つを挙げました。海外保険に加入しているだけでそれ自体が安心材料となり、海外へ渡航する際にはご家族にも安心いただけることが可能ではないかと思われます。また、言葉が通じない中で何かトラブルが起きてしまうと自分では対処しきれないことがほとんどです。旅行会社などを通しての旅行であれば、旅行会社が手助けをしてくれる可能性もありますが、個人手配での旅行だと一つのトラブルでパニックに陥ってしまします。そこで海外保険に加入しておくだけでトラブル対処、補償まで受けられることが可能なのです。

保険Times海外保険相談

保険Timesでは、海外留学・ワーホリ・旅行保険の⑴保険料を安くしたい ⑵自分の渡航先に合った保険を選択したいといったご相談を受付けしております。国内主要保険会社プランを網羅し、保険Times独自のカスタマイズプランを用意。留学費用は総額で考えると非常に高額になるかと思いますので、少しでも留学費用全体の圧縮のお手伝いができればと思っております。LINEでのご相談メールでのご相談お電話でのご相談が可能です。LINEでは、渡航後の延長手続き保険の使い方についてのご相談も受け付けておりますので簡単・便利でおすすめです。

まとめ

皆さま、いかがでしたでしょうか?アメリカで実際に起こった医療費の例などを見ていただくと、海外保険加入の大切さというのを分かっていただけたのではないかと思います。行く期間や国によっては海外保険費用というのは少なからず高くなってしまいます。しかし、事故や事件などのトラブルに巻き込まれた際に何の補償もサポートもないなんていうことになると、逆に自身が負担するべきことや金額が大きくなってしまうだけのことなのです。

海外旅行の際の海外保険というのは安心材料にもなり、いざという時に皆さまを手厚く補償してくれる必要不可欠なものとなるでしょう。万が一のために、被害を最小限に抑えるとともに、最高の思い出となるアメリカ旅行にできるように海外旅行保険も含めて事前準備をしっかりと進めていきましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

海外保険の無料相談なら保険Times 海外保険の無料相談なら保険Times

という方々へ、保険Timesなら完全無料であなたに最適な海外保険をご提案いたします。
あなたの夢を叶えるための安心サポート。まずはお気軽にご相談ください。

海外保険の無料相談はこちら

人気の記事

最新の記事が受け取れます

Facebook

Facebookページに「いいね!」すると、
最新情報が受け取れるようになります。

Twitter

Twitterで表示して「フォローする」と、
最新情報が受け取れるようになります。

海外保険料を 最大 50% 安くする方法とは?LINE で 相談! 海外保険料を