【マレーシア】現地の治安・医療状況と海外旅行保険について

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

マレー系・中国系・インド系などの多民族国家であるマレーシア。その様々な宗教、文化、生活習慣などが入り混じり現在のマレーシアは成り立っています。マレーシアは国土全てが海に面しているため、近代建築と多くの自然が融合した景色というのは地元民だけではなく、世界中の観光客をも虜にするものです。そんなマレーシアは日本の主要空港から約7~8時間ほどでアクセスすることができ、多くの直行便が運行しているため、非常にアクセスしやすい海外だとも言えます。

そんなマレーシアについて皆さんはどのようなイメージをお持ちでしょうか?もしかするとマレーシアについて、多くの詳しいことを知っている方というのは少ないかもしれませんね。そんなマレーシアで海外旅行保険を使うなどあるのでしょうか?マレーシアの様々な面を説明していきながら、マレーシアでの海外旅行保険の重要性について一緒に見ていきましょう。

記事のポイント今回の記事にありますとおり、マレーシアは犯罪発生率が日本に比べ高いのと、日本人は特に窃盗被害のリスクがあるといえます。詳細は以後に述べてあります記事を参考にされたうえで、しっかりとセーフティネットとしての保険の加入をお勧めします。保険Timesではこれら海外での保険料に関して、渡航される皆様の状況に応じたきめ細かなサービスを提供してまいりました実績がございます。不安を取り除いたり、滞在費を抑える方法の一つとしてご活用ください。<<保険Timesへのご相談はこちら>>

気になるマレーシアの治安について

旅行先を決める際に皆さん重要視されるポイントのひとつがこの治安に関してではないでしょうか。そこで気になるマレーシアの治安について少し調べてみました。

2016年におけるマレーシアの犯罪届出件数は112,354件であり,前年比で3,707件減少しています。マレーシア国家警察は,犯罪発生件数は着実に減少していることを強調すると一方,スリや置き引き・ひったくりなどの「街頭犯罪」は17,333件と昨年よりも1,299件増となっている旨注意を呼びかけています。また、サバ州東海岸一帯の大部分及び周辺海域では,海賊事件,身代金目的の外国人誘拐等が多発しているほか,様々な武装勢力が活動を行っていることもあり,目的の如何を問わず渡航は止めてください。主な凶悪犯罪の届出件数は次のとおりです。
(1)殺人:456件(前年比43件減少,人口10万人あたりの発生率は日本の約2倍)
(2)強盗:14,453件(同705件増加,人口10万人あたりの発生率は日本の約25倍)
(3)強姦:1,886(同161件減少,人口10万人あたりの発生率は日本の約7倍)
(参考文献:外務省 海外安全ホームページ https://www.anzen.mofa.go.jp/info/pcsafetymeasure_017.html)

では、実際に観光客が被害に遭う犯罪とはどのようなものがあるのでしょうか?見ていきましょう。

 

スリ、ひったくり、置き引き

マレーシアではこのスリ、ひったくり、置き引きなどの犯罪が増えており、これらの犯罪は主に人が集まる観光地、ショッピングモール、空港、列車内などで発生しています。犯人は被害者の気をそらすために話しかけたり、わざと小銭を落とすなどして被害者の注意をそらすなどして、犯行に及ぶようです。また、集団スリの場合、犯行に及ぶ実行犯の周辺に仲間が待機しており、その被害品をリレー式で手渡ししていき、その場から立ち去るケースもあります。このような被害を避けるためにも高価な物を身につけない、カバンはチャック付きのものにするなどするようにしましょう。

 

昏睡強盗

観光地やビーチなどで現地人と意気投合し、そこから飲食を共にした際などに起こる犯罪です。飲食を共にしている際、被害者が席を外した隙に薬物を飲食物に混入させ、被害者が目覚めた時にはすでに貴重品などは盗まれているというケースがほとんどです。このような被害を避けるためには見知らぬ人にはしっかりと警戒心を持つようにし、見知らぬ人と食事に行かない、不用意に見知らぬ人から勧められた食事を口にしないということが大切です。

 

いかさま(カード・トランプゲーム)賭博,当選金詐欺

これは旅行中に見知らぬ人から誘いを受け、民家に誘われます。そこでカードやトランプゲームに参加した結果、負けが続いてしまい貴金属を無理やりに奪われてしまうというものです。また、街を散策中に「企業キャンペーンの無料くじ」を引くよう促され、そこで高額商品当選のため事務所までついていくと、不当な手数料や手付金を支払わされるという事件も発生しています。どちらの犯罪も見知らぬ人の誘いに安易に乗ってしまった結果、起きてしまっている事件です。現地で見知らぬ人の誘いに安易に乗らないのはもちろんのこと、付いて行く事は絶対に禁物であります。

保険Times海外保険相談

保険Timesでは、海外留学・ワーホリ・旅行保険の⑴保険料を安くしたい ⑵自分の渡航先に合った保険を選択したいといったご相談を受付けしております。国内主要保険会社プランを網羅し、保険Times独自のカスタマイズプランを用意。留学費用は総額で考えると非常に高額になるかと思いますので、少しでも留学費用全体の圧縮のお手伝いができればと思っております。LINEでのご相談メールでのご相談お電話でのご相談が可能です。LINEでは、渡航後の延長手続き保険の使い方についてのご相談も受け付けておりますので簡単・便利でおすすめです。

マレーシアでの医療費相場

救急車:4,400円(公営) 7,300~8,700円(民営)

