リスクに備えた生活を!長期海外旅行保険の知っておくべきポイントを紹介

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

「ワーホリに行くなら保険に入った方がいいらしいけど、何を選べばいいのか分からない」と思っている人もいるのではないでしょうか。海外では日本では想像もつかないようなことが当たり前のように起こります。飛行機の運行トラブルや現地での医療機関の受診、盗難やひったくりなどあげればキリがありません。こうした海外旅行でのトラブルは事前の入念な下調べと海外旅行保険への加入によって未然に防ぐことができます。特に、長期で滞在する場合は必ず保険に加入しておきましょう。保険に加入しないまま海外旅行をすると、どこでどんなお金が必要になるか予測できません。病院で1度受診するだけで数十万円の費用がかかったり、事故を起こし多額の損害賠償を請求される場合もあります。こうしたリスクに対処するためにも、自分の滞在期間や渡航目的に合った保険に加入しておくことが大切です。そこで、今回は長期海外旅行保険を選ぶときに知っておくべきポイントや特徴を解説します。

記事のポイント長期海外旅行の際にかかる保険料は年間約20万円。しかしこれはあくまで一般的な相場です。渡航先の治安状況やご自身の目的も踏まえたうえで検討しましょう。これら留学保険の保険料に関して、25万円/年程度の保険を提示されたものから、保険Timesに相談したことで14万円/年程度に抑えられたという事例が多数あります。滞在費を抑える方法の一つとしてご活用ください
<<保険Timesへのご相談はこちら>>

長期海外旅行保険の特徴とは?

半年から1年以上の長期間に渡って旅行や留学で海外に行く人向けの保険が長期海外旅行保険です。主な補償内容としては、医療補償・救援者費用補償・携行品損害補償・賠償責任補償・航空機寄託手荷物遅延費用などになります。この中でも、医療機関での治療に対する補償が手厚くなっているのが長期海外旅行保険の特徴です。

長期海外旅行保険と他の海外関連保険の違い

海外旅行保険には、長期海外旅行保険以外にも留学保険や駐在保険などいろんな保険の種類があります。各保険の違いをしっかりと理解していないと、いざ保険請求する段階で「補償の範囲外」とされるかもしれません。長期海外旅行保険で補償される内容をきちんと把握しておきましょう。

保険期間の違い

ほとんどの海外旅行保険は短期間での旅行の場合、1カ月や2カ月程度が基本の補償期間です。長期の場合、3カ月や半年、もしくはそれ以上の補償期間となるものもあります。補償期間は自分の滞在期間を目安に決定しますが、できるだけ補償期間は最長にしておきましょう。もし、滞在が長引いた場合に後から契約内容を変更できないことがあるからです。

保障内容の違い

長期海外旅行保険の補償内容自体は短期の海外旅行保険と殆ど変わりません。ほとんどの長期海外旅行保険では、医療関係・対人補償・対物補償・盗難補償の4つから成り立っています。ただし、長期海外旅行保険には留学保険のように緊急一時帰国費用や留学継続費用などの補償はありません。

料金の違い

長期海外旅行保険に加入する場合、補償期間が半年~1年と長くなるので必然的に保険料は高くなります。長期間の滞在であれば、その分医療機関を受診したり、事故や盗難にあう可能性が高くなるからです。もちろん、加入する保険によっても保険料は変わりますが、20万円~30万円ほどが相場となっています。

長期海外旅行保険の必要性

海外に長期間滞在していると思わぬ事故やトラブルに巻き込まれることが多々あります。自分が想定していない事態が頻繁に発生するため、万が一の備えが必要です。出発する前に保険に加入しているかどうかで、ワーキングホリデーを有意義に過ごせるかが変わってきます。トラブルに巻き込まれてお金が無くなり途中で帰国する人もいるほどです。こうしたことがないように、保険の必要性をしっかりと理解しておきましょう。

ケガや病気への備え

まず、海外で一番問題となるのがケガや病気への備えです。不慣れな土地では気候や食事、水などが合わずに体調を崩しやすく、長期滞在だとその分体調を崩してしまう確率が高くなります。海外の医療機関は日本とは違い、医療費が非常に高額になることで有名です。盲腸で入院しただけで100万円単位の保険料を請求される場合もあります。もし、病気になったとき保険に加入していないと高額な医療費を請求されてしまうので注意しておきましょう。

盗難への備え

海外は、日本とは違い治安が良くない地域が多数あります。治安の悪い地域ではひったくりや空き巣が頻繁に起こるので、持ち物や携帯品を盗難されるリスクがあります。特に、日本人はこうした危機意識が低いため狙われやすいです。長くいればいるほど、盗難や窃盗のリスクが大きくなるので注意しましょう。この点、保険に加入していれば盗難補償が受けられるので、万が一何か盗まれたとしても一定額の補償を受けることができます。もし、加入していない場合は盗難品が無事に手元に戻ってこない限り泣き寝入りすることになるので気をつけましょう。

長期海外旅行保険の保険期間

長期海外旅行保険に加入する場合は、保険期間に注意が必要です。もし、滞在中に保険期間が過ぎてしまった場合は補償を受けることができません。もっとも、補償期間は加入する会社や契約内容によって異なります。自分が契約する保険の補償期間をきちんと把握しておくことが大切です。

保険の期間の決まり方

保険の補償期間は自宅を出発した日から自宅に帰れる日までが基本です。滞在先までの飛行機内も保険の対象となります。また、長期海外旅行保険であれば、保険会社やプランにもよりますが、半年や1年などの長期間を補償期間にすることも可能です。

延長や更新はできるのか

契約期間の上限に満たないのであれば延長や更新は可能です。ただし、保険会社によっては料金を低く抑える代わりに延長や更新に制限がかかる場合があります。どれくらい延長できるのかは保険会社によって異なるので事前に調べておきましょう。どの保険会社も最長で3年~5年というところがほとんどです。

長期海外旅行保険を安くするには??

