留学情報

海外留学には勉強だけではなく、お金や万一のトラブルの時はどうしたらいいの?と不安はつきません。

そのうえ、各国の事情も様々。どんなトラブルが多くてどんな補償が受けられるのかといった事情も千差万別です。そこで各国別の留学費用や費用削減のポイント、保険や医療制度についてまとめてみました。

台湾のワーホリ費用を期間別に検証!費用の気になる中身や費用削減のポイントは?

世界きっての親日国家である台湾。近年は、航空網の発達により格安でアクセスできる上、人当たりが良く、食べ物も美味しい人気観光国として有名です。旅行先として有名な台湾ですが、日本とワーキングホリデーの協定を結んでおり、中国語(台湾華語)を使った業務経験ができる国としても人気があります。特に、現地学生を対象とした日本語講師は人気で、今後、海外で日本語教えてみたいという方には台湾が最適です。また、温厚で親日家が多いと言われる台湾は、ワーホリのような長期滞在者にとってはとても生活をしやすい国と言えます。今回は、そんな魅力溢れる国、台湾でのワーホリにかかる費用を期間別にご紹介していきます。
続きを読む

ノルウェーのワーホリ費用を期間別に検証!費用の気になる中身や費用削減のポイントは?

北欧の西岸に位置する国、ノルウェー。世界きっての福祉国家であるこの国は、国民の幸福度は毎年トップ3にランクインしています。日本とは2013年よりワーキングホリデーの協定を結んでおり、北欧での生活やノルウェー語に興味がある方に人気の国です。そんなノルウェーの国民性は少しシャイではありますが、社会全体で外国人を受け入れる体制が整っているため、他の欧米諸国と比べても際立った差別などはなく、非常に生活がしやすい国としても知られています。 続きを読む

香港のワーホリ費用を期間別に検証!費用の気になる中身や費用削減のポイントは?

アジア最大級の国際都市、香港。年々成長し続ける経済は、とどまることを知らず、日系企業はもちろんのこと世界中から外資系企業が集まる大都市です。日本と香港がワーキングホリデーの協定を結んだのは2010年。そのためか、オーストラリアやカナダなどと比べてワーホリ情報が少ない国の一つです。今回は、そんな香港でのワーホリ費用を期間別にご紹介していきます。他のワーホリ有名国と比べて、ワーホリ期間をベースに現地採用や現地での起業が多いとされる香港で、新しいキャリアを求めてみてはいかがでしょうか。

続きを読む

格安で英語も学べて世界遺産も堪能できる「スリランカ留学」費用と節約のコツ

インド洋に浮かぶ小さな国スリランカ。日本ではあまり馴染みのない国ですが、実は「インド洋の真珠」とも言われ、世界遺産を8個も有する神秘の国です。オイルを使った医療マッサージのアーユルヴェーダの聖地であり、世界でも有数の紅茶の生産国、世界4大宝石産地の一つでサファイヤやルビーがよく知られています。

さてそんなスリランカ英語留学が注目を集め始めているのをご存知ですか?スリランカの公用語はシンハラ語とタミル語ですが、連結語として英語も認められた言語の為、多くの場面で英語が通じます。アジアの中でも治安が良く、物価が安いスリランカは留学生に優しい国です。

ここでは、そんなスリランカ留学の予算についてご紹介していきます。またできるだけ費用を抑える為、費用削減のコツもご覧ください。 続きを読む

短期サッカー留学も人気「ブラジル留学」の費用と節約ポイント

日本から飛行機で約25時間、地球儀でみるとちょうど日本の真下に位置する国、ブラジル連邦共和国。移民大国としても知られ、150万人以上の日系人もいます。

広大な国土はなんと日本の22.5倍。巨大なアマゾン河やピッコ・ダ・ネブリーナ山など様々な地形や貴重な保護自然のある国です。首都はブラジリアですが、サンパウロがブラジル最大の街。またカーニバルで知られるリオデジャネイロも第2の都市として観光・経済に栄えています。

ブラジルは南米唯一のポルトガル語圏にして、最大のポルトガル話者を持つ国です。ポルトガル語を学ぶ留学は定番。またブラジルと言えばサッカー、スポーツ留学やダンス留学なども少なくありません。ここでは、そんなブラジル留学の予算についてご紹介していきます。またできるだけ費用を抑える為の費用削減のコツもご覧ください。

