留学情報

海外留学には勉強だけではなく、お金や万一のトラブルの時はどうしたらいいの?と不安はつきません。

そのうえ、各国の事情も様々。どんなトラブルが多くてどんな補償が受けられるのかといった事情も千差万別です。そこで各国別の留学費用や費用削減のポイント、保険や医療制度についてまとめてみました。

ポルトガル留学の費用はいくら?期間別予算と節約ポイント

ユーラシア大陸最西端の国、ポルトガル。大航海時代の面影を感じる美しい国。日本では、あまりメジャーではない国ですが、古来は日本への鉄砲伝来やカステラなどが伝えられ日本と縁のあるポルトガル。街はイスラムや東洋の影響を受けたとされる「アズレージョ」と呼ばれる装飾タイルの建物が並び、坂の上から眺める景色は、ノスタルジックな気分にさせてくれます。

さて、そんなポルトガルですが物価の安さ・気候の良さからひそかに移住先、留学先として注目を浴びてきています。ポルトガル語は、母国語とする人口は世界で約2憶3千万人と言われている大事な言語。ヨーロッパの中でも治安が安定しているポルトガルは留学生に優しい条件がそろっています。

さて、ではポルトガル留学を真剣に考えた際に気になるのは費用です。ここでは、ポルトガル留学の費用を期間ごとにご紹介。またできるだけ費用を抑えたい方必見!ポルトガル留学の費用削減のコツも併せてご紹介していきます。
続きを読む

国際感覚が身に着くベルギー留学、予算と費用削減のポイント

オランダ、フランス、ドイツ、ルクセンブルクの4カ国と国境を接し、首都ブリュッセルはヨーロッパでも重要な役割をもつ国際都市です。ベルギー王国は、日本の国土の約13分の1、人口は約1千万人の小さな国です。そんなベルギーの特徴は中世の街並みが残る美しい街並み。ムール貝やワッフル、ベルギービールなどのガストロノミー。そしてベルギーの公用語は3言語。北部のオランダ語、南部ではフランス語、ドイツ国境沿いではドイツ語が話される、一つの国でありながら違った国にいるような面白い国なのです。

そんなベルギーでは、フランス語やオランダ語の語学留学、音楽や芸術などの専門留学、高い水準を誇る大学や大学院に留学を目指す学生を受け入れる環境が整っています。国際感覚を身に着ける国としてうってつけのベルギー留学、留学先として候補に挙げてみるのはいかがでしょうか。

ここでは、そんなベルギー留学の気になる予算についてご紹介していきます。またできるだけ費用を抑えたい方必見!ベルギー留学の費用削減のコツもご覧ください。

続きを読む

超格安で英語留学も可能!?インドネシア留学の費用目安と費用削減のポイント

2億人を超える人口をほこり、今後の成長が期待される国、インドネシア。近年、日本企業の海外進出先として人気があり、ビジネス界で話題のこの国は、語学留学先としても非常に人気の高い国でもあります。インドネシアへの留学と言えば、やはり、バリ島への留学が頭に浮かびますが、田舎町や都市部での留学はあまり聞きなれません。しかし、バリ島から少し外れた地域だからこそ、勉強に適した環境が整い、さらには格安留学として人気の高いフィリピンよりも安価で留学ができるなど、知られていない魅力が満載なのがここインドネシアなのです。今回は、バリ島を除くインドネシアへの留学を、期間別にご紹介していきます。また、格安留学のできるインドネシアで、さらに費用を削減できるコツも併せてご紹介します。

続きを読む

ベトナム留学の費用目安と費用削減のポイント

東南アジアで今最も注目されている国ベトナム。経済成長率は6%を超え、日本企業の関心は高まる一方です。海外直接投資に関する会社アンケートでは、投資有望国として中国とインドに続きなんと3位にランクイン。ビジネスに関わる人たちの中には、今後の成長予想も踏まえてわざわざベトナム語を学び始める人もいるほどです。現在の時点で、ベトナム留学はあまり聞き慣れませんが、実はベトナム国内にはベトナム語が学べる語学学校や大学のコースが整っており、欧米の方々にも人気があります。また、ベトナム国内の大学留学は、大学レベルが高いことに合わせて、英語で受講できる学校もあるため、この国で今後仕事に関わって行きたいという方は大学留学を考えるのも選択肢の1つと言えそうです。今回は、そんなベトナム留学にかかる費用を期間別にご紹介していきます!

