ワーキングホリデー保険

ニュージーランドの治安や医療から見るワーホリ保険の必要性と保険料削減のポイント

南西太平洋に浮かぶ国、ニュージーランド。主要な2つの島と、無数の小さな島々によって構成され、多くの自然と人の暮らしが調和した国です。その大自然を生かした第一次産業の酪農・畜産と、映画のロケ地などを全面に推した観光業が経済を支えるニュージーランドは、現地の農業や酪農、観光業に興味がある外国人からはワーホリ先として大変人気があります。日本からは毎年3000人を超えるワーホリ参加者が当国を訪れ、英語習得や現地での職業経験を積み、キャリア実現の第一歩を踏み出しています。今回は、ニュージーランドのワーホリに参加する上で気になる保険について、現地の治安や医療状況、日本のワーホリ保険の保障内容など、項目別にご紹介していきます。 続きを読む

オーストラリアでの実際の体験談からみる、留学・ワーホリ保険必須の理由とは

海外へ渡航する際、旅行でも留学でも絶対に忘れてはいけないのが海外(留学、ワーホリ)保険です。留学やワーホリとなると保険の加入期間も長期となってしまうため、それなりの保険料を払わなければいけないのも事実ではあります。ですが万が一、何か起こってしまった際に自分自身で医療費等の支払いができますか?日本でもそうですが、海外でも保険に加入していないと医療費というのはかなりの高額になるのです。今回は読者の方から、オーストラリアで実際に体験した体験談をご紹介いたしますので、ぜひ皆さんも自身に置き換えて考えてみてください。 続きを読む

【ドイツ】ビザ申請に必須のワーホリ保険の選び方のポイント

ヨーロッパではG8に入る経済大国のドイツ。ドイツと日本はかつての世界大戦中、「日・独・伊」三国同盟を結んでいたぐらい歴史的に見ても日本とは非常に親交の深い国なのですが、残念ながら昨今、一般的な日本の方がドイツという国に対するイメージは、「サッカーが強い国とビールが美味しい!」ぐらいしか思い浮かばれない方が多いのではないでしょうか。

このように日本人と一見すると馴染みの薄いドイツですが、2010年6月から新たなワーキングホリデーの対象国として協定を結んだ国の1つに入りました。 続きを読む

【ワーホリ保険】香港のワーホリ申請に保険加入が必須?

今 中国が熱い!つい数年前まで共産主義国の雰囲気からなかなか抜け出せなかった中国が他国を押しのけ、昨年とうとう世界GDP2位まで一挙にその経済ランクを押し上げてきました。そんな中、今から20年前からこの急速な中国経済成長の流れに翻弄されてきた、あるアジア経済トップの都市がありました。それが皆様もよくご存じの香港です。ご存じのように、香港は長い間イギリスの統治下にあり、まさに街中は、「イギリス人が造った街」という雰囲気が未だ残ってます。

続きを読む

イギリスのワーホリ保険を日本で加入したほうが良い理由

言わずと知れず、イギリスは今日も世界経済のトップ国として君臨し続け、EU圏内での金融取引の中心地となっています。しかし反面、イギリスは何1000年も前から存在し続ける「伝統のある国」でもあり、現在も昔のクラッシックな様式の建物がそのまま残っているため、新旧入り混じっている独特の文化の魅力を秘めている国です。

またイギリスには王室制度があり、日本の天皇家と系統が似ていることから、イギリス人は非常に日本の皇室に関心があり、現地の方は日本人に好意的な方が多くおられます。 続きを読む

オーストラリアワーホリ予定者必見!オーストラリアの治安とリアルな医療事情

世界有数の壮大な大自然を誇るオーストラリア。その国土面積は日本の約20倍あります。

このスケールの大きい大自然と触れ合いながら英語が学べること、また治安の良さや、現地の方が親日家でフレンドリーな方が多いため、初海外の方がオーストラリアのワーキングホリデーを申請し、長期滞在される方も少なくありません。

 

オーストラリアのワーホリが他の国と異なる点は、通常最大滞在期間が1年の国が多い中、3ケ月以上季節労働に貢献した場合は、さらにもう1回ビザの更新が可能になる為、さらにもう1年以降も滞在更新がしやすい国なのです。

続きを読む

シンガポール長期滞在でワーホリ保険のリアルな活用方法は?

今、アジアで最もHOTな都市・シンガポール。シンガポールはアジアの金融・経済の中心都市であり、予てからの経済好景気がずっと継続しており、まだまだその勢いは上昇傾向にあります。

シンガポールは元はマレーシアの一都市でしたが、現在は独立国家で、アジア随一の移民国家として知られており、言語は英語と、人口の70%以上が中華系華僑のため、中国語と二カ国語を公用語として定めています。 続きを読む

滞在先でも安心?ワーキングホリデー保険に入る価値は?

カナダやオーストラリア、東南アジアをはじめとする海外でワーキングホリデーとして滞在する人が増加しています。安心して海外で学び、就労することは誰しも願うところです。しかし、いつ事故や病気による通院、賠償責任を問われるトラブルが自分の身に起こるかは誰も予期できません。 続きを読む

【フランス・ワーキングホリデー】費用と費用削減のポイント

こんにちは。保険Times編集部です。

ヨーロッパの中でも独自の文化で多くの観光客が集まるフランス。フランスと言えば、エッフェル塔やルーブル美術館に美味しいチョコレートやケーキ。そしてロマンチックな愛の国。フランスのここが好きとフランスに憧れる方も多いのではないでしょうか。そんなフランスは実は日本とワーキングホリデー提携国。仕事をしながら生活ができるので、留学よりも身近になりそうですね。 続きを読む

カナダ滞在に必要なワーホリ保険の特徴や魅力まとめ

カナダへのワーキングホリデーにおいて、インターネット上で調べれば調べるほど「保険料が高い」という結論に至っている方は多いかと思います。今回は、そんなカナダのワーホリ保険に関する解説記事です。

カナダは、医療費水準が高く、日本よりも高額な医療費がかかる国として有名です。また、日本の4倍の事故発生率の国となります。カナダといえば治安の良い国というイメージがあるかと思いますのでちょっと意外ですね。そんなカナダへワーホリ渡航する際にワーホリ保険をどう考えていくかご確認いただければと思います。

続きを読む

海外保険料を 最大 50% 安くする方法とは?LINE で 相談! 海外保険料を