留学情報

海外留学には勉強だけではなく、お金や万一のトラブルの時はどうしたらいいの?と不安はつきません。

そのうえ、各国の事情も様々。どんなトラブルが多くてどんな補償が受けられるのかといった事情も千差万別です。そこで各国別の留学費用や費用削減のポイント、保険や医療制度についてまとめてみました。

トルコ留学は一体いくら?留学の費用目安と節約のポイント

西洋と東洋を結ぶ中継国、トルコ共和国。地中海・黒海・エーゲ海に囲まれ「東西文明の十字路」とも言われるこの国は、カッパドキアやトロイ遺跡などイスラム王朝などの華麗な遺跡が残っています。

そんなたくさんの歴史をもつトルコは非常に親日であることも有名。住民の9割はアジア系のトルコ人ですが、クルド人、アラブ人、ギリシャ人、アルメニア人なども住んでいる国。20世紀に入って現在のトルコ共和国となった非常に若い注目の国でもあります。

トルコへの留学は語学留学や大学・大学院留学など、トルコ文化を肌で感じることができ日本人の数も多くなく安心して学べる知る人ぞ知る、オススメ留学先です。またトルコ語と日本語は実は似た部分があり、日本人に比較的学びやすい言語なのもポイントです。 続きを読む

格安でロシア語やバレエ留学が可能?ウクライナ留学費用の期間別目安と節約のコツ

「ウクライナ」と聞いて首都がキエフ!と言える方はなかなかいないのではないでしょうか?ウクライナは東ヨーロッパに位置し、南は黒海を介してトルコ、北はベラルーシ、東はロシア、西はポーランド・スロバキアなどに接しています。首都キエフの外にも世界遺産に登録されている街リヴィウや映画にも登場したオデッサという街など、観光地としても見どころの多い魅力ある国です。

ウクライナは旧ソ連の一部であったが崩壊とともに1991年に独立。公用語はウクライナ語ですが、ロシア語も広く通用します。そんなウクライナでは、ロシア語を学ぶ留学が密かに注目を浴びています。高度なロシア語授業を受けられ、留学費用がロシアの約半分!日本で生活するよりも安くつきそうです。 続きを読む

知られざる中東のシリコンバレー「イスラエル留学」の予算と削減のポイント

イスラエルと聞いてもなかなかピンと来ない方がほとんどではないでしょうか。ユダヤ教、イスラム教、キリスト教の聖地である宗教都市エルサレムのある国。また、イスラエルは歴史や伝統、宗教的建物に自然や世界遺産など、世界中から多くの研究者や巡礼者、旅行者が集まる国でもあります。

留学先としてはあまりメジャーではない中東ですが、実はイスラエルはレベルの高い教育機関がある国なのです。アラブ諸国との関係により、ビザなど入国の際に比較的厳しいチェックもありますが、真剣に学ぶ学生にとっては、世界中の精鋭の学生が集まる刺激的な学生生活になります。

ここでは、そんなイスラエル留学の予算についてご紹介していきます。またできるだけ費用を抑える為の費用削減のコツもご覧ください。 続きを読む

ドイツのワーホリ費用は一体いくら?内訳と費用削減のポイント

留学に次いで、海外生活やキャリアアップができることで人気のワーホリ。他国でのワーホリと異なり、非常に自由度の高い「ドイツ」でのワーホリはお考えになったことはありますか?ドイツと言えば、あまりワーホリ先としての知名度は高くなく、むしろドイツのワーホリ・プログラムの存在すら知られていません。しかし、ワーホリ先としてのドイツは、ビザの自由度を中心に他の国よりもメリットが多いのです。今回は、ドイツでのワーホリにかかる費用を期間別にご紹介していきます。その他、ビザの取得情報などもご紹介しますので、是非参考にしてみてください。 続きを読む

カナダのワーホリ費用は一体いくら?内訳と費用削減のポイント

世界で最も国際派の国、カナダ。留学先として非常に人気の高いカナダですが、英語での実務経験が積めるワーホリ先の国としても、世界トップレベルの人気を誇ります。ワーホリは、一般的な語学留学と大きく異なり、ビザや就労のことなどあまり周知されていない情報が多くあります。今回は、期間別にかかるカナダでのワーホリ費用に加え、日本人に人気な職種や、ワーホリならではのトラブルや節約方法などもご紹介していきます。 続きを読む

