【駐在保険】加入方法、補償内容、保険の選び方まとめ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

海外の事情は、日本とは大きく異なることがあります。特に大きな問題になりやすいのが、病気やけが、災害といったハプニングに遭遇した時。こういったシーンで活躍してくれるのが、国内外の保険会社が発売している駐在保険です。今回は、この駐在保険について取り上げます。加入することで得られるメリットや選び方などを、ご紹介してしていきましょう。

 

保険Times海外保険相談

保険Timesでは、駐在保険の⑴保険料を安くしたい ⑵自分の渡航先に合った保険を選択したいといったご相談を受付けしております。国内主要保険会社プランを網羅し、保険Times独自のカスタマイズプランを用意。海外滞在費用は総額で考えると非常に高額になるかと思いますので、少しでも海外滞在費用全体の圧縮のお手伝いができればと思っております。LINEでのご相談メールでのご相談お電話でのご相談が可能です。LINEでは、渡航後の延長手続き保険の使い方についてのご相談も受け付けておりますので簡単・便利でおすすめです。

駐在保険とは?

駐在保険は、仕事などの関係で海外に長期間滞在をする方向けに発売されている保険商品です。一般の海外旅行保険よりも補償内容を充実させているのが駐在保険の特徴で、現地で安心して生活が出来るようなプランになっています。滞在期間が長くなる駐在員の場合は、実のところ現地で色々なトラブルに見舞われる可能性が出てきます。病気やけがはもちろんですが、盗難や火災を始めとする予想外の被害に遭う可能性も無きにしも非ずです。長期間の生活でも不便を感じることがないよう、駐在保険は細かい補償内容が沢山加えられています。

例えば、家具や生活用品といった生活動産が対象になるところは、駐在保険ならでは手厚い対応です。また、本人や家族の一大事などで一時的に帰国をしなければならない時にも、渡航費用やホテル代などがカバーされる仕組みになっています。海外で想定されるあらゆるトラブルを経済的に支えてくれるのが、現在発売されている駐在保険の特徴と言えるでしょう。駐在保険は加入者の家族も対象になるケースが多く、一家をあげて海外に滞在する時にも便利な内容になっています。

駐在保険の補償内容

病気やけがの際に駐在保険でカバーされるのが、例えば次のような費用です。

・傷害死亡・後遺障害費用 、傷害治療費用、疾病死亡費用、疾病治療費用、救援者費用

傷害死亡・後遺障害費用は、事故などで負ったけがが原因で死亡した場合、または何らかの障害が残った場合に支払われます。傷害治療費用は、事故のけがで治療を受けた時に受け取れる費用です。一方、病気で死亡した場合や病気で治療を受けた場合に支払われるのが疾病死亡費用や疾病治療費用です。約款の内容にもよりますが、多くの商品は渡航中も保障期間に含めていますので出発する時点から保障がスタートします。救援者費用は、急病などで国内の家族が現地に向かう時や医師を派遣する時などに支払われる費用です。遭難で救援作業を行う必要が生じた時や治療のために本人が日本に帰国しなければならない時にも、保障が受けられることがあります。

また、渡航の際のトラブルでカバーされる費用としては、以下のようなものが挙げられます。

・航空機遅延費用、航空機寄託手荷物遅延費用

航空機遅延費用は、飛行機の運行が遅れることによって発生した費用が対象に。具体的には、待機する際に支払った食事代や宿泊費などが該当します。航空機寄託手荷物遅延費用は、荷物の到着が遅れた時の費用。必要な品物がすぐに手に入らず、現地で必需品を調達した場合などは、該当する可能性があります。

その他、駐在保険の対象になるのが次のような費用です。

・緊急一時帰国費用、家族総合賠償責任、生活動産

緊急一時帰国費用は、日本国内にいる家族が死亡した時や急病などで帰国を余儀なくされる時に支払われます。家族総合賠償責任の場合は、現地で発生する賠償責任に対する費用です。例えば、ホテルの設備や現地で借りている家に損害を与えてしまった時には、こちらの費用が適用になります。生活動産の補償は、家具や家財、手荷物などが対象に。盗難や火災などで品物を失った時に支払われるのが、生活動産についての費用と言えるでしょう。

駐在保険は何のために加入するもの?

