留学情報

海外留学には勉強だけではなく、お金や万一のトラブルの時はどうしたらいいの?と不安はつきません。

そのうえ、各国の事情も様々。どんなトラブルが多くてどんな補償が受けられるのかといった事情も千差万別です。そこで各国別の留学費用や費用削減のポイント、保険や医療制度についてまとめてみました。

フランスへ留学やワーホリに行く人にぜひ読んでもらいたい「フランスの医療費と医療事情」

日本からも留学やワーキングディで滞在する人が多いフランス。フランスへの渡航目的は様々ですが、有意義な滞在をしたいものです。現地に滞在する上できちんと知っておきたい、把握しておきたいものの1つがフランスの保険事情。フランスに滞在中に体調を崩してしまったりケガをしてしまったりなどで、病院にお世話になることもあるかもしれません。フランスの医療水準や医療費などどのくらい必要になってくるのか、医療制度の違いはどんなものがあるのか、万が一に備えてフランスでの保険事情を確認しておきましょう。 続きを読む

格安?学校のレベルは?環境は?英語留学先厳選6ヶ国の費用・特徴まとめ

語学留学で英語を学ぶ上で、渡航する国選びは非常に重要です。

留学をするにあたってほぼ全員が思うのが、「自分はどの国に行ったら一番英語力がつくのだろう?」ということです。

この質問は非常にシンプルなので、答えは簡単に思えるのですが、実際はその人によって違います。

いくらお金をかけてでも英語力が伸びるのであればいい!と思っている人がいれば、費用は最小限にして何とか英語力が伸びないかな、と思っている人もいるでしょう。

語学学校のレッスンをたくさん受けて英語力を伸ばそうと思っている人もいれば、普段の生活で学校の友人と遊び、ホームステイファミリーと交流を通じて英語力を伸ばそうと考えている人もいるでしょう。

この国がベストというのは想像だけで選ぶことは難しいです。

そこで今回の記事では、英語を学べる国6ヶ国を厳選し、費用・特徴・メリット・デメリットをお伝えいたします。 続きを読む

ポーランドのワーホリ費用を期間別に検証!費用の気になる中身や費用削減のポイントは?

音楽家ショパン、化学者キュリー夫人、天文学者コペルニクスなど、数多くの偉人を輩出する国ポーランド。歴史溢れるこの国には、街を彩る特徴的な色や形の建物や、他のヨーロッパ諸国とは志向が異なる金と黒を基調とした落ち着いた教会があり、数多くの外国人観光客から人気があります。ポーランドとのワーホリは2015年に開始された上、英語圏ではなく、ポーランド語も日本では比較的マイナー言語のため、ワーホリ先の国としての知名度は低いですが、ヨーロッパの中でも一味違った生活が楽しめるとして密かに人気のある国です。今回は、そんなポーランドでのワーホリにかかる費用をご紹介していきます。

続きを読む

【デンマーク・ワーキングホリデー】費用と費用削減のポイント

洗練された、芸術性の高いデザインが特徴のインテリアやファッションブランドを多く輩出する国、デンマーク。カラフルな家々が軒を連ね、オシャレなカフェからは、目の前の川をゆっくりと下る船を見ることができ、人生で1度は住んでみたい国として多くの方に人気があります。そんなおとぎ話に出て来るような国デンマークとは、2007年よりワーホリが開始され、デンマーク語に加え、国民の英語力の高さから英語も同時に学べる唯一の国として知られています。今回は、北欧で最も美しい国の1つ、デンマークでのワーホリにかかる費用をご紹介していきます。
続きを読む

アルゼンチンへのワーホリを検討の方必見!ワーホリ費用の気になる中身と費用削減のポイント

2017年に南米初のワーホリ提携国となったアルゼンチン。アジアやヨーロッパと比べ留学先やワーホリ先の国としての知名度は低いものの、世界遺産である「イグアスの滝」や「ロス・グラシアス国立公園」の氷河は世界的に有名です。また、南米の国のイメージとしてラテン系で少し派手なものを想像しますが、アメリカに次ぐ移民大国と言われており、そのほとんどはヨーロッパからの移民のため街中には西欧の落ち着いた雰囲気が残っています。言語は英語と中国語に次いで使用人口が多いスペイン語で、第二外国語としてスペイン語を習得したいという方にもアルゼンチンはお勧めです。今回は、そんなアルゼンチンのワーホリにかかる費用を期間別にご紹介。また、ビザ情報やアルゼンチンワーホリのメリットなども併せてご紹介していきます。