入院保証金:58,000~145,000円

病院部屋代(日額):10,000円(個室) 2,000円(一般)

盲腸手術の総費用:70,000~116,000円(2~3日)

 

上記がマレーシアでの医療費相場です。こうして見てみると万が一、自分自身の身に何か起こった時に自己負担するとなると、結構痛い出費ですよね。こういう時のために加入しておきたいのが海外旅行保険です。しっかりと怠らずに加入することで安心して旅行することができます。

 

マレーシアで日本語対応してもらえる病院

これからご紹介する日本語対応可能な病院情報はぜひ、スクリーンショットやメモをするなどして、旅行される際には持ち歩くようにしてくださいね。

 

ひばりクリニック

外国人医師が担当しているが診療後に日本人スタッフが勤務しているため、日本語での説明を受けることができる。一般内科、小児科、婦人科、心療内科、精神科、外科、簡単な健康診断および予防接種などに対応化。

病院名:ひばりクリニック

診察時間:平日 – 9:00~18:00(休憩なし)/土・日・祝日 – 9:00~13:00、14:00~18:00(昼休憩1時間)

電話番号:+603 6211 5919(日本語対応可能)

 

ジャパンメディケア

外国人医師が担当しているが日本人スタッフが勤務しているため、診療後に日本語での説明を受けることができる。一般外科、一般内科、小児科、心臓内科、一般的な耳鼻科、皮膚科、眼科、整形外科、健康診断(要予約)予防接種(BCG、狂犬病、インフルエンザなど(要予約)、専門外来(要予約)、産婦人科、耳鼻科、消化器外科、指圧、整体などに対応化。

病院名:ジャパンメディケア

診察時間:月~金 – 8:00~18:00/土 – 8:00~14:00

電話番号:+603-2287-0988(日本語対応可能)

 

HSCジャパンクリニック

日本人医師が駐在している日本人向けの病院。内科・循環器科・健康診断・耳鼻咽喉科(要予約)・整形化・インフルエンザなど予防接種も可能。CT検査・MRI検査・胃内視鏡検査・大腸内視鏡検査なども完備。日本の健康保険(国保・社保)にも対応とのこと。

病院名:HSCジャパンクリニック

診察時間:月~金 – 8:30~17:30/土 – 8:30~13:00

電話番号:+603 -2712-0867(日本語対応可能)

 

海外保険加入についてのメリット

①トラブルに遭った際のサポート体制が充実している

②万が一に補償を受けることができる(事故などの治療系補償+物の盗難・破損などの補償etc..)

③保険加入していることが安心材料となる

これまで説明してきた中で海外保険に加入するメリットを感じられたでしょうか?海外保険に加入する一つのメリットを上記3つ挙げました。海外での事件や事故というのは身近に感じられないかもしれません。しかし、上記で述べてきたことは実際に日本人旅行者の身にも起きているのです。そのようなことから、いつ何が自分の身に起きても安心できるように海外保険という一つの保証が必要になってきます。また、日本で待つ家族にとっても一つの安心材料となるのがこの海外旅行保険のメリットの一つです。

そして、保険に加入しているだけで様々なサポートを受けることが出来ます。お金の補償はもちろんですが、保険会社によっては24時間対応でトラブル応対してくれる保険会社もあるほどです。ただ、起こるか分からない事件や事故に対して保険料を払うのがもったいないという概念を持つのではなく、これは一つの安心材料、投資になると考え、保険には加入するようにしましょう。

 

まとめ

皆さんいかがでしたでしょうか?マレーシア旅行での海外旅行保険の必要性についてご理解いただけたでしょうか?どれだけ注意していたとしても、いつ自分自身の身に何が起こるかは予測できないものです。そんな中で万が一、自分自身の身に何か起こった際に皆さんはどう自分を護っていかれますか。また、海外という異国の地で言葉も通じない中、最善の行動ができるのでしょうか。数千円というわずかな出費で万が一の際に最善の行動を尽くすことができるのがこの海外旅行保険の魅力です。旅行会社が被保険者一人ひとりのためにサポートをしてくれるため、例え何があったとしても心配ありません。

皆さんには素敵なマレーシア旅行を楽しんでいただきたいです。「あの時海外旅行保険に加入すべきだった…」と思わずに済むよう、旅行の準備とともに海外旅行保険の加入も忘れないようにしてくださいね。

保険Times海外保険相談

保険Timesでは、海外留学・ワーホリ・旅行保険の⑴保険料を安くしたい ⑵自分の渡航先に合った保険を選択したいといったご相談を受付けしております。国内主要保険会社プランを網羅し、保険Times独自のカスタマイズプランを用意。留学費用は総額で考えると非常に高額になるかと思いますので、少しでも留学費用全体の圧縮のお手伝いができればと思っております。LINEでのご相談メールでのご相談お電話でのご相談が可能です。LINEでは、渡航後の延長手続き保険の使い方についてのご相談も受け付けておりますので簡単・便利でおすすめです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

海外保険の無料相談なら保険Times 海外保険の無料相談なら保険Times

という方々へ、保険Timesなら完全無料であなたに最適な海外保険をご提案いたします。
あなたの夢を叶えるための安心サポート。まずはお気軽にご相談ください。

海外保険の無料相談はこちら

人気の記事

最新の記事が受け取れます

Facebook

Facebookページに「いいね!」すると、
最新情報が受け取れるようになります。

Twitter

Twitterで表示して「フォローする」と、
最新情報が受け取れるようになります。

海外保険料を