ワーキングホリデー保険

【ワーホリ保険】香港のワーホリ申請に保険加入が必須?

今 中国が熱い!つい数年前まで共産主義国の雰囲気からなかなか抜け出せなかった中国が他国を押しのけ、昨年とうとう世界GDP2位まで一挙にその経済ランクを押し上げてきました。そんな中、今から20年前からこの急速な中国経済成長の流れに翻弄されてきた、あるアジア経済トップの都市がありました。それが皆様もよくご存じの香港です。ご存じのように、香港は長い間イギリスの統治下にあり、まさに街中は、「イギリス人が造った街」という雰囲気が未だ残ってます。

続きを読む

イギリスのワーホリ保険を日本で加入したほうが良い理由

言わずと知れず、イギリスは今日も世界経済のトップ国として君臨し続け、EU圏内での金融取引の中心地となっています。しかし反面、イギリスは何1000年も前から存在し続ける「伝統のある国」でもあり、現在も昔のクラッシックな様式の建物がそのまま残っているため、新旧入り混じっている独特の文化の魅力を秘めている国です。

またイギリスには王室制度があり、日本の天皇家と系統が似ていることから、イギリス人は非常に日本の皇室に関心があり、現地の方は日本人に好意的な方が多くおられます。 続きを読む

オーストラリアワーホリ予定者必見!オーストラリアの治安とリアルな医療事情

世界有数の壮大な大自然を誇るオーストラリア。その国土面積は日本の約20倍あります。

このスケールの大きい大自然と触れ合いながら英語が学べること、また治安の良さや、現地の方が親日家でフレンドリーな方が多いため、初海外の方がオーストラリアのワーキングホリデーを申請し、長期滞在される方も少なくありません。

 

オーストラリアのワーホリが他の国と異なる点は、通常最大滞在期間が1年の国が多い中、3ケ月以上季節労働に貢献した場合は、さらにもう1回ビザの更新が可能になる為、さらにもう1年以降も滞在更新がしやすい国なのです。

続きを読む

シンガポール長期滞在でワーホリ保険のリアルな活用方法は?

今、アジアで最もHOTな都市・シンガポール。シンガポールはアジアの金融・経済の中心都市であり、予てからの経済好景気がずっと継続しており、まだまだその勢いは上昇傾向にあります。

シンガポールは元はマレーシアの一都市でしたが、現在は独立国家で、アジア随一の移民国家として知られており、言語は英語と、人口の70%以上が中華系華僑のため、中国語と二カ国語を公用語として定めています。 続きを読む

滞在先でも安心?ワーキングホリデー保険に入る価値は?

カナダやオーストラリア、東南アジアをはじめとする海外でワーキングホリデーとして滞在する人が増加しています。安心して海外で学び、就労することは誰しも願うところです。しかし、いつ事故や病気による通院、賠償責任を問われるトラブルが自分の身に起こるかは誰も予期できません。 続きを読む

【徹底検証】留学・ワーホリはクレジットカード保険で十分?

こんにちは。保険Times編集部です。

保険Timesには日々海外留学・ワーホリ・旅行などの保険をどう加入すればいいか?というお問い合わせを多数いただくのですが、その中でもクレジットカードの付帯保険との併用に関するご相談も多くいただきます。今回は、ワーキングホリデーで長期渡航される方向けに、クレジットカード保険でワーホリ渡航しても大丈夫なのか?という観点で徹底検証していければと思います。今回は、クレジットカード保険の中でも特に補償内容が手厚いと考えられるゴールドカード・プラチナカードのみをピックアップして解説させていただきます。

続きを読む

保険のプロが教える、ワーホリ保険に入らないとどうなる?

こんにちは。保険Times編集部です。

今回は、ワーキングホリデーで渡航するにあたりワーホリ保険(海外旅行保険)に入らないとどうなるか?という点について保険のプロの視点から解説させていただきます。オーストラリアやカナダ、アイルランド、韓国、台湾など、物価水準が決して安いとは言えない地域への渡航を検討する際、どうしても考えてしまうのがワーホリ全体でかかる費用が上がってしまい、語学学校に通う費用などを考えると保険にかかる費用を削減したいなということ。この記事では、ワーキングホリデーの滞在スタイルの特徴・ワーキングホリデーだから発生しうるリスク、ワーホリ保険の内容の解説〜費用削減のポイントまでをまとめました。是非ワーキングホリデー保険の検討にお役立てください。

続きを読む

海外保険料を