続きを読む

歴史とモダンが交錯する「モロッコ留学」費用と節約ポイント

北アフリカのマグレブ・アラブ圏に属するモロッコ王国。アフリカ、ヨーロッパ、アラブを繋ぐ重要な国として古代より発展してきたこの国。最近では雑貨や街並みサハラ砂漠などフォトジェニックスポットがたくさんある、お洒落な旅行先として人気がでています。

観光客に人気のマラケシュ。スーク(市場)や夜はフナ広場での屋台など賑やかな世界遺産のある街。青い世界とも言われるシェウエンという街。1000年の歴史が生んだ巨大な迷宮都市フェズなどなど。モロッコは様々な顔を持った魅力的な国です。

モロッコの公用語はアラビア語とベルベル語ですが、フランス語も広く使われ、北部ではスペイン語も使われています。そんなモロッコへアラビア語やフランス語を学ぶ語学留学や大学の交換留学などに行く人がじわじわと増えています。

ここでは、モロッコ留学の予算についてご紹介していきます。モロッコ留学にはどのくらいの予算がかかるのか?併せてビザ情報や学校情報も併せてご紹介しています。またできるだけ費用を抑える為の費用削減のコツもご参照下さい。

続きを読む

シドニー留学は一体いくら?留学の費用目安と節約のポイント

南半球一の国際都市である、オーストラリアはシドニー。世界的な金融センターとして、世界経済の中心地の一つとして位置づけられるだけでなく、都市と自然が生み出す空間は「世界一美しい都市」とも言われる、全てを兼ね備えた唯一無二の留学先と言えます。シドニーは語学学校の激戦区としても知られ、目的に合った学校選びができるのが特徴。また、世界大学ランキングTOP100に入る「シドニー大学」や「ニューサウスウェールズ大学」など、名門大学も多く、大学留学を目指す方にも大変人気の街と言えます。今回は、そんなシドニーの留学費用を期間別にご紹介。是非、今後の留学の参考にしてみてください。

続きを読む

ニュージーランドのワーホリ費用を期間別に検証!費用の気になる中身や費用削減のポイントは?

季節によって様々な表情を見せてくれる大自然。先進国として生活環境が整った都市部。そんな相反する魅力が詰まった国、ニュージーランドでのワーホリを今回はご紹介していきます。北米やヨーロッパ、韓国などの都市部をメインにするワーホリとは異なり、ゆったりとした自然の中で仕事ができる「フルーツピッキング」や「ファームステイ」が魅力のニュージーランド。また、文化的にイギリスの影響を強く受けており、ヨーロッパ風の街並みをゆっくり散歩するなど、休日の観光などにも適したワーホリ先となっています。ニュージーランドのワーホリでかかる費用を期間別にご紹介していきますので、ワーホリをしてみたい、という方は是非、参考にしてみてください。 続きを読む

韓国へワーホリを検討の方必見!ワーホリ費用の気になる中身と費用削減のポイント

古来より、文化的に強い繋がりを持ち、現在も文化だけでなく経済的にも日本と影響を与え合う国、韓国。ここ韓国での実務経験を積むことで、その後、日本や韓国を舞台に活躍していけるだけの素地を築くことができます。そんな国際的な仕事感覚を身につけられるのがワーホリです。日本では、未だに英語一辺倒の外国語能力を求められますが、隣国である韓国では第二外国語として日本語を学ぶ方も多く、日本語力があるというのは一つの武器になります。 続きを読む

トルコ留学は一体いくら?留学の費用目安と節約のポイント

西洋と東洋を結ぶ中継国、トルコ共和国。地中海・黒海・エーゲ海に囲まれ「東西文明の十字路」とも言われるこの国は、カッパドキアやトロイ遺跡などイスラム王朝などの華麗な遺跡が残っています。

そんなたくさんの歴史をもつトルコは非常に親日であることも有名。住民の9割はアジア系のトルコ人ですが、クルド人、アラブ人、ギリシャ人、アルメニア人なども住んでいる国。20世紀に入って現在のトルコ共和国となった非常に若い注目の国でもあります。

トルコへの留学は語学留学や大学・大学院留学など、トルコ文化を肌で感じることができ日本人の数も多くなく安心して学べる知る人ぞ知る、オススメ留学先です。またトルコ語と日本語は実は似た部分があり、日本人に比較的学びやすい言語なのもポイントです。 続きを読む

海外保険料を 最大 50% 安くする方法とは?LINE で 相談! 海外保険料を