中国旅行の強い味方!海外旅行保険でトラブルに対応しよう

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

ここ10年、進化が目覚ましい中国。
中国の主要都市へは日本から飛行機で4−5時間で行けるので、身近な海外旅行にはもってこいですね。

中国と一口にいっても広大な国。
日本にも近い中国の東沿岸部には、上海や北京などの先進的な大都市が並ぶ一方で、中部や西部はまだ昔ながらの中国が色濃く残っています。
どこに何を見に行くかによって、旅の印象がガラリと変わってきます。

中国を旅行するにあたって、衛生面や医療事情が気になるところ。
今回は、中国旅行中にかかりやすい病気や起こり得るトラブル、病院にかかる時はどうしたらいいかなど、海外旅行保険を使ってトラブルに対応する方法を紹介します。

記事のポイント今回の記事にありますとおり、中国は食事や水をはじめとした衛生面から病気にかかる可能性が高いのと、病院は海外旅行保険に加入したうえで受けられるVIP診療を活用しないとかなりのトラブルに発展してしまう可能性があります。詳細は以後に述べてあります医療事情等参考にされたうえで、しっかりとセーフティネットとしての保険の加入をお勧めします。保険Timesではこれら海外での保険料に関して、渡航される皆様の状況に応じたきめ細かなサービスを提供してまいりました実績がございます。不安を取り除いたり、滞在費を抑える方法の一つとしてご活用ください。<<保険Timesへのご相談はこちら>>

中国旅行には海外旅行保険を!

中国は気候や食べ物など日本とは異なるだけでなく、都市部でも、大気汚染や、かかりやすい感染症、衛生面など気になる点があります。
消化器系のトラブルは、どんなに気をつけていても防ぎのようのないこともありそう。
保険の補償額は北米に比べて少なめでも大丈夫かもしれませんが、保険に加入しないという選択肢はかなりリスキーかと思います。

以下に詳しく述べますが、中国で病院にかかることになったら、海外旅行保険に加入していると、通訳を手配したり、VIP診療・外国人専用窓口でスムースに診察を受けれます。
上海などの大都市には日本語が通じる病院もありますが、外国人相手だとビジネス色が強く、医療費が高額になります。
保険に加入する際は、キャッスレスサービスが可能な補償を選びましょう。

中国旅行では、海外旅行保険が印籠のように心強い味方になってくれそうです。
必ず加入していきましょう!

保険Times海外保険相談

保険Timesでは、海外留学・ワーホリ・旅行保険の⑴保険料を安くしたい ⑵自分の渡航先に合った保険を選択したいといったご相談を受付けしております。国内主要保険会社プランを網羅し、保険Times独自のカスタマイズプランを用意。留学費用は総額で考えると非常に高額になるかと思いますので、少しでも留学費用全体の圧縮のお手伝いができればと思っております。LINEでのご相談メールでのご相談お電話でのご相談が可能です。LINEでは、渡航後の延長手続き保険の使い方についてのご相談も受け付けておりますので簡単・便利でおすすめです。

中国旅行中にかかりやすい病気

中国旅行中に最もかかりやすい病気は、食べ物や水による消化器系疾患と、大気汚染による呼吸器や目の不調です。その他病気についてみていきましょう。

消化器感染症

消化器系のトラブルで一番多いのが下痢症です。
お腹を下してしまう原因は以下の通り

・水

・油

・屋台での買い食い(包丁やまな板の衛生状態が問題なことも)

・生野菜や生のフルーツ

・正しく温度管理されていない食品

大都市部の水道水は、煮沸すれば飲用可能と言われていますが、直接飲むのは大手スーパーでペットボトルの水を購入する方が安全です。

外食の際は、清潔で安心できるレストランを選びましょう。
露店での買い食いはリスクが高そうですよ。

肝炎

中国には肝炎ウイルス保有者が多く、汚染された食べ物や水から感染するA型・E型肝炎と、性接触で感染するB型・C型肝炎があります。
A型とB型肝炎は日本での予防接種が可能です。

大気汚染

中国の大気汚染は深刻です。
特に北京・天津周辺を取り囲んでいる河北省での汚染がひどいとされています。
北京・天津での外出は、AQI(Air Quality Index)を随時チェックするようにしましょう。
大気汚染による体調被害は、呼吸器系の不調、目の痛みなどです。
マスクを常備するようにしましょう。

狂犬病

中国の狂犬病患者数は世界3位(2500人)。
1位のインドの患者数(2万人)に比べればリスクは10分の1ですが、野犬には近づかない、渡航前に予防接種をするなど対策をとっておきましょう。

中国の医療事情

中国といっても広いので、大まかに都市部と田舎に分けて解説しますが、まず初めに基本的な医療システムについて説明します。

料金先払いの医療制度

中国の病院は料金先払い制です。
まず診察料を払い、値段によって異なる医師を選び、検査ごとに支払い窓口に並び、、、となんだか非効率なシステムです。
これは、医療費の踏み倒しを防ぐためとのことですが、このシステムのため中国で通常診療を受ける場合は、とんでもなく時間がかかります。

富裕層向けのVIP診療では、追加料金を払うことで、待ち時間も短くすぐに診察できます。
海外旅行者は、海外旅行保険に加入していれば、VIP診療を受けられるので安心です。