こういった駐在保険は、他の保険商品と同様に万が一のために備えて加入するものです。想定外のアクシデントに襲われた時には、まずまとまった費用が必要になってきます。海外は医療制度も日本とは違い、ちょっとした治療を受けても高額な費用が発生するのが常。このような状況を上手に切り抜けるために利用されているのが、駐在保険です。

通常の海外旅行保険でカバー仕切れない所まで保障してくれる駐在保険は、実用性に富む商品として人気です。保険会社によっては、日本語で対応してくれるコールセンターなどが設けられていることも。日本の保険会社の商品の場合、24時間態勢で問い合わせを受け付けてもらえるケースが多いです。従って、日本語で病院や医師を紹介してもらう目的で駐在保険に加入するという選択も考えられます。

保険Times駐在保険相談

保険Timesでは、海外留学・ワーホリ・旅行保険の⑴保険料を安くしたい ⑵自分の渡航先に合った保険を選択したいといったご相談を受付けしております。国内主要保険会社プランを網羅し、保険Times独自のカスタマイズプランを用意。留学費用は総額で考えると非常に高額になるかと思いますので、少しでも留学費用全体の圧縮のお手伝いができればと思っております。LINEでのご相談メールでのご相談お電話でのご相談が可能です。LINEでは、渡航後の延長手続き保険の使い方についてのご相談も受け付けておりますので簡単・便利でおすすめです。

駐在保険に加入する魅力

駐在保険が特に役に立ってくるのが、現地で病院にかかった場合です。駐在保険に加入をしていると、状況によってはキャッシュレスで診療が受けられます。このような場合は保険会社が提携している病院を利用することが1つの条件となってきますが、慣れない海外でお金の心配をしなくて良い点は大きなメリットになるでしょう。キャッシュレスで診療を受けたい時には、渡航する国に合わせて商品を選ぶのがコツ。提携する病院が多い保険会社であれば、色々な選択が出来ます。駐在保険は、クレジットカードに付帯されている保険よりも概して補償される金額が大きいというメリットがあります。家族も対象になるため、一家全員の医療費の心配がなくなります。

また、家族総合賠償責任や生活動産の補償が付いている点も、見逃せないメリットに。滞在している間に何らかのトラブルが起こった時にも、こういった保険に加入していれば安心です。アメリカに駐在する場合は、自動車保険が必要になることがあります。駐在保険に加入をすれば、この手の自動車保険の加入をサポートしてもらえる場合も。万が一自動車保険でカバーされる金額が少ない時には、不足分を駐在保険が補ってくれる可能性がありますので、現地で車を運転する方は予想以上に大きなメリットが得られるかもしれません。

駐在保険加入にあたっての注意点

駐在保険に加入する時に気を付けておきたいのが、例えばカバーされる医療費の内容です。駐在保険では、渡航中や現地で発生したけが、病気の治療費を対象にしています。従って、持病がある方の場合、症状によっては対象外になる可能性が出てきます。明らかに持病の症状と疑われるような時には費用がカバーされないことがありますので、注意をしましょう。また、駐在保険の対象にならないケースが多いのが、歯の治療や妊娠、出産の費用。こういった費用に関しては、対象外とする保険会社が数多く見られます。保険を当てにして費用の準備をしていなかった、といったことにならないように、加入する時には対象になる症状や範囲をよく確認しておきましょう。

駐在保険は、多くの保険会社が発売をしています。そのため、いざ加入をしようとしてもどこが良いのか判断がつきかねることもあるでしょう。保険会社によって契約出来る期間が変わるケースもあり、比較をするに当たっては少し煩雑な作業が必要になるかもしれません。急を要する時には、このような選択肢の多さが1つのデメリットになることも。渡航する国やライフスタイルなどを考えながら、慎重に商品を選んでいく必要があります。