続きを読む

シンガポールへワーホリを検討の方必見!ワーホリ費用の気になる中身と費用削減のポイント

世界の金融センターであり、最もビジネスに適した国と言われるアジアのエリート「シンガポール」。近年、目覚ましい発展により、勤労者世帯の世帯当たりの平均月収は90万円を超え、その経済規模の拡大は衰えることを知りません。ビジネスパーソンにとって憧れの地であるシンガポールは、密かにワーホリ先の国として人気があります。日本からのワーホリ参加者の多くはオーストラリアやカナダなどの英語圏、台湾などの中国語圏に行きますが、ワーホリ後のキャリアを考慮しここシンガポールでワーホリをする方が増えてきています。今回は、シンガポールでのワーホリにかかる費用を期間別にご紹介していきます。

続きを読む

オーストラリア留学は一体いくら?留学の費用目安と節約のポイント

沿岸部へ足を運べば紺碧に広がる水平線が広がり、内陸部に行けば壮大な地平線が訪れる者を圧倒するオーストラリア。海に囲まれ、広大な面積をもつこの自然大国は、同時に南半球一の先進国家としても知られ、シドニーやメルボルン、ブリスベンなどの大都市では都市生活も楽しむことができます。そんなオーストラリアは、世界各国からの留学生に人気があり、日本人留学生の数だけでも年間2万人超えます。英語圏の国の中では比較的近場にあり、外国人に優しい多国籍国家、また安全度が高いことが人気の秘密です。今回は、留学先人気国であるオーストラリア留学にかかる費用を期間別にご紹介していきます。 続きを読む

人気の中国語留学先の台湾留学における生活ノウハウと費用削減のポイント

食文化や人当たりの良い国民性から、日本人観光客に人気の国「台湾」。観光先として人気の台湾ですが、近年、ビジネス業界でも必要不可欠になってきている「中国語」が学べる国として、留学生にも人気があります。台湾国内は比較的治安が良く、英語の次に日本語が人気の学習言語ということもあり、親日家が多く、日本人留学生にとって住みやすいことが理由として挙げられます。今回は、中国語が習得できる親日国家、台湾への留学費用を期間別にご紹介していきます。また、人気の学校や費用削減に関する情報なども併せてご紹介!中国語留学をお考えの方は、是非、参考にしてみてください。 続きを読む

台湾のワーホリ費用を期間別に検証!費用の気になる中身や費用削減のポイントは?

世界きっての親日国家である台湾。近年は、航空網の発達により格安でアクセスできる上、人当たりが良く、食べ物も美味しい人気観光国として有名です。旅行先として有名な台湾ですが、日本とワーキングホリデーの協定を結んでおり、中国語(台湾華語)を使った業務経験ができる国としても人気があります。特に、現地学生を対象とした日本語講師は人気で、今後、海外で日本語教えてみたいという方には台湾が最適です。また、温厚で親日家が多いと言われる台湾は、ワーホリのような長期滞在者にとってはとても生活をしやすい国と言えます。今回は、そんな魅力溢れる国、台湾でのワーホリにかかる費用を期間別にご紹介していきます。
続きを読む

ノルウェーのワーホリ費用を期間別に検証!費用の気になる中身や費用削減のポイントは?

北欧の西岸に位置する国、ノルウェー。世界きっての福祉国家であるこの国は、国民の幸福度は毎年トップ3にランクインしています。日本とは2013年よりワーキングホリデーの協定を結んでおり、北欧での生活やノルウェー語に興味がある方に人気の国です。そんなノルウェーの国民性は少しシャイではありますが、社会全体で外国人を受け入れる体制が整っているため、他の欧米諸国と比べても際立った差別などはなく、非常に生活がしやすい国としても知られています。 続きを読む

海外保険料を