都市部の医療事情

上海、北京、大連、広州などの都市部では、VIP診察・外国人専用外来のある総合病院や、英語や日本語で先進国と同様の医療が受けられる、富裕層や海外旅行者向けの外資系クリニックがあります。
公立病院にもVIP窓口があり、長い待ち時間なしに診察できる病院も増えてきています。

もちろん、医療費は高額ですが、保険に加入していれば費用の面で悩むことはないので安心ですね。いずれも、病院にかかる際は加入している保険会社に詳細を問い合わせてみましょう。

VIP診察とは

VIP診察とは読んで字のごとく、特別待遇の診察です。
ここでいう特別待遇というのは、ローカル診療に比べてということになります。
中国の公立病院では、言葉が通じず、治療のケア待遇が手薄、さらに上記の料金システムもあいなって待ち時間が非常に長いので海外旅行者には向いていません。

海外旅行保険対応にも慣れているので、旅行者はVIP診療がオススメです。
外資系のクリニック、私立病院、またローカル病院にVIP棟が併設されていることもあります。
VIP診察を受けるに当たって、海外旅行保険に加入していれば、預かり金なしでキャッスレスで診察を受けることができます。
その場合、待ち時間もナシか短く、待ち時間はベッドで休めたりと設備も整っています。
こちらは自由診療のため、海外旅行保険に入っていないと高額な医療費を請求されます。
最初の方でも述べました通り、キャッシュレスかつVIP診察が診療が受けられる海外旅行保険には必ず加入していきましょう。
また治療は点滴と漢方薬、西洋薬の組み合わせが一般的です。

地方の医療事情

中国の地方都市、農村部で病院にかかる際には、都市部のようなサービスはありません。
特に、田舎や農村部では衛生面が整っていないこと、医療技術・設備が十分でないこと、言葉が通じないなど不安な面が多いので要注意。
海外旅行保険の受け入れも整っていないことが多く、治療費は建て替えが一般的です。
田舎で治療を受けたけれど改善せず、都市の病院まで移動した例や、衛生面・技術面に相当の不安があったり、地元の人でも都市部の病院まで通うのが一般的などあまり信頼できない面があるよう。
地方や農村部では、病院にかからなくて済むよう体調管理には一段を気をつけましょう。

衛生面で気をつけること

中国のトイレ事情

以前は、中国を旅行する日本人は必ずトイレ洗礼を受けるなんて言われてましたね。
有名なニーハオトイレの数は減少し、都市部では北京オリンピックを皮切りにトイレ革命が進んでいるとのこと。旅行者としてはホッとしますね。
ですが、中国人は便座に土足で乗る習慣があり、こちらはまだまだ途上です。
いくら綺麗なトイレでも、便座に座る時は便座が汚れていないか確認した方が無難です。

とはいえ、大都市以外、または旅行者向けではないエリアでは、トイレ洗礼は健在です。
ツアーの場合は、トイレに行ける時にしっかり済ますようにしましょう。

水や食べ物

あまり神経質になりすぎる必要はありませんが、常識と直感に頼って、「大丈夫かな?」と思う食べ物は口にしないというのが鉄則です。

残留農薬と水質の両方で不安なことがあるので、生野菜やカットフルーツは口にしないようにしましょう。
大手や外資系のスーパーは大丈夫ですが、小さな商店では温度管理が微妙だったり、消費期限が長すぎたりと安全に疑問があることがあります。

水は上記でも述べましたが、水道水は直接飲まず、煮沸するかペットボトルが基本です。

それでも魅力の中国

少し怖いことばかり書いてしまいました。
しかし、食、人、大陸として歴史、色濃い文化を持ち合わせている中国は訪れた人の世界観を変えてくれるでしょう。
アジアらしい混沌とした部分と、国際的な経済都市へと急発展している部分が入り乱れる力強い国、中国。
世界中の至る所にチャイナタウンを築くだけのパワーがあることは純粋にすごいことだと思います。
私たち日本人も、中国のパワーに学ぶこともあるのかもしれません。

マナーの面で色々と言われることのある中国人ですが、実は意外と親切でお世話好きなんですよ。
中国人の押しの強さに負けず、こちらもしっかり主張することでいいコミュニケーションが取れるかもしれませんよ。

保険Times海外保険相談

保険Timesでは、海外留学・ワーホリ・旅行保険の⑴保険料を安くしたい ⑵自分の渡航先に合った保険を選択したいといったご相談を受付けしております。国内主要保険会社プランを網羅し、保険Times独自のカスタマイズプランを用意。留学費用は総額で考えると非常に高額になるかと思いますので、少しでも留学費用全体の圧縮のお手伝いができればと思っております。LINEでのご相談メールでのご相談お電話でのご相談が可能です。LINEでは、渡航後の延長手続き保険の使い方についてのご相談も受け付けておりますので簡単・便利でおすすめです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

海外保険の無料相談なら保険Times 海外保険の無料相談なら保険Times

という方々へ、保険Timesなら完全無料であなたに最適な海外保険をご提案いたします。
あなたの夢を叶えるための安心サポート。まずはお気軽にご相談ください。

海外保険の無料相談はこちら

人気の記事

最新の記事が受け取れます

Facebook

Facebookページに「いいね!」すると、
最新情報が受け取れるようになります。

Twitter

Twitterで表示して「フォローする」と、
最新情報が受け取れるようになります。

海外保険料を