駐在保険を選ぶポイント

数ある中からベストな駐在保険を選ぶ時には、押さえておきたいポイントが何点かあります。国内の保険会社が取り扱っている駐在保険は、契約期間に幅があるという特徴があります。従って、契約出来る最長期間を確認するのがまず1つ目のポイントになるでしょう。滞在する期間によって最適な商品が変わることも考えられるため、資料などを取りよせてじっくりと検討してみるのが良い方法です。また、キャッシュレスで利用出来る病院の数も、2つ目のチェックポイントになります。渡航先の提携病院が多い商品は、やはり検討してみる価値があります。選択肢が多ければ症状に合わせて病院を選ぶといったことが出来ますので、やはりメリットが大きくなります。3つ目のポイントは、保険加入の証明書が何語で発行されるかという点です。このような書類は、ビザの申請の際に必要になることもあります。対応してもらえる言語が限られていると、専門のサービスに翻訳などを改めて依頼する必要があり、費用がかさみます。この他にも、保険料やカバーされる費用の内容、サポートサービスの充実度などがチェックポイントになります。

駐在保険に加入する手段

初めて駐在保険を利用する時には、加入の仕方で戸惑う場合があるかもしれません。ただ、駐在保険は色々な保険会社が販売していますので、情報収集をしていれば加入は比較的容易です。例えば、次のような方法で加入することが出来るでしょう。

・会社に保険を手配してもらう

・自分で探して加入

・クレジットカード付帯の保険を活用

海外赴任で外国に駐在する場合は、勤務先の会社を通じて駐在保険に加入する手もあります。前任者などからアドバイスを受けるのも1つのアイデアです。保険会社に直接資料請求をして、自分で加入することももちろん可能。インターネット上から申し込みが出来る商品も多く、時間がない方でも加入の手続きがしやすいのが最近の保険会社のサービスです。加入をせずに現地に行ってしまった場合でも、後から改めて手続きをすることは出来ます。

海外駐在をするなら入っておいたほうが安心!

保険料という一定のコストがかかる駐在保険は、実のところ加入すべきかどうか迷っている方も多いでしょう。ですが、いざトラブルが起きた時に、生活の支えになってくれるのがこのような保険商品。精神的にも大きな安心を与えてくれますので、駐在する期間が長くなる方は加入を前向きに検討してみてはいかがでしょうか。万が一の備えとして駐在保険に加入をしていれば、現地での生活も思い切り楽しめるようになるでしょう。心配や不安が少なくなることは、予想以上に大きなメリットになってくれます。

保険Time駐在保険相談

保険Timesでは、海外留学・ワーホリ・旅行保険の⑴保険料を安くしたい ⑵自分の渡航先に合った保険を選択したいといったご相談を受付けしております。国内主要保険会社プランを網羅し、保険Times独自のカスタマイズプランを用意。留学費用は総額で考えると非常に高額になるかと思いますので、少しでも留学費用全体の圧縮のお手伝いができればと思っております。LINEでのご相談メールでのご相談お電話でのご相談が可能です。LINEでは、渡航後の延長手続き保険の使い方についてのご相談も受け付けておりますので簡単・便利でおすすめです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

海外保険の無料相談なら保険Times 海外保険の無料相談なら保険Times

という方々へ、保険Timesなら完全無料であなたに最適な海外保険をご提案いたします。
あなたの夢を叶えるための安心サポート。まずはお気軽にご相談ください。

海外保険の無料相談はこちら

人気の記事

最新の記事が受け取れます

Facebook

Facebookページに「いいね!」すると、
最新情報が受け取れるようになります。

Twitter

Twitterで表示して「フォローする」と、
最新情報が受け取れるようになります。

海外保険料を 最大 50% 安くする方法とは?LINE で 相談! 海外保険料を