カナダのバンクーバー留学の費用はいくら?期間別予算と費用節約ポイント

北米有数の世界都市であるバンクーバー。カナダ経済の中心地でありながら、自然に囲まれた都市でもあるこの街は、語学留学先としても世界的に有名です。また、バンクーバーに住む人々のうち、実に50%以上が公用語である英語を第一言語とせず、カナダ随一の多民族・多言語都市としても知られています。 続きを読む

ポルトガル留学の費用はいくら?期間別予算と節約ポイント

ユーラシア大陸最西端の国、ポルトガル。大航海時代の面影を感じる美しい国。日本では、あまりメジャーではない国ですが、古来は日本への鉄砲伝来やカステラなどが伝えられ日本と縁のあるポルトガル。街はイスラムや東洋の影響を受けたとされる「アズレージョ」と呼ばれる装飾タイルの建物が並び、坂の上から眺める景色は、ノスタルジックな気分にさせてくれます。

さて、そんなポルトガルですが物価の安さ・気候の良さからひそかに移住先、留学先として注目を浴びてきています。ポルトガル語は、母国語とする人口は世界で約2憶3千万人と言われている大事な言語。ヨーロッパの中でも治安が安定しているポルトガルは留学生に優しい条件がそろっています。

さて、ではポルトガル留学を真剣に考えた際に気になるのは費用です。ここでは、ポルトガル留学の費用を期間ごとにご紹介。またできるだけ費用を抑えたい方必見!ポルトガル留学の費用削減のコツも併せてご紹介していきます。
続きを読む

国際感覚が身に着くベルギー留学、予算と費用削減のポイント

オランダ、フランス、ドイツ、ルクセンブルクの4カ国と国境を接し、首都ブリュッセルはヨーロッパでも重要な役割をもつ国際都市です。ベルギー王国は、日本の国土の約13分の1、人口は約1千万人の小さな国です。そんなベルギーの特徴は中世の街並みが残る美しい街並み。ムール貝やワッフル、ベルギービールなどのガストロノミー。そしてベルギーの公用語は3言語。北部のオランダ語、南部ではフランス語、ドイツ国境沿いではドイツ語が話される、一つの国でありながら違った国にいるような面白い国なのです。

そんなベルギーでは、フランス語やオランダ語の語学留学、音楽や芸術などの専門留学、高い水準を誇る大学や大学院に留学を目指す学生を受け入れる環境が整っています。国際感覚を身に着ける国としてうってつけのベルギー留学、留学先として候補に挙げてみるのはいかがでしょうか。

ここでは、そんなベルギー留学の気になる予算についてご紹介していきます。またできるだけ費用を抑えたい方必見!ベルギー留学の費用削減のコツもご覧ください。

続きを読む

超格安で英語留学も可能!?インドネシア留学の費用目安と費用削減のポイント

2億人を超える人口をほこり、今後の成長が期待される国、インドネシア。近年、日本企業の海外進出先として人気があり、ビジネス界で話題のこの国は、語学留学先としても非常に人気の高い国でもあります。インドネシアへの留学と言えば、やはり、バリ島への留学が頭に浮かびますが、田舎町や都市部での留学はあまり聞きなれません。しかし、バリ島から少し外れた地域だからこそ、勉強に適した環境が整い、さらには格安留学として人気の高いフィリピンよりも安価で留学ができるなど、知られていない魅力が満載なのがここインドネシアなのです。今回は、バリ島を除くインドネシアへの留学を、期間別にご紹介していきます。また、格安留学のできるインドネシアで、さらに費用を削減できるコツも併せてご紹介します。

続きを読む

ベトナム留学の費用目安と費用削減のポイント

東南アジアで今最も注目されている国ベトナム。経済成長率は6%を超え、日本企業の関心は高まる一方です。海外直接投資に関する会社アンケートでは、投資有望国として中国とインドに続きなんと3位にランクイン。ビジネスに関わる人たちの中には、今後の成長予想も踏まえてわざわざベトナム語を学び始める人もいるほどです。現在の時点で、ベトナム留学はあまり聞き慣れませんが、実はベトナム国内にはベトナム語が学べる語学学校や大学のコースが整っており、欧米の方々にも人気があります。また、ベトナム国内の大学留学は、大学レベルが高いことに合わせて、英語で受講できる学校もあるため、この国で今後仕事に関わって行きたいという方は大学留学を考えるのも選択肢の1つと言えそうです。今回は、そんなベトナム留学にかかる費用を期間別にご紹介していきます!

続きを読む

海外保険料を