LCCでの海外旅行では要注意!海外旅行保険のお得な活用法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

こんにちは。保険Timesです。

今回は、LCCでの海外旅行では特に要注意な、海外でのトラブルに対する海外旅行保険の活用方法についてです。

 

LCCや海外の航空会社で渡航する場合、時間にルーズな航空会社も存在するため遅延リスクや、遅延したことによりトランジット先で予定していなかったホテル滞在費などが発生する可能性、手荷物が届かないといったことがあります。そういったリスクを回避できる海外旅行保険の補償内容についてご説明します。

 

記事のポイント海外旅行保険には、航空機が遅延した場合の損害補償、海外で弁護士にお願いしないといけない事態に陥った場合の補償など、海外で発生しうるあらゆるリスクに対応できるようプランが用意されています。一方、自分が加入した保険プランが何だったかわからなくなるといった事案も多くありますので、改めて補償内容について確認いただければと思います。
<<保険Timesへのご相談はこちら>>

海外旅行でのトラブル事例

海外旅行というとなかなか高い頻度で行くことは難しいので、1回1回の旅行が非常に楽しみな方がほとんどでしょう。そんな海外旅行で発生するトラブル事例と、海外旅行保険ってこんなトラブルや出費にも使えるんだ!という発見を持っていただければと思います。どの海外旅行保険に加入しているかによって補償内容は変わってきますが、そもそも海外旅行保険を適用できる可能性があるということを知らない場合、損している可能性も往々にありますのでぜひご確認ください。

飛行機が遅延した場合

海外旅行に出かける際、もしくは帰国の際に、天気の悪天候などで飛行機が運休、欠航となり、余分に費用が負担するケースが考えられます。特に、LCCを活用している場合は、早朝便や深夜便での渡航の可能性が高く、例えば日本への帰国が深夜の場合、自宅に帰宅するためにタクシーで帰らざるを得ず追加の費用負担が発生するなどの可能性が考えられます。また、深夜便で海外へ出国する場合も、トランジット先での乗り継ぎが航空機遅延でうまくいかず、ホテルへの滞在費用が追加でかかるということも考えられます。

現地に到着して手荷物が到着していない場合

航空会社の手違いで手荷物がトランジット先の国に置き去りになっており、輸送に時間がかかる時に身の回りの物を購入するための費用を負担するケースが考えられます。

熱を出してツアーをキャンセルせざるを得ない場合

楽しみにしていたツアーの日に偶然熱が出てしまい、ツアーをキャンセルしようと思ったけれどキャンセル料が発生してしまうケースが考えられます。

列車の事故などで急遽タクシーなどの交通機関で空港に向かった場合

帰国をするために列車に乗っていたが、偶然事故が発生し、列車が運行しないことになったとします。その時に急遽タクシーで移動することになったケースが考えられます。

 

このような予想にしていない事が発生した場合、海外旅行保険ではどのような補償があるのでしょうか。以下順に見ていくことにしましょう

保険Times海外保険相談

保険Timesでは、海外留学・ワーホリ・旅行保険の⑴保険料を安くしたい ⑵自分の渡航先に合った保険を選択したいといったご相談を受付けしております。国内主要保険会社プランを網羅し、保険Times独自のカスタマイズプランを用意。留学費用は総額で考えると非常に高額になるかと思いますので、少しでも留学費用全体の圧縮のお手伝いができればと思っております。LINEでのご相談メールでのご相談お電話でのご相談が可能です。LINEでは、渡航後の延長手続き保険の使い方についてのご相談も受け付けておりますので簡単・便利でおすすめです。

海外旅行保険の補償の種類について

偶然事故対応費用保険

公的な機関、交通機関、宿泊機関、旅行機関などの偶然起こった事故によって余計に負担することになった費用が対象になる保険金です。対象となる費用は、交通費、宿泊料金、国際電話通話費、渡航手続費、サービスキャンセル料、食事代、身の回りの購入費などが挙げられます。

航空機寄託手荷物保険金

飛行機に乗客として登場する飛行機の到着後6時間以内に、手荷物が目的地に運搬されなかった場合に、到着地で購入した費用が対象になる保険金です。対象となる費用は、衣類、生活必需品、身の回りの購入費を1回の事故につき10万円を限度として支払われます。

航空機遅延保険金

出発地で登場する予定の飛行機が、6時間以上の出発遅延、結構、運休があった場合、搭乗の予定受付の不備で搭乗不可能になった場合、また悪天候などで搭乗した飛行日の着陸変更で、6時間以内に代わりの飛行機を利用できない場合に現地で購入した費用を対象に支払われる保険金を言います。対象となる費用は宿泊費、食事代、国際電話通話料、サービスキャンセル料、交通費です。また、一回の事故について2万円を保険金の限度とされます。

これらの保険金をうまく活用し万一の事故にあった時でも損失を最小限に抑えましょう。

請求時の必要資料

これらの保険金を請求するために事前に必要な資料を確認してきましょう。特に、今回は現地でもらっておくべき必要書類を挙げておきましたので是非お読みください。

負担した費用の領収書

まずは、負担した領収書です。保険金の対象になるかどうかをこの領収書で確認するので確実に貰いましょう。また、今回の保険金では領収書を貰った時間も重要ですので注意が必要です。

航空会社からの証明書

こちらも必須です。飛行機が遅延したときは、航空会社から遅延証明書を、手荷物が遅延したときは手荷物遅延証明書を確実に貰っておきましょう。万一、紛失した場合には、当初の旅行行程が分かる航空券または搭乗券の半券でも可能ですが、保険会社によっては受理されない場合もありますので、証明書は必須だと思っておいたほうが良いでしょう。

まとめ

いかがでしょうか。偶然の事故に対応するためにあらかじめどのような補償があるのかを確認しておくことは重要です。特に、クレジットカードの付帯保険で海外旅行を毎回されている場合は、今一度自身のクレジットカード付帯保険の補償内容を見直すことをおすすめします。今回挙げた補償以外にも自分自身が知らなかった保証があるかもしれないので、あらかじめ自分が加入している保険の補償内容も確認してみてはいかがでしょうか。海外旅行の際の保険活用のご相談は弊社でもいつでも受け付けております。

保険Times海外保険相談

保険Timesでは、海外留学・ワーホリ・旅行保険の⑴保険料を安くしたい ⑵自分の渡航先に合った保険を選択したいといったご相談を受付けしております。国内主要保険会社プランを網羅し、保険Times独自のカスタマイズプランを用意。留学費用は総額で考えると非常に高額になるかと思いますので、少しでも留学費用全体の圧縮のお手伝いができればと思っております。LINEでのご相談メールでのご相談お電話でのご相談が可能です。LINEでは、渡航後の延長手続き保険の使い方についてのご相談も受け付けておりますので簡単・便利でおすすめです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

海外保険の無料相談なら保険Times 海外保険の無料相談なら保険Times

という方々へ、保険Timesなら完全無料であなたに最適な海外保険をご提案いたします。
あなたの夢を叶えるための安心サポート。まずはお気軽にご相談ください。

海外保険の無料相談はこちら

人気の記事

最新の記事が受け取れます

Facebook

Facebookページに「いいね!」すると、
最新情報が受け取れるようになります。

Twitter

Twitterで表示して「フォローする」と、
最新情報が受け取れるようになります。

海外保険料を 最大 50% 安くする方法とは?LINE で 相談! 海外保険料を