続きを読む

トロント留学の費用目安と費用削減のポイント

市民の約半数が移民と言われるカナダの都市、トロント。「Melting Pot(人種のるつぼ)」という形容が最もふさわしいこの都市は、多様な人種を基盤に様々な文化が共存し、日本では経験できないまさに「新世界」を感じることができる場所です。ここトロントは、英語習得を目的とした語学留学先として最も人気な都市の1つで、世界中から留学生が訪れます。そのため、現地の語学学校は非常に多くの選択肢があり、また、授業形態、レベル、目的も各学校に特色があるため非常に留学に適した場所と言えます。今回は、カナダ全域ではなく、トロントに絞った留学費用を期間別にご紹介!また、留学費用を削減するコツも併せてご紹介していきます。

続きを読む

世界住みやすい街第1位のメルボルン留学!費用と削減のコツ

世界で住みやすい街ランキング現在まで7年連続1位の街、メルボルン。人口はシドニーに次ぎ460万人のビクトリア州の州都。その人口の約4分の1が世界140カ国からの移民と言われています。ビクトリア調の建物が並び、整備された街はコンパクトで、基盤の目状に走る路面電車「トラム」がとっても便利。そんなメルボルンはオーストラリアの中でも、意識の高い留学生が集まる都市として有名です。真剣に留学を考えている方にぴったりのメルボルン留学。今回はそんなメルボルン留学の費用を期間ごとにご紹介。またできるだけ費用を抑えたい方必見。費用削減のコツもご紹介していきます。
続きを読む

【ポーランド】留学生でも助かる物価の安さ!必要な留学費用とは

たくさんの歴史に富んだ国ポーランド。音楽家のショパンや科学者のキュリー夫人など歴史的に名を残した人物が生まれた国でもあります。そんなポーランドはカラフルな町並みが印象的であり、歴史あるたくさんの建物たちが美しい景観を作り出してくれているのです。また、日本からポーランドへ旅行へ行くという方もまだまだ少なく、マイナーな国であり、インターネットでの情報も少ないのが感じられます。また、ポーランドへは成田空港から直行便が出ており、その直行便を利用しても半日ほど掛かり、乗り継ぎ便を利用すると半日以上掛かってしまうようです。

そんなポーランドではポーランド語を学べるのはもちろんのこと、英語を学ぶことができる学校もあるとのこと。たくさんの歴史や自然に触れながら勉強できる環境が整っているのは、ポーランド留学の一つのメリットでもあります。では、ポーランドで留学するとどれほどの費用が必要となってくるのでしょうか?具体的に掘り下げていきながら詳しく見ていきましょう。

続きを読む

広東語と英語が学べる香港で必要となってくる留学費用とは

様々な国の文化が交じり合っている多国籍文化である香港。100万ドルの夜景に心奪われる観光客も多く、日本からも近いということもあり、気軽に行くことができるため人気の旅行地として、日本人観光客も増加傾向にあります。日本人からも評判高い食事の他にショッピングや様々な観光地など、たくさんの魅力が詰まっている国です。そんな香港へは日本の主要空港から直行便が出ており、わずか4時間ほどで行けるために週末旅行として訪れる人々も多いのだとか。

そんな香港では広東語と英語を学ぶことができるようです。中国の文化に触れつつ、英語も学ぶことができるとあって、最近では人気の留学地となっております。さて、そんな香港で留学するとなると果たしてどれほどの費用が必要となってくるのでしょうか?香港の物価等と比較していきながら、費用の部分を見ていきましょう。

続きを読む

比較的安価?オーストリアで必要となる留学費用を公開

音楽の都として知られるオーストリア。音楽以外に大自然やサウンド・オブ・ミュージックの世界が広がるザルツカンマーグートなど小さな国の中に人々を魅了するたくさんのものが詰まっています。そんなオーストリアは奥の深い国とも言われており、何度訪れても飽きない国でもあります。オーストリアへは直行便が出ておらず、ヨーロッパの都市などを経由して14~16時間ほど掛かるようです。

そんなオーストリアは音楽留学の地としても有名ですが、英語を学ぶ目的で渡航する人も多いのだとか。では、実際にオーストリアに留学するとなるといくらほどかかるものなのでしょうか?今回はオーストリアで留学をする際にどれほどの費用が必要になってくるのかということをご紹介していきます。
続きを読む

アイスランド留学の費用はいくら?期間別費用と削減のコツ

首都は世界最北のレイキャビク。人口は約30万人。グリーンランドの東の島国。さてどこの国かわかりますか?答えはアイスランド共和国。歌手のビョークの出身地で、ヨーロッパでは非常に人気の高い旅行先のアイスランド。魅力はやはり大自然。世界で唯一首都でもオーロラが見える国です。また島国で火山や温泉、地震など日本と共通するところも多くあります。

さて、そんなアイスランドに興味を持ったら、やってみたいアイスランド留学。公立大学は学費が無料、高い教育水準を誇るアイスランド留学に挑戦したい方必見。ここではアイスランド留学の費用を期間別にご紹介していきます。
続きを読む

海外保険料を 最大 50% 安くする方法とは?LINE で 相談! 海外保険料を