長期海外旅行保険の保険料は?

長期海外旅行保険の保険料は、契約内容やプランなどさまざまな要素によって大きく変わります。保険料が決まる要素としては、渡航する国・滞在する地域・滞在期間(保険期間)・特約の有無などです。「医療費の上限額を上げたい」「補償の範囲を広げたい」という人はその分保険料が高くなります。自分に必要な保険はどの程度なのかしっかりと見極めたうえで契約をしましょう。

長期海外旅行保険への加入の流れ

長期海外旅行保険に加入するには、いくつかのステップがあります。保険に入るために必要な書類をそろえたり、内容を吟味するためにも余裕をもって保険を選びましょう。海外旅行保険は出発前に加入しておくのが一般的です。滞在先で加入できる保険もありますが、補償内容が狭い場合や保険料が割高になることもあるので注意しましょう。

加入時の必要書類

必要な書類は加入する保険によって異なりますが、基本的に申込書類のみで完了できる保険が大半です。ただし、保険会社やプランによってはパスポートなどの提示を求められるケースもあるので事前に準備しておきましょう。

保険加入の手順

保険に加入する際は、自分の予定(滞在先や期間、目的)に合った保険を選ぶ必要があります。もっとも、長期海外旅行保険にもさまざま種類があり、どの保険がいいのか分からないという人も多くいます。そういった場合に利用したいのが保険代理店です。長期海外旅行保険を扱っている代理店に足を運び「どんな保険があるのか」「補償内容」「保険料はいくらなのか」などの情報収集を行いましょう。そうして、加入する保険が決まったら必要書類を用意し申し込み手続きをします。契約に際して少しでも気になることがあれば、加入前に早めに質問をして解決しておくのがよいでしょう。出発してから滞在先で分からなくならないように、入念な事前準備が大切です。

長期海外旅行保険の選び方

保険を選ぶ際にはいくつかのポイントがあります。特に、長期海外旅行保険に加入する際は「滞在日数が長期となること」「保険料が高額になること」を踏まえて保険を選ぶことが大切です。しっかりとポイントを抑えて無駄のない保険を選びましょう。

滞在日数を満たしているか

契約する保険の補償期間が滞在期間のすべてをカバーできているかは重要なポイントです。保険料を少しでも抑えたいからといって滞在日数よりも少ない保険を選ぶのは絶対にやめておきましょう。特に、長期の滞在となれば予測できない事態やトラブルに巻き込まれる可能性が非常に高くなります。出発当日から帰宅する日までしっかりと補償期間となっている保険を選びましょう。

キャッシュレス対応病院はあるか

キャッシュレス対応病院とは、その場で現金による医療費の支払いをしなくていい病院をいいます。加入する保険がキャッシュレス対応病院と提携していれば、手持ちの額が少ないときでも安心して治療を受けることができるので非常に便利です。海外での治療費は非常に高額になるので、その場で現金を支払うのかどうかは非常に重要なポイントになります。できるだけ、キャッシュレス対応の病院が滞在先の近くにある保険会社やプランを選択しましょう。

24時間対応の日本語サポートはあるか

海外でトラブルにあったとき、24時間対応の日本語サポートがあると非常に心強いです。現地語が完璧に話せるのであればある程度は対応できますが、そうでない場合、下手に対応すると事態を悪化させることもあります。万が一のときでも冷静に対応できるように、24時間対応をしてもらえる保険を選択しておくのがポイントです。

保険に加入すれば長期の旅行でも安心できる!

海外は日本とは根本的に文化や風習が違う異文化の世界です。日本では当たり前だと思っていたことが海外では通用しないことが多々あります。そして、滞在が長期になればなるほどトラブルに巻き込まれるリスクはあがります。「自分は大丈夫」と思っていると取り返しのつかない事態になることもあるので、保険に加入するのは必須です。自分に必要な補償範囲や補償額をきっちりと補償してくれる保険を選択しましょう。この点、保険代理店を利用すればいろんな保険の中から最適な保険を選んでもらえるので非常に便利です。もし、保険選びに迷ったときは利用してみましょう。

長期海外旅行保険を安くするには?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

海外保険の無料相談なら保険Times 海外保険の無料相談なら保険Times

という方々へ、保険Timesなら完全無料であなたに最適な海外保険をご提案いたします。
あなたの夢を叶えるための安心サポート。まずはお気軽にご相談ください。

海外保険の無料相談はこちら

人気の記事

最新の記事が受け取れます

Facebook

Facebookページに「いいね!」すると、
最新情報が受け取れるようになります。

Twitter

Twitterで表示して「フォローする」と、
最新情報が受け取れるようになります。

海外保険料を 最大 50% 安くする方法とは?LINE で 相談! 海外保険料を